アーガード・ジャム・サイ

初登場 29巻266話 年齢 36歳
所属 一影九拳 誕生日 3月18日
異名 裏ムエタイ界の魔帝、拳帝肘皇 身長 198cm
使用武術 古式ムエタイ 体重 118kg
武術タイプ 趣味 ダンス、考古学、旅行
武道理念 殺人拳 好きな物 遺跡、世界遺産
エンブレム 嫌いな物 検問
師匠 ソムバット 将来の夢 最高の戦いの中で果てる事
弟子 ティーラウィット・コーキン
武術位階 特A級の達人級

【概要】
"闇"の一影九拳が一人。
魂の炎を意味する「炎」の九拳。
アパチャイ・ホパチャイの兄弟子にあたり、かつては裏ムエタイ界のチャンピオンに君臨していた。
殺戮のみを追及した拳はアパチャイをも上回る殺傷力と繊細さを併せ持つ。

アパチャイに匹敵する巨漢だが、本格的に登場する前のシルエットはスマートな体型のスーツ姿であった。
また性格的にも当初は「蛇のように狙い虎のように襲う」「活人拳を誉めたら殺される」という超危険人物として語られていたが、実際には九拳の中でも本郷 晶と共に優れた人格者である。

弟子の育成システムにおいてもムエタイこそが最強と考えており、たとえ弟子のコーキンが一なる継承者に選ばれたとしてもムエタイ以外の武術を修得させる気はないと明言している。
実際、生前「育成の達人」と謳われた師匠・ソムバットの教えもあってか弟子育成能力は極めて優秀。アパチャイも彼から教わった基本技の要訣を突き詰めた事で飛躍的に実力を向上させた。

性格は豪快かつ大らか。「俺が許す」の一言で大抵の事は笑って流してしまう器の大きさを持つ。
その一方で年長の武芸者を軽んじたコーキンを嗜めたり、決闘中に携帯電話を鳴らした兼一にマナーを説く等、礼節を重んじる一面もある。

彼の圧倒的なカリスマ性は接した者を強烈に惹き付け、初対面だった武器組の武人達からは畏敬の念と共に「歴史上の英雄とはこんな男達だったのかもしれない」と評された。
また、武の師弟のみの冷徹な関係を貫いてきたはずのコーキンからも強く慕われており、闇人ながらも優れた人間性を表す描写は数多い。

アパチャイの事は修行時代から弟のように可愛がっており、かつては裏ムエタイ界に蔓延る悪意から彼を守るべくチャンピオンの座を放棄したほど。
しかし同時にムエタイの頂を志す者同士いつか戦う事になると確信しており、「その時には必ずお前を殺すだろう」と涙ながらに宣告するなど、かなり複雑な思いを抱いている事が窺える。

なおシルクァッド・ジュナザードの一影九拳は不可侵条約に過ぎないという言葉に同意しており、一影九拳に対する仲間意識は無い模様。

【技】
爆ぜる斧を撃ち振る雷神(ガーンラバー・ラームマスーン・クワン・カン)
螺旋仙者飛撃(クリョー・ルーシー・ハーン)
完璧なる白神象の領域(ソンブーン・ヤン・エラワン)
絶対なる秘技(ボーリスッド・ルークマイ)
首相撲(プラム)

【戦闘録】
42巻・395話(数年前) ハンタック・チャッタラダ 勝利
42巻・396話(数年前) 裏ムエタイ最強3人組 勝利
42~43巻・393~407話 アパチャイ・ホパチャイ 敗北
59~60巻・558~569話 梁山泊一影九拳&八煌断罪刃と共闘) 中断
60~61巻・569~578話 緒方 一神斎&櫛灘 美雲八煌断罪刃(梁山泊と共闘) 戦闘中


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。