ミルドレッド・ローレンス

初登場 56巻531話 年齢 26歳
所属 八煌断罪刃 誕生日 10月10日
異名 重瞳武弓 身長 170cm
使用武器 体重 66kg
武術タイプ スリーサイズ B:91cm W:64cm H:90cm
武道理念 殺人拳 趣味 刺繍
師匠 ??? 好きな物 うさぎ
弟子 ミルドレッドの弟子 嫌いな物 もぐら
武術位階 特A級の達人級 将来の夢 八煌断罪刃の頭目

【概要】
"闇"の武器組を取り仕切る八煌断罪刃が一人。
強靭な肉体を露出度の高いボンテージ風ビキニアーマーで包んだ金髪の女性。イギリス人。
特徴的なゴーグルを着用し、瞳の中に瞳孔が二つ並んだ重瞳の持ち主。
カラーが一度も描かれていないが、公式BBSによると、ビキニアーマーの色は濃緑と茶色。
色が2種類なのは、ビキニ部分が茶色という意味合いであると思われる。
腕に薬莢、腰に刺のようなものが入った筒をいくつか身に着けているが、武器として使用するシーンはなかった。
しぐれに弓を傷つけられた際には、私の愛する弓と表現し激しい怒りを露にするなどかなり愛着がある様子。
…だったのだが、後に剣星に破壊された際にはあっさり別の弓に持ち替えたり、武器との一体化もできなかったりと割とお粗末な扱いをしている。

八煌断罪刃として久遠の落日に参加し、"闇"の基地やタンカーの守護など、多くの戦いに参加する。
しかし、梁山泊との最終決戦において剣星により敗北した。

衣服に関しては色々とツッコミどころが多く、下半身は一体化型のように見えてベルトを残したままビキニだけ抜き取られたり、ブーツとベルト部分がつながったまま筒の位置を変えたり、武器を新調する余裕があったのに服を新調せず、戦闘中の大半は下半身を露出したままだったりする。
とはいえ、ビキニを奪われた際に顔を赤らめている事から羞恥心は多分にあると思われる。

【戦闘力】
殲滅戦を得意とする弓の使い手。
弓矢の材質等は不明だが、形状は一般的なアーチェリー用のベアボウに近い。
単発でもヘリコプターを撃ち落とす程の矢を放つが、彼女の真髄は無数の矢を上空から降り注ぎ、さらに横から狙撃を加える十字架の刑上にある。
矢の精度は正確で、完全に敵だけを狙う彼女の狙撃術は絶大な援護能力を誇る。

女性ながらも筋骨隆々の肉体を持ち、近距離の矢の直撃にすら素で耐えられる一方、一対一の戦闘そのものは苦手で、特A級の達人級は彼女の矢を素手で受け止める事も可能であり、被弾が数本程度ならば致命傷にも成り得ない。
弓が破壊されてもしばらく気付かないなど、武器を己の一部にできていない節がある。
また、ビキニを気付かない間に脱がされるなど、馬 剣星にはかなりの余裕をもって戦われている。
腕力は高く、しぐれの鎖鎌の鎖を素手で引きちぎってしまうほどだが、縛札衣による自分の衣服を破るだけのパワーは持ち合わせていなかった。

【本編】
~「タンカーの戦い」~
久遠の落日を引き起こす為、他の八煌断罪刃と共に、"闇"の軍資金となる金塊2000トンを輸送するタンカーを護衛する。
国籍不明のタンカーを食い止めようとする巡視船を次々と破壊する断罪刃たち。
ミルドレッドは軍用ヘリを弓矢で容赦なく破壊する。
そこへ現れたのは兼一美羽を連れた香坂 しぐれだった。
ミハイ・シュティルベイを追ってきたしぐれは図らずも、断罪刃7人が集結するタンカーに忍び込んでしまったのである。
しぐれは想像を絶する実力で断罪刃全員を相手どる。
ミルドレッドは自分の弓を利用されしぐれに手傷を負わされた。屈辱を感じたミルドレッドはしぐれに憎悪を向ける。
日本政府の依頼を受けたクリストファー・エクレールマイクロフトの援護もあり、兼一と美羽はタンカーから脱出したが、激しい戦いの末に、ミルドレッドたちはしぐれを捕虜として捕えることができたのだった。

~「久遠の落日」~
ミルドレッドは他の八煌断罪刃一影九拳と共に梁山泊と対峙する。
アンテナの上に陣取った彼女は梁山泊に向けて弓矢を放つものの、梁山泊の協力技に翻弄され、馬 剣星に完全な死角をとられる。ミハイは彼女の敗北を予感したが、地面に撃墜されたミルドレッドはなぜか無傷だった。
ダメージがない事に驚くミルドレッドだったが、直後、自分のビキニを口にくわえた剣星の姿が目に入った。
剣星はその場にしゃがみ込むと、奪い取ったビキニをミルドレッドに見せつけるかのように、綺麗に折りたたむのだった。
剣星にビキニを没収されてしまった事に気づいたミルドレッドは、ベルトの筒の位置を変える事でなんとか下半身を隠すと、反撃のために弓を構える。
しかし、その弓さえも剣星はすでに破壊していた。
弓は彼女に反撃を許さないかのように、その場で粉々に砕け散ってしまったのだった。

その後はしばらく活躍の機会がなかったが、新たな弓を用意し、矢が大量に地面に刺さった自らの領域で梁山泊を待ち受ける。
ミルドレッドは他の一影九拳と八煌断罪刃により、その地に追い込まれてきた梁山泊に対して激烈な援護射撃を開始した。
彼女の援護射撃は凄まじく、九拳と断罪刃は圧倒的な有利を手にすることができた。
特に櫛灘 美雲は彼女の援護射撃を利用することで、梁山泊側の達人を次々と圧倒したのである。

しかし、援護射撃という利を最も活かした美雲は大きなミスを犯していた。
紀伊 陽炎を仕留めきっていなかったのである。
陽炎を打ち抜くミルドレッドだったが、彼の命を懸けた大技は止め切れず、地面に刺さった大量の矢は全て破壊されてしまった。
美雲を除く一影九拳が寝返ると、一気に攻勢に出た梁山泊に圧倒される。
剣星の馬家 縛札衣によりミルドレッドは自らの弓と衣服によって手足を拘束されてしまうのだった。

激化する戦いの中で、ブーツを脱ぐことで足の拘束を開放したミルドレッドは全身を弓代わりに足と口だけで矢を放ち、剣星に文字通りの一矢を報いる。
しかし、落日の首謀者穿彗の死亡により戦いは梁山泊の勝利となった。
拘束を解かれたミルドレッドは身構えながら矢を拾い集めるが、停戦の意思が明言されると仲間たちと共に悠然と立ち去って行った。


【技】
十字架の刑上
重瞳抹消眼
重瞳弓技 リトゥンヘッジホッグ

【戦闘録】
57巻・539~542話 香坂 しぐれ(八煌断罪刃と共闘) 勝利
58巻・553話 香坂 しぐれ(ミハイ羅姫と共闘) 勝利
59~60巻・558~569話 梁山泊一影九拳&八煌断罪刃と共闘) 馬 剣星により敗北


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。