足利尊氏(逃げ上手の若君)

登録日:2022/06/28 Tue 14:11:00
更新日:2022/08/18 Thu 23:12:14NEW!
所要時間:約 5 分で読めます





「高氏からは逃げられませんぞ」


足利(あしかが) 尊氏(たかうじ)』とは、南北朝時代前期における日本の武将であり、後に初代室町幕府征夷大将軍となった史実の人物。

本項目では、史実を元に創作されている漫画作品『逃げ上手の若君』における キャラクターとしての足利尊氏 を扱う。

CV:野澤英義(ボイスコミック)

●目次

【データ】


レアリティ ☆☆☆☆☆ UR
能力 南北朝適正
武力 93 蛮性 85
知力 92 忠義 ?
政治 71 混沌 97
統率 98 革新 95
魅力 100 逃隠 91

  • 属性:武家棟梁
魅力・募兵50%上昇

  • 技能:異次元の求心力
従順・忠義・勇敢・文化・獰猛属性の武将忠誠度50%上昇

  • 技能:武芸百般(甲)
剣術・弓術・馬術の複合技能

  • 技能:京文化適正(乙)
詩歌・絵画・演奏の複合技能

  • 固有武器:足利家重代薙刀「骨喰(ホネカミ)
太刀打40%上昇


【概要】

鎌倉幕府の若き守護神。
武勇・教養・家柄・人望、武士に必要な全てを兼ね揃えた文武両道の体現と言える存在。
その実力と比例するように周囲からの信頼も厚く、主君であった北条家も絶大な信頼を寄せていた。
本作の主人公である北条時行も例外ではなく、第一話の時点では良好な信頼関係を築いている。

しかしどういった理由からか、 突如として彼は北条家及び幕府へと反旗を翻す。
後醍醐天皇と内通していた彼の謀反と手際は神速とも言えるスピードで、あっという間に京の幕府軍を壊滅させる。
その名声とカリスマは関東中の武士を惹きよせ、挙兵からわずか二十四日で彼は鎌倉幕府を滅亡させた。

つまり主人公・時行の恩人にして怨敵。そして当作品における ラスボス である。

なお、物語開始時点では「氏」と名乗っていたが、幕府を滅ぼした後に後醍醐天皇から名を一字授かり、「氏」に改名している。

【戦闘能力】

「鬼神」と世に謳われる鎌倉一の侍。
得物は薙刀。その一撃は複数の手練れの首を同時に跳ね飛ばし、防御についても馬上という自由の利かない足場で受けた三方向からの攻撃すら平然と捌くなど、正しく人間離れしている。
奇襲や暗殺といった方法で彼を殺すことはできないとされているが、それも単純に強すぎるが故。

実際、作中においても護良親王と配下の武芸者達が幾度の暗殺を試みたがその悉くを返り討ちにしている。
弟である直義は 「人知を超えた勘の鋭さ」 を持っていると評し、肉親でありながら人間かどうか疑いたくなると言う程。

だが、真に恐ろしいのは単純な個としての戦闘力以上に、無条件で人に好かれ、信頼を寄せられる魔性染みた魅力にある。
護良親王が暗殺を繰り返していたのは、尊氏の野心と内に宿る何かを感じ取り 「帝に仇為す前に打ち滅ぼす」 という帝を慕った上での行動であった。
その懸念は杞憂ではなく的中していたのだが、当の父である後醍醐天皇は 皇子(血を分けた息子)よりも出会ってまもない尊氏に惹かれ、寵愛を向けていたのだ。
結果、尊氏と敵対した彼は将軍を解任され失脚。このように、彼と関わった人物は好悪関わらず必ず何かを狂わせられている。


【人物像】


豪放磊落を絵に描いた人物。その言動からは邪悪さの欠片も感じ取れない。
底抜けに明るい性格と人の良さを併せ持ち、例え命を狙われようとも全く意に介さず、逆に笑顔でそれを赦し恩人のように接す。
そのポジティブさは多くの民と武士達の人望を集め、社会的・戦力的にも盤石とも言える基盤を形成するに至っている。

帝に対する忠誠心も本物であり、涙を流し心清き部下達と共に支えることを誓うほど。
だが、身内や一部の強者は彼の中に悍ましいとしか形容できない名状しがたき気配を感じ取り、最大限の警戒を向けられている。
尊氏本人もそれを認めており、欲しがりの「鬼」が呻くと表現し、事実自分でも何をすべきか―何をしているかよくわかっていないと思わしきシーンも多々見受けられる。



本編が進むにつれて、回想シーンという形や並行して彼の描写がされるが、段々と人間離れした演出が目立つようになっていく。
そして57話。主人公である北条時行は配下の逃若党と共に尊氏を強襲。

追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年08月18日 23:12