最高位の達人級


最高位の達人級は超人とも呼ばれる武術家の最高位階である。
あらゆる障壁を乗り越え続け、100パーセントの頂きに到達した達人中の達人。
神に選ばれし才能の持ち主が、数多の戦乱を乗り越える事でのみ至る事ができる、究極の存在。
この位階に該当する武人は、その強さを凌ぐものは存在しないとまで評され、その実力から各々伝説的な逸話を持ち、武術界に限らず高い名声を博する。
彼らはしばしば、特A級の達人級を超越する存在として想起されてきた。
『特A級の達人級でさえ到達し得ぬ領域』


高い戦闘技術も去ることながら、ただの突きや蹴りでさえ並の達人の奥義にも見紛う破壊力を獲得している。
最大の特徴がいかなる状況においても急激な脱力が可能な事にある。
最高位の達人級は重要な局面においてしばしば脱力を攻撃や防御に応用し、絶大な攻撃力と防御力を実現することができた。
彼らは特A級の達人級でさえ舌を巻く程の脱力の技術を身につけており、それが最高位の達人級である証明にもなっていた。
『脱力が最大の特徴』


その戦闘力は特A級の達人級数人分に匹敵し、並の達人級ではその戦いを視認する事すら容易ではない。
特A級の達人級であれば、実力が互角でも互いにダメージを負い、消耗の末に決着に至るが、最高位の達人級同士の戦いは、戦闘技術が余りにも高いため互いにほとんど手傷を負わず、持久戦となる。
作中では隼人とジュナザードが時間切れ、隼人と煌臥之助の戦いもまた互いにほぼ無傷のまま中断となっている。

活人拳
風林寺 隼人

殺人拳
世戯 煌臥之助

外道
シルクァッド・ジュナザード





昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。