ドラッグオンドラグーン

登録日:2010/06/12(土) 19:56:05
更新日:2019/08/01 Thu 22:17:16
所要時間:約 5 分で読めます




抗え、最後まで。


2003年9月11日にスクウェア・エニックスより発売されたPlay Station2用王道型アクションRPG。対象年齢17歳以上。
また、『LORD of VERMILION』にもゲスト参戦し、更に『LORD of ARCANA』には本作の武器が存在する。

余談だがLoV参戦のアップデート時のサブタイトルは『神々への離反』と、本作及び同時参戦のヴァルキリープロファイルを意識したタイトルとなっている。


各ミッションで特定の条件をそろえ手に入る数々の武器や、敵の殺戮数に応じてオープンになる武器物語の収集、マルチバッドエンディングシステム採用など、やりこみ要素も高い。あと、モブで神谷浩史が出てる。

主題歌は『尽きる』


【あらすじ】

遠い昔……
まだドラゴンが空を飛んでいた時代、地上では「連合軍」と「帝国軍」の二大勢力が世に調和をもたらす女神をめぐって争いを続けていた。

「帝国軍」は短期間に恐るべき強さを身につけ、「連合軍」が女神をかくまっている城を襲撃する。

調和を崩しはじめた世界の運命は今、たったひとりの男に託されようとしていた。



【登場人物】

カイム(Caim)
cv:池畑慎之介
小国カールレオンの王子だったが、帝国軍のブラックドラゴンに祖国を滅ぼされ、帝国軍に復讐を誓う。
序盤で帝国兵からの不意打ちで瀕死になるが、レッドドラゴンに契約を迫り、一命を取り留めると同時に強力な力を得るが、契約の代償として声を失う。
『主人公キャラとライバルキャラを入れ換えてみよう』というコンセプトで生まれたキャラ

レッドドラゴン(Angel)
cv:ピーター
メインヒロイン(公式発言)
カイムの嫁
神の特命を受け、生態系の頂点に君臨するドラゴン種。
帝国軍にやられかけていたところ、カイムと契約し、その後はずっと共に戦い続ける相棒となる。
ストーリーが進むと、すべすべした肌からごつごつした肌へと形態変化し、最終的にカオスになる。
ちなみに雌。
そしてツンデレ(こちらも公式発言)。
4章あたりからどんどんこちらがニヤニヤすることになる。

フリアエ(Furiae)
cv:初音映莉子
封印の女神であり、カイムの妹。
女神という立場上帝国軍に命を狙われている。
イウヴァルトの許婚であるが、本人は他の人が好き。
典型的な悲劇のヒロインタイプ。

イウヴァルト(Iuvart)
cv:唐沢寿明
元は貴族の息子で、カイムの幼馴染。
あらゆる面でカイムに劣っているため、コンプレックスを感じているが、歌は誰よりも上手い。
だが、そのコンプレックスに付け込まれ帝国軍に洗脳される。その際にブラックドラゴンと契約し、歌を失う。
契約後は度々カイムの前に立ちはだかるが、最後は「おれは しょうきに もどった!」と洗脳を打ち破る強い心の持ち主。

■ブラックドラゴン(Legna)
カイムの祖国カールレオンを滅ぼした、ドラゴン族の中でも異形のドラゴン。
イウヴァルトと契約し、度々カイム達の前に立ちふさがる。

■ヴェルドレ(Veldre)
cv:家弓家正
神官長。またはハゲ。
神を敬い、人々の救いと幸せを願う立派な老人。
ドラゴンと契約しており、対価は毛。
対価安すぎじゃね?と思われがちだが、これは契約した時に相手のドラゴンが既に高齢で石化が近かったため。
現在そのドラゴンは石化しているため、前線には立たないが、未だに神官としての腕は衰えず、カイム達をサポートする。

