來濠 征太郎

初登場 39巻362話 年齢 40歳
所属 八煌断罪刃 誕生日 2月10日
異名 不動の武士 身長 183m
使用武術 小太刀術 体重 89kg
武術タイプ 趣味 茶道
武道理念 殺人拳 好きな物 ねりきり
弟子 伊藤 雹護狭山 結 嫌いな物
武術位階 特A級の達人級 将来の夢 新しい時代の到来

【概要】
"闇"の武器組。八煌断罪刃の一人。
初登場時は赤羽刀の盗難を行っており、部下らしき人物からタメ口をきかれているなど、幹部らしい扱いを受けていなかった。

前述の赤羽刀を含め、"闇"の幹部でありながら非常に細かい仕事をこなして動き回っている。
一影の依頼でビッグロックに赴き、アレクサンドル・ガイダルディエゴ・カーロに脱獄を促した。
その後は世戯 煌臥之助の元へ風林寺 隼人を誘き寄せる任務を実行。

久遠の落日に際しては、基本的に一影の側で行動しており、闇軍司令官と共に"闇"軍に指示を出している。
その後、梁山泊vs一影九拳八煌断罪刃の戦いに現れ、暴れていた紀伊 陽炎を即座に仕留めると、櫛灘 美雲と共に
強力な殺人拳の連携攻撃を披露した。
他のメンバーとの接し方から、世戯 煌臥之助を除けば八煌断罪刃のなかでも比較的中心的な立場にいる。
トップの不在時に中心的な立場にいる、冷静かつ高い実力を誇ることから
その立ち位置は梁山泊における岬越寺 秋雨に近いものがある。

【戦闘力】
八煌断罪刃のひとりにして小太刀術の達人。
風林寺 隼人と対峙し、小太刀を犠牲にしながらも逃げ仰せるなど、八煌断罪刃のなかでも
高い実力を持つ。
また、活人拳に近い気を有しており連携攻撃をはじめ、集団戦にも秀でている。
その技量で一度は紀伊 陽炎を仕留め、岬越寺 秋雨をあと一歩のところまで追い詰めた。

【技】
心刃合練斬

【戦闘録】
39巻・366話 風林寺 隼人 中断(來濠が逃走)
59~60巻・558~569話 梁山泊一影九拳&八煌断罪刃と共闘) 中断
60~61巻・569~582話 梁山泊&アーガード&槍月&セロ緒方 一神斎&八煌断罪刃と共闘) 中断



昨日 - 今日 - 合計 -
最終更新:2015年06月04日 19:01
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。