イーサン・スタンレイ

初登場 19巻167話 年齢 18歳
所属 YOMIの無手組 誕生日 8月21日
異名 ボルックス 身長 192cm
使用武術 カラリパヤット 体重 90g
武術タイプ 趣味 ジグソーパズル、映画鑑賞
武道理念 殺人拳 好きな物 ジェリービーンズ
エンブレム 嫌いな物 納豆
師匠 セロ・ラフマン 将来の夢 家族で暮らす事
武術位階 弟子級 声優 武田幸史

【概要】
レイチェル・スタンレイの弟で、師は一影九拳が一人セロ・ラフマン
YOMIの中でも一際筋肉質かつ大柄な体格だが、普段は物静かな性格。
また日本語がやや苦手なのか、尊敬語とヤンキー言葉がごちゃ混ぜになったような言葉遣いも特徴。

しかし強面な外見や珍妙な言葉遣いに反して温厚な人柄であり、YOMIにとって共通の標的であるばずの兼一に対しても可能な限り戦わずに済むよう働きかけていた。
その誠実さは兼一のみならず一般人のクラスメート達にも理解されており、日本を去る直前までイーサンの周囲には男女問わず常に友人達の姿が絶えなかった。

【本編】
~「DofD」~
姉のレイチェルと共にチームジェミニとしてDofDに出場。
南拳チームの金 道興を一瞬にして倒す。
しかし、チームの勝利にも関わらずレイチェルの機嫌は最悪だった。
イーサンはレイチェルから大会ではルチャ風に戦うよう指示されていたのだ。
リング上の敵は瞬殺せよ、というセロの教えに従ったイーサンは姉の怒りにさらされ、
頭を抱えながら謝罪するのだった。

~「レイチェルを巡る戦い」~(37巻)
イーサンはあらゆる任務を迅速にこなし、史上最強の弟子ケンイチ打倒に執念を燃やしていた。
姉のレイチェルは笑う鋼拳の失脚により、YOMIにおいて所属が浮いた状態になっていた。
そんな時、拳聖・緒方 一神斎が師を失ったレイチェルを拳魔邪神ジュナザードに紹介したのだ。
ジュナザードは"闇"でも最凶として知られる男。彼の気分一つで、レイチェルは容赦なく殺害されてしまう。
しかし、自分が最強の弟子・兼一を倒すことができれば、カラリパヤットは"闇"において弟子育成の実績を示す事となり、レイチェルは温厚な師・セロの保護下に入れる事ができるのである。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (sero2.png)


イーサンは当初、兼一を武の世界から出ていくことを薦める。
無益な戦いを避けるべく、武術を止めるならば兼一を"闇"においては死亡扱いにしてみせると提案したのだ。
しかし、兼一はこれを拒否し、2人の戦いが始まった。
姉への想いとジュナザードへの恐怖がイーサンの実力を研ぎ澄ます。
しかし、兼一は風林寺 隼人から教わった孤塁抜きによって、イーサンを打ち倒した。
姉を救えなかったことを悔やみながら倒れるイーサンだったが、偶然にも梁山泊がレイチェルのいる施設へと足を運んでいた。
レイチェルは兼一から事情を聞いていた逆鬼 至緒により、ジュナザードから救い出されたのだ。
ジュナザードはレイチェルへの興味をなくし、逆鬼との死合いに興味を移した。
結果、レイチェルはセロの保護下に入ることになったのである。

【戦闘録】
金 道興 勝利
白浜 兼一 敗北


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。