櫛灘 美雲

人を真に突き動かすのは死、絶望、そして大切なものの喪失への恐怖じゃ
初登場 29巻258話 年齢(外見) 90歳以上(20代)
所属 一影九拳 誕生日 12月24日
異名 妖拳の女宿 身長 179cm
使用武術 櫛灘流柔術 体重 不明
武術タイプ スリーサイズ B:108cm W:62cm H:99cm
エンブレム 趣味 ドライブ、ゴルフ、乗馬
弟子 櫛灘 千影 好きな物 春風
武術位階 特A級の達人級 嫌いな物 真夏、"闇"を乱す者
将来の夢 久遠の落日の到来

【概要】
"闇"の一影九拳が一人。
「流水」を意味する「水」の九拳。
シルクァッド・ジュナザードと共に、長期に渡り一影九拳を務める古参メンバー。
櫛灘流は代々延年益寿法をはじめとする研究のために、無謀な実験を繰り返してきた流派である。
美雲は延年益寿を実践した一人であり、90代でありながら20代にしか見えない肉体を保っている。
一影九拳でも最高齢であり、ジュナザードと共に古参メンバーとして大きな権力を持っている。
なお、ジュナザードを「若者」と呼んでいるが、実際には彼とほぼ同年代。

延年益寿法は本来、武人としての身体機能の維持を目的とするものだが、力を不要とする彼女にとっては身体機能の維持よりも、純粋に若さを保つ事に重きが置かれている。
驚異的な巨乳の持ち主であり、スタイルの良い女性が大半の本作においても並ぶ者がいない程のバストを誇る。
そのスタイルを見せつけるが如く、不要なまでに露出度にこだわられた和装を着こなす。
これは女性的な美意識の高さから来るものとされ、自身のスタイルに絶対の自信を持っている美雲は、意図的に露出度の高い衣装を好んでいるのだという。
第二次世界大戦時は巨乳とはいえ現在ほどではなかった。その為、延年益寿をはじめとする肉体改造によって、現在のスタイルを手に入れたと考えられる。

叶 翔の育成を誤ったとして、本郷 晶に対して「師として未熟」と言い放っているが、弟子育成能力に関してはむしろ劣った描写が多い。
セロからも弟子の育成方針を疑問視されており、落日における最終決戦でもその疑問をぶつけられていた。
また、千影が苦しんでいる原因を新白連合のせいにしたり、久遠の落日で反旗を翻した千影を他の九拳に止めてくれるよう頼んだりするなど、弟子を全く扱い切れていない様子がある。

前回の久遠の落日の際には隼人と共に日本軍に協力し、"闇"と敵対していた。
当時の隼人とは好い仲だったが、すでに"闇"に近い思想を持っており、隼人からその思想を嫌悪されていた。
なお、当時は現在ほど凄まじいスタイルではなかった。
『第二次世界大戦、隼人と共に同盟国ドイツに潜入する』


現在は、「人は戦の中でのみ人でいられる」という考えから穿彗と共に久遠の落日を主導する。
しかし、その野望は梁山泊と新白連合、そして自らの弟子たちYOMIの無手組によって潰えることとなる。
落日の失敗後は消息を絶った。

【戦闘力】
技10力0という力配分で闘う櫛灘流柔術の使い手。
特A級の達人級の中でも実力は明らかに一歩秀でており、"闇"でも上位の実力者と思われる。
風林寺 隼人からも強敵の一人と言われている。

気の運用に長け、ジュナザードと同様に完璧な分身を扱える数少ない人物。
攻撃力はやや低めだが、櫛灘流 千年投げなど援護能力も高い。
残像分身により高い回避力を誇るが、スピード自体はさほど高くないのか、逃亡中に馬 剣星によって足を掴まれている。

【本編】
~「ディエゴへの制裁」~(35巻)
一影九拳会議の結果、史上最強の弟子打倒の権利を手に入れた美雲。
しかし、美雲が千影に指令を出す前に、ディエゴ・カーロが抜け駆けで梁山泊に挑戦状を送り込んでいた。
事態を知った美雲はディエゴの豪華客船に潜入する。
その時、すでに馬 剣星により倒されていたディエゴ。
美雲は会議結果を無視したディエゴを始末すべく、海へと投げ捨てる。
そして、弟子に責任はないと語ると、ディエゴの弟子・カストルを連れて闇へと去っていったのだった。

~「千影への教育」~(36巻)
殺人拳の啓蒙のため、他のYOMIと共に弟子の千影を荒涼高校へ送り込む。
しかし、千影は兼一との交流を経て、普通の少女に変わりつつあった。
美雲は千影を正面から叱りはしなかったが、千影の変化に気付いており、彼女を"闇"に傾倒させる必要を感じていた。

長い一影九拳会議の結果、千影による史上最強の弟子討伐の権利を得た美雲だったが、千影は兼一との決闘を放棄し
友人の誕生パーティーに出席していたのだ。
美雲は史上最強の弟子討伐の権利をセロ・ラフマンへと引き渡す。
これは千影への戒めと、セロの弟子イーサンによって兼一が殺されるところを目撃させることで
千影を"闇"に引き戻そうとする策略でもあった。
しかし、イーサンは兼一に敗北し、千影はさらに兼一と親白連合への依存を強くしていった。

~「赤羽刀」~(39巻)
千影を連れて"闇"の武器組、紀伊 陽炎の庵を訪ねた美雲は、彼に赤羽刀の情報を与える。
陽炎はしぐれに敗北し、持ち刀を奪われ憔悴しきっていた。
美雲は真の武器使いの技を見せるため、陽炎に強力な刀の情報を与えた。
赤羽刀の強奪は、赤羽刀の警護を行っていた梁山泊との対決となった。
陽炎はしぐれの説得により"闇"を裏切り、窮地に陥った武器組を美雲は救助して、その場を離れるのだった。

~「久遠の落日への悲願」~(46巻)
"闇"の最終目標である久遠の落日が近づいていた。
美雲は穿彗と単独で交渉を行い、風林寺 砕牙を出し抜いて久遠の落日を実行する手はずを整えたのである。
そんな中、拳魔邪神ジュナザードの存在は美雲の悩みの種となっていた。
梁山泊に勢力で勝る"闇"にとって、久遠の落日の失敗はもはや皆無に等しい状況となった。
残った疑念はただ一つ、巨大な力によって落日計画がかき乱される事である。
世戯 煌臥之助は久遠の落日に賛同していたが、風林寺 隼人は梁山泊として敵対、シルクァッド・ジュナザードは一影にも制御できない状態にあった。
落日に与するのが煌臥之助だけである以上、確実に落日を迎えるためには、隼人とジュナザード、どちらかを排除する必要があったのである。

美雲はかつて引き分けたジュナザードと風林寺 隼人を再び戦わせることを目論む。
隼人の力ならジュナザードを倒すことも可能であると考えたのである。例え隼人が敗れたとしても、隼人もジュナザード同様に久遠の落日にとって大きな障害の一人であり、勝者がどちらでも美雲にとって大きな利益となるのだった。
さらに、隼人の孫・風林寺 美羽はジュナザードが探し求める最高の弟子の素材でもあった。
美雲はそこに目をつけ、ジュナザードに美羽を新たな弟子にすべき存在として情報を与えた。
ジュナザードは無敵超人をなんら恐れておらず、美羽を弟子にするために強引に誘拐を企てる事を推測するのは容易であった。
結果的に美雲の策略は実らず、隼人はジュナザードと戦う事はなかった。しかし、本郷 晶が大番狂わせでジュナザードを倒した事により、美雲は思いもよらずにジュナザードを倒すという本懐を遂げる事ができたのである。
『久遠の落日実行の為、拳魔邪神を倒す必要があった』