レオナール(Leonard)
cv:山寺宏一
山奥で身寄りの無い子供を引き取り隠者暮らしを営んでいた男性。
しかし とある用事 で家を離れていた隙に帝国に弟達を殺され、後を追って自殺する勇気も無く躊躇っていた心の弱さに付け込まれてフェアリーと契約する。
通称オナ兄さん。

アリオーシュ(Ariosh)
cv:林原めぐみ
帝国に夫と子供を惨殺され狂気に陥ったエルフの女性。
子供を想う母性が歪み、各地で子供を殺して回っていたところを捕まり投獄される。
契約対象はウンディーネとサラマンダー。代償は子宮。

セエレ(Seere)
cv:村上想太
母に溺愛されて育ったが故に、無意識にいい子ぶる癖のある少年。
母に無理矢理ゴーレムと契約させられ、時を失い、体の成長が止まっている。

■マナ(Mana)
cv:山下夏生 / 郷里大輔
母に虐待されて育った少女。
「天使の教会」を率い世界を滅ぼさんとする。


【豆知識】
●名前の由来について
本作のキャラクターの名前は恐らく悪魔や神の名前から取られているとされる。
カイム兄妹の父ガアプ、先代女神アシラ、イウヴァルトの父イブリス、
オナ兄さんの弟達ラウム、リベサル、ルーキフーゲ、セエレとマナの父ロシエルなどのサブキャラも恐らくそう。
「Magnitude negative」のオリジナル契約者アーダ・カブレラについては不明。



以下エンディング一覧(ネタバレ)



























  • Aエンド(純愛ED)
帝国軍を操っていた『天使の協会』の司教を倒し、全てが終わる。
だが、フリアエが死んでしまった今、新たな封印の女神を探さなければならなかった。
そこに「我が封印になろう」
ドラゴンは封印となることを申し出る。
高潔なドラゴンの心に起こった小さな変化。それが全ての人間を救おうとしていた。
初めて名乗る名。初めて流す涙。
最初で最後の、愛。

『幾多もの犠牲の上に主の御手の新たな祠が創られるだろう』

このエンディングから続編のドラッグオンドラグーン2 封印の紅、背徳の黒に繋がる。


  • Bエンド(妹ED)
フリアエは復活した。
すべての憎しみと悲しみをその羽根に抱きながら。
女神は“再生の卵”によって増殖する。その空は妹で満ち溢れ、人類に殺戮の微笑みを投げかけていた。
EDソングはトラウマ。

『杭となりし女、発火する皿の上で世界を握るだろう』


  • Cエンド(離婚ED)
「我らの契約はここに終了する」
人類抹殺を本能に組み込まれたドラゴンは、感情と本能の狭間で、カイムに望まぬ戦いを挑む。種の存亡を賭けて……。

『哀れな子が主の御手に挑む時、扉は閉じられるだろう』


  • Dエンド(赤さんED)
空から赤ちゃんがいっぱい降ってくる。
世界が悲鳴に包まれています……早くあの忌まわしき臭いの怪物を殺さなくては!

『永遠の孤独を持つ弱き者は最後に跳ね飛ぶ長針を止めるだろう』


  • Eエンド(新宿ED)
オト ガ キ コエ ル

新宿音ゲー東京タワーの3連コンボはもはや伝説
意味がわからない人は是非プレイしてほしい。
全エンド中、出現条件が圧倒的に面倒。


たびたび本作とセットで出てくるフレーズ「どうあがいても絶望」は本来ジャンルもメーカーも違うPS2ソフト「SIREN」のキャッチコピーなのだが、どのエンディングに進んでも救いが訪れない本作を的確に示す言葉として機能してしまっている。

ちなみにNier Replicant/GestaltはこのEエンドからおよそ1000年後の世界のお話。


余談だが、このゲームのCMは非常にかっこよく、当時今ほど前情報が入って来なかった為、ワクワクしながらこのゲームをプレイし、絶望を植え付けられた子供が続出した。とんでもないサプライズである。





「賢者は削除よりも追記・修正を選ぶ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/