大航海時代Online スキル効率・能力検証Wiki

ミリオネア

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

ミリオネア

交易系職業。「Lost Memories」 Chapter1にて実装。
大富豪から工芸品取引社交が消え、商品知識錬金術が追加されている。

専門スキル



優遇スキル



職業別専用効果


(現在、未実装)

転職条件

冒険Lv.40以上、交易Lv.86以上、戦闘Lv.36以上、合計Lv.180以上

事業拡大許可証で転職(転職証ありで10,000,000ドゥカート)

転職クエストはサンクトペテルブルクの『通商販路拡大計画』(アラビア語)
アレクサンドリアの商人ギルドマスターに高級上納品(大型)を150個納入。
前提は大富豪転職クエスト『納品依頼、再び』。当然、その前提であるゾフィーエピソードも済ませている必要がある。

高級上納品(大型)はロンドン・リスボンの豪商から購入。
 生産では、ロンドン・セビリア     (古美術品  ×100  宝石細工x120  木材x80)  
      マルセイユ・リスボン    (ダイヤモンド×100  金   x100  木材x80)   
      アムステルダム・ヴェネツィア(サファイヤ ×80   コショウx80   木材x80)


大富豪の再転職クエスト『交易事業拡大計画』(ギリシャ語)と似た内容(アテネに50個納入)のクエストなので、混同に注意。


考察

大富豪の(交易Lv的)上位にしてマイナーチェンジ職。


一番の特徴は錬金術が優遇であることで、これによって高ランクの冒険スキルを要する錬金術連続クエストをこなさずとも錬金術優遇職に就くことが可能になった。
既に非優遇でも錬金術は習得可能になってはいるが、錬金術のスキルあげには多大なコスト(ドゥカート、行動力、時間、手間etc)を要するため、
本格的に取り組む場合はやはり優遇職に就いたほうがいいだろう。
ただし、取引スキル的には錬金術向けのものはほとんどないので、事前にある程度鍛えておいたほうがよい。
また、上級・変性錬金ではR10以上の工芸鋳造縫製が必要になる場面が出てくる為、3っつとも非優遇のミリオネアは使い勝手が良くない。

商品知識は追加されても(他に陸戦関係のスキルが無いので)ハッキリ言って使い道がない。
確率論になるが、ふっかけの回数に関わる社交が無くなり、工芸品取引のページに記載されてる通り、
南蛮品到来イベントで工芸品が登場する事が他より高いと予想されるので、大富豪より活躍できるかと問われれば返答に困る。




  • 今のところ学術スキルは実装されていないようです。 -- 名無しさん (2018-09-13 08:32:28)
  • 錬金術で考察すると使うのは貴金属取引(魔術の刻印製作時の銀)くらいか。転職の為にレベル上げ+コスト面の不利を考慮すると、素直に錬金術師見習を目指した方が無難かと愚考 -- 名無しさん (2018-09-13 23:34:26)
  • ↑宝石取引もフラスコ(無色の昇華薬の材料)作るのに使いますね。まあ、材料を減らす学術スキルが使えないのは大幅なデメリット(今後実装される可能性もありますが)だし、変性錬金もやるとなると他の生産スキルも高ランクが必要になったりで、やっぱり見習→フィロゾフのほうがいいのはまちがいない。副官の秘伝書を生産できるR10をブースト込で達成するのに、素のランクをある程度あげる時に役に立つ、ぐらいかな? -- 名無しさん (2018-09-14 12:21:38)
  • ちなみに錬金術+2の服「ミリオネアスーツ」は、ミリオネアに転職していなくても装備できるので念の為。 -- 名無しさん (2018-09-14 12:53:44)
名前:
コメント: