サトシ


「ポケモン、ゲットだぜ!」

アニメ版『ポケットモンスター』シリーズの初代主人公。英名「Ash Ketchum」
担当声優は 松本梨香 女史で、『新無印』における幼少期の声優は 武田華 女史。
なお、2022年12月を以てサトシとピカチュウの旅に区切りを付けるとし、翌年1月の『めざせポケモンマスター』で終止符が打たれ、
優に25年以上に渡る旅の終わりの報せは全世界に衝撃が走った。

外見は第1世代『赤・緑』の主人公をベースにしている。
名前の由来はポケモンの生みの親にして、ゲームフリークの代表取締役を務める田尻智氏で、
初出は『赤』版で用意されている三つのデフォルトネームの内の一つ(残りは「レッド」と「ジャック」)。

マサラタウン出身10歳の少年で、母親のハナコと暮らしていた。
父親はアニメでは未登場であったが健在と語られている他、同じく未登場だが祖父もいるらしい。
「ポケモンマスター」になるという目標を胸に10歳の誕生日に旅立つ予定だったが、当日に寝坊してしまい
ゲームでは相方となるはずの3匹のポケモンは先に他のトレーナー達に全て連れていかれていたため、
オーキド博士から「ちょっと問題がある」というピカチュウを貰い、
旅を経て絆を深めると共に、やがてロケット団を始めとする悪の組織達の野望を挫いたり、
旅路で出会ったポケモン達に認められる形で仲間に加えたり、幼馴染のシゲルをはじめとするライバル達と激闘を繰り広げる事になる。

バトルでは主に攻撃は最大の防御のスタンスでフィールドを活かした速さと勢いのある戦術を得意とする反面、
攻撃を受け止めて反撃する重量級の扱いは苦手とし、そうしたポケモンでの勝率は悪かった。
『サン&ムーン』以降はメルメタルを上手く指示するなど多少は克服したが、
基本的にはスピードが高めなポケモンの方が上手く戦わせることができる

かなりの朴念仁で、カスミを始めとする女性だけでなく時にはポケモンからも好意を抱かれているが、
気付く素振りは全くない。というか、恋愛という概念を理解しているかどうかすら怪しい。

ネットミームとしてはピカチュウをはじめとしたポケモン達の技を受けてもピンピンしている事から「スーパーマサラ人」と称されたり、
松本女史が『遊☆戯☆王』にて獏良了を演じた事から「闇サトシ」という声優ネタも。
『アニポケ』における耐久力や身体能力の異常さはサトシに限った事ではないが。タケシに「こうそくいどう」を指示して実際にやってみたり

一時期、公式サイトにおいてサトシと文通ができる「サトシにメールをしよう!」という企画もやっていたが、
いざ始まると、あまりに利用者が殺到し過ぎて早々に中止へ追い込まれた。


MUGENにおけるサトシ

Justin kaiser氏による、『JUS』風ドットを用いたMUGEN1.0以降専用のちびキャラが公開されている。
MGSSJ2氏の製作したポケモントレーナーがベースとなっており、同じく『スマブラ』風仕様となっているが、
ゼニガメフシギソウリザードンに加えてピカチュウ、ピジョット、カビゴンが使用可能で、
サトシのフシギダネは進化していないが気にするな!
「プラスパワー」でポケモンを強化する技があるなど、性能は差別化されている。
AIもデフォルトで搭載済み。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [サトシ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年05月28日 14:36