呪術界御三家

登録日:2021/05/07 Fri 09:15:11
更新日:2021/06/25 Fri 14:20:21NEW!
所要時間:約 7 分で読めます




呪術界御三家とは、漫画・アニメ「呪術廻戦」に登場する用語である。

※この項目にはコミックス及びアニメ未収録のネタバレが少し含まれます。

●目次

【概要】

数ある呪術師の家系においても特に力を持つ三つの家系であり、禪院(ぜんいん)家・五条家・加茂家が該当する。
代々伝わる相伝の術式を受け継いでおり、術式を受け継げなかった者や才能が無い者、呪術が使用できない者については例え正室の子であっても冷遇され、逆に術式さえ受け継いでいれば側室や家から距離を置いている術師の子であっても厚遇される傾向にある。

【等級について】

御三家の人間は呪術高専に通う必要が無い為、本来であれば高専関係者に与えられる呪術師の等級を持つことは無い。
しかしながら彼らも高専の仕事を引き受ける事がある為(なお報酬は高額)、高専基準に照らし合わせた等級が「特別○級呪術師」という形で与えられている。
例えば特別1級呪術師であれば高専の1級呪術師と同等、特別準1級呪術師であれば準1級の実力であると考えてよい。
ただし中には五条悟や加茂憲紀・禪院姉妹のように自ら進んで高専に入学する者もおり、彼らには通常の等級が与えられている。



禪院(ぜんいん)家】

明かされている相伝の生得術式は、影を媒介とする十種類の式神術「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」と、あらかじめ作成した動きを高速で後追いする「投射呪法」。
幾つもの家系を血縁に取り入れることで相伝の術式を多数獲得することに成功している。
その一方で「禪院家に非ずんば呪術師に非ず 呪術師に非ずんば人に非ず」という家訓が表す通り非常に苛烈な選民思想が根強く残っている。相伝の術式を引き継げなかった者は落伍者として人生を歩む羽目になり、非術師として生まれようものなら人間扱いすらされず常軌を逸した風当たりに苛まれる。
御三家の中では最も内情や血縁者が明かされているが、その大半が碌でもない考えに染まっている。

組織

  • (ヘイ)
高専資格条件で準1級術師以上の実力を持つ者たちで構成される、禪院家最強の術師集団にして実働部隊。
現在の筆頭は禪院直哉。

  • 躯倶留(くくる)
術式を持たない禪院家男子が所属する、炳の下部組織。
日夜武芸を叩きこまれ有事には「(へい)」の露払いを行う。端的に言えば戦闘員ポジション。
真希も禪院家を出るまではここに所属していた。

人物


  • 禪院(ぜんいん)直毘人(なおびと)
家を出るか 真希

CV:中田譲治
禪院家の26代目当主にして特別1級術師。71歳。真希と真依の伯父でもある。
大の酒好きであり任務でも酒を呑んではサボるが、その実力は当主に相応しい力を誇り、身体も鍛え上げている豪放磊落な爺さん。
その術式の性質から人知を超えた動きで戦うことが可能であり、五条悟という例外を除いた上でだが「最速の術師」という異名を持つ。
詳しくは項目にて。


  • 禪院(ぜんいん)直哉(なおや)
次の禪院家当主は 俺なんやから

直毘人の息子で禪院家27代目当主と目されていた特別1級術師。
金髪釣り目で優男な風貌だが、「三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ」と公言する苛烈な男尊女卑思想の持ち主。
軽いノリの言動が目立ち、他の血縁の人間をも露骨に見下すプライドの高い高慢で性悪な性格。
詳しくは項目にて。


  • 禪院(ぜんいん)(おうぎ)
何をしていた
実の父親が峠を彷徨っている時に……!!!

特別1級術師で真希と真依の父親。また、禪院直毘人の弟にあたる。
日本刀を武器にする武士めいた風体の人物だが、白目と黒目が逆転したかのような不気味な目を持つ。直哉曰く「パッとせぇへん」
武人めいた風貌だがその本性は…?
詳しくは項目にて。


  • 禪院(ぜんいん)甚壱(じんいち)
五条悟解放を企てた謀反者として
伏黒恵 真希 真依を誅殺する

特別1級術師で炳のメンバー。
風貌は顔に大きな古傷を刻んだ筋骨隆々とした髭面の中年男性。
無骨そうな見かけに反し、保身に溺れた慎重にして狡猾な性格。
扇共々「伏黒が当主になる方が直哉よりも幾分マシ」と評価しながらも、直毘人の遺言を不服として扇が立案した伏黒の抹殺及び遺産独占の計略に賛同。
遺産を扇と直哉とで独占しつつ総監部との繋がりを強固にしようと目論む扇や直哉に負けず劣らずの保身的な人物。
とはいえ炳のメンバーである蘭太から高い信頼を寄せられていたりとそれなりに人望はあった模様。
というより、上の直哉や扇が酷すぎるせいで相対的にマトモな性格疑惑が浮上するなど謎の評価向上を受けている。
直哉曰く「顔がアカンわ。甚爾君と逆やったらよかったのにな」
名前の繋がりや直哉の言動から、読者からは伏黒甚爾の血縁者と考えられている。


  • 禪院(ぜんいん)蘭太(らんた)
構うな!! 甚壱さん!!
今!! ここで!! ()るんだ!!