~「久遠の落日」~(558話)
久遠の落日では紀伊 陽炎と戦闘、しばらく攻めあぐねるが、ミルドレッドの援護射撃により攻勢に出る。
9体に分身した美雲は鍬による薄刃陽炎をうまく回避、陽炎を強烈な投げ技で倒す。
しかし、陽炎はすぐに復活、地面の矢を全て破壊し、ミルドレッド來濠 征太郎によって倒されたのだった。
その後はすでに八煌断罪刃と戦っていた剣星と久賀舘 弾祁らを背後から狙うなど、多対一の戦いに持ち込み追い詰める。

その時、戦いの最中、弟子の千影から突如として連絡が入る。
多対一の戦いを門派の恥と感じた千影は、一時的に活人拳を補佐し、武器組と戦うことを宣言したのだ。
美雲はすぐに作戦に戻るよう指示するが、千影は美雲の命令を頑なに拒否する。
九拳に対し千影を止めてくれるよう頼む美雲だったが、他の九拳にも次々と戦いに疑問を持った弟子達からの連絡が入る。
頼める者がいないと気付いた美雲は一刻も早く梁山泊を片付け、千影の元へ向かう事を決意した。

美雲は再び復活した陽炎を今回は完全に殺害。
千影の想いも虚しく、美雲は多対一の状況で戦い続け、敵の一人を屠り去ってしまったのだった。
しかし、梁山泊の抵抗は激しさを増すばかりだった。
美雲は戦いを制するべく、しぐれを人質にして梁山泊を倒そうとするが、美雲の行動は殺人拳の誇りを捨てたとしてセロ・ラフマンが反旗を翻し、時同じくして馬 槍月アーガード・ジャム・サイも作戦に疑問を感じ梁山泊に寝返った。


戦局は大きく変化し、いよいよ決着が近づいた時、"闇"の基地から日本へ向けたミサイルが発射された。
そのミサイルの発射こそが美雲の目的であり、久遠の落日の始まりを告げるものだった。
美雲はミサイルの発射を確認し勝利を宣言する。
しかし、ミサイルは風林寺 隼人によって基地の上空で爆発、美雲と穿彗の野望は潰えることとなった。
全てを悟った美雲は勝負の中断を宣言し、気を炸裂させてその場から逃げ出そうとする。
逆鬼やセロたちは美雲の居所を探るが見つけ出せない。しかし、馬 剣星には、美雲の乳房が着物と擦れる音が聞こえていた。
乳首をつかまれ逃走を食い止められた美雲は、思わず表情を崩しつつも必死に応戦する。

しかし、剣星の執念は美雲の想像を上回っていた。
剣星は美雲の反撃に競り勝ち、美雲を馬家 極縛札衣の餌食としたのである。
美雲は着物、袴、足袋に至るまで衣服を全て没収されてしまう。
大勢の前で醜態を晒された美雲は海へと逃亡し、その後、彼女の姿を見た者はいない。
その後、美雲から奪った衣服を「戦利品」として持ち帰る剣星の姿があった。
『一瞬にして衣服を全て奪われてしまう』 


~「エピローグ」~
海へと消えた美雲はその後、表舞台に姿を現すことはなかった。
しかし、美雲が消息を絶ったことで、千影はむしろ真っ当に成長を始めた。
千影は櫛灘流の修行と勉学を両立し、普通の生活を手に入れたのである。

単行本では、おまけとして隼人との再会が描かれた。
落日失敗により、敗北時の約束であったあんみつを隼人に奢っている。
前回の落日(第二次世界大戦)は成功している為、美雲は1勝1敗と表現している。
しかし、前回の落日では美雲は隼人と協力し"闇"と戦っていたとされている為、前回の落日成功に美雲は関わっていない。

【技】
気の炸裂
残像
分身
櫛灘流 地中投げ
櫛灘流 千年投げ

【戦闘録】
36巻・334話 馬 剣星 中断
39巻・365話 香坂 しぐれ 中断
59~60巻・558~569話 梁山泊一影九拳&八煌断罪刃と共闘) 紀伊 陽炎久賀舘 弾祁に勝利
60~61巻・569~582話 梁山泊&アーガード&槍月&セロ緒方 一神斎&八煌断罪刃と共闘) 中断


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。