新白連合

【概要】
新白連合とは新島 春男が設立した正義の武闘派集団(自称)。
組織名の由来は「新島」と「白浜」の文字を一文字ずつ合わせたもの。

当初はフヌケンと見下し苛めていた白浜 兼一が武術を始めた事で逆境をはね除けていく姿に興味を持った新島が、兼一のような社会的弱者がどこまで這い上がれるかを観察する「実験場」という名目で設立した。
しかし、自分の予想を遥かに越えた兼一の成長に感化されていき、いつしか単なる実験場ではなく新島自身の壮大な夢(野望)を叶えるための足掛かりとして本気で組織拡大に取り組むようになっていく。

開設初期は新島のホラに乗せられた校内の不良数人が所属するのみの小さなグループだったが、兼一との決闘に敗れたラグナレクの幹部達を新島が持ち前の話術と怪しい魅力で懐柔する事で徐々に勢力を拡大。翌年の春にはラグナレクを潰したグループとして、荒涼高校の新入生がその名を聞いただけで震え上がる程の知名度を獲得していた。

なお主な構成員は総督・新島を頂点とし、以下隊長に兼一(本人は否定)、武田ジークフリートハーミット(予定)ら武人達が名を連ね、その下に新島の護衛や補佐を務める一般兵が存在する。
また、未知の敵であるとの戦いに際しては新たにインターネットを介した人員募集や情報収集を行う新白Web部隊の導入に加え、ラグナレク解体後に小さな探偵事務所を開いていた元第四拳豪ロキを直属の諜報員として雇い入れるなど、もはや学生達のグループというレベルを超越した陣容となっていた。

さらにまだ組織が小規模だった頃は専ら荒涼高校の化学室が集会の場だったが、規模の拡大と共に不動産業を営むキサラの父が管理する廃ビル物件に移転。
以降は高校生ながらすでにプロの音楽家として活躍を始めていたジークフリートの印税も加わり、回を追う毎に本格的な基地機能を備えていった。

最初は単なる新島の私設軍隊に過ぎなかったが、兼一の成長と共に多くの武人達が集う場となり、それに感化された新島の成長によって一つの「チーム」へと昇華され、最後には本当に世界を救う正義の武闘派集団となったのである。


昨日 - 今日 - 合計 -
最終更新:2020年05月30日 23:00
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。