炳に所属する呪術師の青年。甚壱を慕い、目的を果たす為なら己が犠牲になることも厭わない。


  • 禪院(ぜんいん)長寿郎(ちょうじゅろう)
(此奴本当に あの真希か!??)

炳に所属する呪術師。モヒカンヘアーの老人。


  • 禪院(ぜんいん)信朗(のぶあき)
びっくらポンだぜ…

躯倶留隊の隊長。角刈りヘアの中年男性。
術式は持たないが刀使いでありかなりの実力者と思われる。
以前の真希を知っていたが故に、呪縛が強化された真希のポテンシャルを見抜けず、真希の地獄突きを首に受け敗北。
異常強化された身体能力を見て驚愕しながら長寿郎諸共事切れた。


  • 扇の妻(仮名)
一度くらい産んで良かったと思わせてよ...真希

扇の妻にして、真希と真依の母親。表情の変化が少ない女性。
実子がどちらも才能に恵まれなかったことを悔やんでおり、まともな愛情すら向けない程選民思想に染まっている。


  • 禪院(ぜんいん)真希(まき)
私が 禪院家当主になる

CV:小松未可子
扇の娘の一人で、4級呪術師。一族には術式どころか呪力すら継げなかった落ちこぼれとして認識されている。
詳細は項目にて。


  • 禪院(ぜんいん)真依(まい)
何で一緒に 落ちぶれてくれなかったの?

CV:井上麻里奈
扇の娘の一人で、3級呪術師。一族には相伝の術式を受け継げなかった落ちこぼれと見なされている。
詳細は項目にて。


  • 禪院(ぜんいん)甚爾(とうじ)
もう禪院じゃねえ 婿入りしたんでな
故人。
直毘人の兄の息子。
一族には術式どころか呪力すら継げなかった落ちこぼれとして認識されており、やさぐれて禪院家を出奔する。
詳細は項目にて。


  • 伏黒(ふしぐろ)(めぐみ)
そういう話は真希さんにして下さい
俺にもう禪院家との繋がりはありませんよ

CV:内田雄馬
出奔した甚爾が外で作った息子。その為血筋こそ引いてるものの禪院家ではないが、禪院家相伝の術式「十種影法術」を引き継いでおり、直毘人は甚爾から大金と引き換えに禪院家に引き取ろうとしていたが、五条悟によって今まで阻まれていた。
詳細は項目にて。



【五条家】

相伝の生得術式は無限を現実に顕現させる「無下限呪術」。
五条家の相伝はこの術式のみでありながら、後述の六眼無しでは術式を完全に使いこなす事は不可能という超ストロングスタイル。

日本三大怨霊の一角「菅原道真(すがわらのみちざね)」を先祖とするエリート一族。あらゆる呪力が詳細に見える目六眼(りくがん)はこの一族の特異体質だが、生まれる頻度はごく僅か。しかも六眼は二人以上はこの世に存在せず、この二つを併せ持つ術師は数百年に一度しか生まれない。
当主である五条悟のワンマンチームであり、彼が利かせていた融通(ワガママ)で救われた術師が数多くいる。
渋谷事変後は当主である悟が封印され渋谷事変共同正犯とされた事で、一時的な機能不全に陥っている。

  • 五条(ごじょう)(さとる)
大丈夫 僕最強だから

CV:中村悠一
五条家の現当主にして、自他ともに認める現代最強の術師。しかしその立場に反して呪術界の改革を望んでいる。詳細は項目にて。


  • 乙骨(おっこつ)憂太(ゆうた)
失礼だな 純愛だよ

五条悟と並ぶ特級呪術師の一人にして前作『東京都立呪術師専門高等学校』の主人公。
正確に言えば遠縁の親戚に当たるだけで五条家では無いが一応記載。
作者曰く、『乙骨の両親はごく普通の一般人であり、たまたま乙骨が先祖返りした』との事。
詳細は項目にて。



【加茂家】

平安時代に名を轟かせた陰陽師の血統を受け継ぐ一族。
相伝の生得術式の一つは己の血液とそれが付着した物体を操る「赤血操術」。
呪術界の伝統や格式、一族の血統などを重んじる保守的な一族として知られており、上層部や保守派との仲が良い。


  • 加茂(かも)憲倫(のりとし)

明治時代の呪術師で加茂家の出身。立派な口髭を生やしたオールバックの男性。
いわゆるマッドサイエンティスト気質だったらしく、多くの呪術文化財と共に「史上最悪の術師」として名を残す御三家の汚点。


  • 憲紀(のりとし)の母(仮名)
いつか立派な呪術師になって 母さんを迎えに来てね

CV:中村千絵
加茂家の側室にして、憲紀の実母。やや神経質そうな表情を浮かべた女性。
加茂家においては(ただ)れた側妻(そばめ)として虐待されており、まだ憲紀が幼い頃に家を追われている。そんな過酷な境遇に置かれながらも最後まで憲紀の身を案じていた心優しい人物。


  • 加茂(かも)憲紀(のりとし)
加茂家の人間として正しい判断だと思っている

CV:日野聡
加茂家の次期当主にして、準1級呪術師。ストイックだが少し変わり者。
詳細は項目にて。



追記・修正は相伝の術式を受け継げた人にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月25日 14:20