紀伊 陽炎

初登場 31巻286話
所属 梁山泊関係者、元闇の武器組
異名 鍔鳴の紀伊陽炎/ニョニョタン(自称)
使用武術 居合術
武術タイプ
武術位階 特A級の達人級

【概要】
音速の居合を誇る"闇"の武器組。
幼い頃のしぐれが初めて出会った本物の人斬り。
かつて、しぐれの友人だった燕を斬り殺し、さらにしぐれに強い殺意と狂気を向け、大きなトラウマを植え付けた。
しぐれにとって、彼は人斬りの恐怖を象徴する存在だった。
一方、陽炎本人は幼い頃のしぐれを少年と思っていたため、しぐれの事を全く覚えていない。

抜刀からの斬りつけ速度はしぐれをも凌駕する。
一影九拳の一人、櫛灘 美雲からも真の武器使いと認められている、武器組でもトップクラスの実力者。
闇に所属しているが、殺しと自分の刀だけを愛しており仲間意識はない。利害が一致しなければ簡単に武器組を裏切る。
ただし、初登場時はしぐれが仲間の刀を奪っているという理由で登場しており仲間意識があるように描かれている。

愛称はのっぺり。本人はニョニョタンを自称しているが、呼ばれたことは一度もない。
戦闘中に「ムホー」と叫ぶのが癖。

音速の居合術を得意とし、柔軟な腕関節から自分の背後の敵にもしぐれ以上の速度で斬りつけることができる。
柔軟な腕関節に加え、長い腕と刹那丸のリーチによりその制空圏は極めて巨大。
作中に描かれている制空圏において、彼に勝る大きさの制空圏は登場していない。
『制空圏の範囲は長老をもはるかに凌ぐ。』


武器組の刀を奪っていたしぐれを敵視し、自分の持つ名刀・刹那丸のプロマイドを梁山泊へ送りつけてしぐれを呼び出す。
しぐれをして勝てないかもと言わしめる実力を発揮し、真の武器使いの成せる武器との一体化までやってのけるが、わずかに及ばず敗北。

新しい刀との出会いを求めて赤羽刀を狙う武器組の任務に参加したが、しぐれに代わりの業物をやると言われたことで武器組を裏切り、赤羽刀盗難のリーダー格・闇の斧使いと戦い勝利する。
その後、しぐれからもらった業物の鍬・刹那鍬を使い農夫へと転職、おいしい野菜を作りながら平穏な暮らしを送っている。
しぐれとは友好的な関係になっており、しぐれの要請で新白連合の為に作る防具の材料を調達し、防具の作成にも手を貸した。
しぐれは刹那丸をそのうち陽炎に返すつもりでいる。

久遠の落日では梁山泊の側につき、"闇"と敵対。
得意の抜刀術が使えない鍬を武器にしながらも、八煌断罪刃の立華 凛や一影九拳の美雲と渡り合う。
さすがに鍬では厳しかったのか、武器との一体化も見せずに美雲の投げを受け倒れる。
しかし、美雲の攻撃は陽炎を仕留めきっておらず復活、背中にミルドレッドの矢を受けながらも地面に刺さった矢を全て破壊する。

その後は力尽き倒れていたが、風林寺 隼人の気に呼応し再び復活、窮地に陥っていた秋雨を助けるが、美雲により全身を破壊され殺害された。
戦いの後、刹那鍬はしぐれによって回収され、彼が死亡した事でしぐれは刹那丸を返す機会を失ってしまった。

【技】
音超えの斬
音越えの天地返し
薄刃陽炎
心刃合練斬

【戦闘録】
31~32巻・289~291話 香坂しぐれ 敗北
39巻・362~364話 闇の斧使い 勝利
557話 "闇"軍(梁山泊と共闘) 勝利
558~568話 一影九拳&八煌断罪刃(梁山泊と共闘) 櫛灘 美雲により敗北


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。