ライオンアンデッド(仮面ライダー剣)

登録日:2020/09/18 Fri 19:56:57
更新日:2020/09/20 Sun 19:38:44
所要時間:約 3 分で読めます





待て!アンギョン和田!(相手は俺だ!)


ライオンアンデッドとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダー剣』に登場する怪人である。




【データ】

身長 216cm
体重 130kg
種族 アンデッド
生物モチーフ ライオン
スート スペード
カテゴリー 3
カード名 ビートライオン
声優 大村亨
クリーチャーデザイン 韮沢靖
初登場回 『剣』第13話「金色の糸の罠」



【概要】

現代において解放されたアンデッドの一体で、スペードスートのカテゴリー3に属する。 
ライオンの祖たる不死生物で強靭な筋肉を誇り、鬣を連想させる長い金髪や、顔全体を覆い隠す黒い仮面が特徴で、仮面の奥にある右目のみが赤く染まっている。

モチーフ元同様に夜行性で夕方から明け方にかけて活動し、戦闘時には8km四方に轟く遠吠えによる威嚇の他、右手に装備した三枚刃の鉤爪で相手を跡形もなく粉砕する。
また、跳躍力が優れている上に逃げ足も非常に速く、劇中では仮面ライダーブレイドとの初戦闘にてディアーサンダーによる攻撃を受けるや否や、すぐさま逃亡している。
同じネコ科のジャガーアンデッドとスペックが被り気味なのは多分気のせい。

ラウズカードとしての能力は、腕力を強化し、拳にエネルギーを込めた強烈なストレートパンチを叩き込む「ライオンビート」。
劇中では第18話と第40話にて、暴走状態の上城睦月が変身した仮面ライダーレンゲルへの制裁目的で使用され、いずれの回も一撃で変身解除に追い込んでいる。
また、キングフォーム時にはストレートフラッシュを発動する為の1枚として使用された他、ギルドラウズカードをラウズせずに直接ライオンアンデッドの力を使って放つカウンター技・キングパンチも繰り出している。



【劇中での活躍】

初登場時から伊坂マインドコントロールされており、『究極のライダー』=レンゲルの完成の為にスパイダーアンデッドが吐き出した子蜘蛛が付着した人間=ライダーシステムへの適合率が高い者達を次々と拉致していた。
しかし、本来は見境無く人間を襲うはずのアンデッドが人間を殺さずに攫っている」点を剣崎一真に不審がられ、更に剣崎が相川始から話を聞いた事で確証に至る形で尻尾を掴まれてしまう。

そんな事は露知らず、今度は睦月に目を付けると川で襲撃をかけ、怯えて逃げる彼を執拗に追いかけるが、本項目冒頭のまるで韓国語のようなオンドゥル語台詞と共に乱入した剣崎と戦闘に突入。
鉤爪を振り回して応戦し、なおも睦月に襲いかかろうとするが、ブレイドに妨害された上にディアーサンダーを零距離で腹部に受けて吹っ飛ばされるとそのまま一瞬で撤退した。


これでもう、君は襲われないはずだ。じゃあな。


待って下さい!あの、ありがとうございます。あの…あなたは?


今のが、『仮面ライダー』……。

後日、街中の住宅密集地に出現し、人々が逃げ惑う中で適合者を見定めていたところを駆け付けたブレイドと再度交戦。
接近戦を繰り広げるも終始劣勢気味であり、自慢の跳躍力もブレイドには通じず、逆に掴み掛かられると間髪入れず放たれたドロップキックで柱を破壊しながら大きく跳ね飛ばされてしまう。

『今度は逃がさない』と言っただろ!

最後は半ばヤケになって襲い掛かろうとするが、逆にライトニングソニックの一撃で吹き飛ばされると爆炎を上げて敗北。
そのままブレイドが投げ込んだプロパーブランク・♠️3に吸収され、♠️3・BEATのカードとして封印されたのだった。


【余談】

スーツは後に『剣』第41話、及び映画『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』に登場するリザードアンデッドに改造された為、ライオンアンデッドの出番は第13話のみで終わった。

劇中ではレンゲルの適合者と成り得る者達を探し出しては次から次へと拉致していたライオンアンデッドだが、
  • 拉致した人物は全員適合者として不合格
  • 後にレンゲルの変身者となる睦月の襲撃には失敗
…と、殆ど成果を上げられずに終わっており、デアゴスティーニ刊『週刊仮面ライダー オフィシャルパーフェクトファイル』でも「役に立たなかった伊坂の手先」の見出しで酷評された程。
但し、この体たらくについては本来は夜行性であるにも拘わらず、伊坂に洗脳されていた所為で日中での活動を余儀なくされ、本来の実力を発揮する機会が得られなかった可能性もある。

また、劇中でブレイドとライオンアンデッドが交戦した川のロケ地となったのは東京都練馬区にある白子川の比丘尼橋下流調整池だが、
本項目冒頭のオンドゥル語に由来する形で一部のファンから「アンギョン和田川」「アンギョン和田橋」などとかの「ドンドコ山」ばりにあんまりな呼ばれ方をされており、
同作中では本エピソード以外でもトータスアンデッドがサーペントアンデッドに洗脳されたシーンや、仮面ライダーカリスキング及びスカラベアンデッドの戦闘シーンの舞台として登場している他、
後のシリーズでもリ・イマジネーション版アギトが覚醒したりジョーカー違いのハードボイルドライダーお転婆なファイヤーガールと戦ったり、
ラブレターだのストラップだのが飛び込んできたりやさぐれ具合が酷くなった兄貴が歩いていたりと、様々な場面で利用されている。



『今度は追記・修正する』と言っただろ!



この項目が面白かったなら……\アンギョン和田!/

最終更新:2020年09月20日 19:38