風林寺 美羽

初登場 1巻(1話) 年齢 17歳
所属 梁山泊 誕生日 1月14日
異名 風を斬る羽、美しき羽(インダー・ブルー) 身長 158cm
使用武術 風林寺流武術、暗鶚流忍術、プンチャック・シラット 体重 ???
武術タイプ スリーサイズ ???(バストは90cm以上)
師匠 風林寺 隼人シルクァッド・ジュナザード 趣味 掃除、洗濯
武術位階 弟子級 好きな物 ねこ、あんみつ
嫌いな物 ゴキブリ
将来の夢 お嫁さん

【概要】
梁山泊長老、風林寺 隼人の孫娘。父は"闇"の一影・風林寺 砕牙。母は暗鶚衆の風林寺 静羽
無敵の一族・風林寺と忍びの一族・暗鶚の末裔。
風林寺 隼人シルクァッド・ジュナザードの弟子。
語尾に「~ですわ」と付ける独特の敬語で話す。
90cmを超える豊満なバストを誇る、キサラ曰く牛乳娘。

戦闘時に着用しているボディスーツは防弾に優れているが、打撃による衝撃には弱い。
ちなみに、物理法則に反したアニメキャラの服装12選に選ばれている。
このボディスーツはボディラインが完全にわかるほど薄く、水に濡れると透明化する。

直接言われたわけではないが、「美羽さんを守れるくらい強くなりたい」という兼一の言葉を聞いてからは、兼一に対して実質的に恋愛感情に近い感情を抱いている。
長い間二人の関係に特別な進展はなかったが、ティダード王国での戦いで、美羽は兼一の告白に答える事になる。
ペングルサンカンとの戦いでの美羽の言葉「私、死んでもいいですわ」は、二葉亭四迷が用いた「わたし、死んでもいいわ」をモチーフとした、文学好きな兼一の告白に対する返事だったのである。
この告白によって二人は明確に両想いとなり、最終的に結婚。一人娘を授かる事になる。

【戦闘力】
弟子級最高クラスの実力者。風林寺流武術、暗鶚流忍術、プンチャック・シラット、三つの武術を扱える。
基本は蹴り技だが、シラットを会得してからはアクロバティックな手足で同時に攻撃する技を多用する。
現在の戦闘スタイルはジュナザードの影響を受けており、動の気を発動すると口調や掛け声がジュナザードのようになる。

速度とテクニックによって補っているが、腕力は修行を始めた頃の兼一よりも下であり、一般的な女性と変わらない。しかし、ティダード王国でのジュナザードの修行により動の気が覚醒した事から、馬 剣星の硬功夫を授けられ、腕力も劇的に上昇している。
純粋な速度では小頃音 リミに一歩譲るも、武術的感覚に秀で、リミとの競争に追いつける程のスピードが出せる。
突きの速度は一瞬にして六発操り出す事ができ、あまりの速さに一般人には三発しか放っていないように見えるほど。

気の性質は
極めて強大な気の持ち主で、インダー・ブルーの人格を植え付けられてからは、その人格を抑え込もうとして意図せずに暴走状態に陥ってしまうようになってしまっていた。
しかし、遊園地でのYOMIとの戦いの最中、兼一の助言を受けジュナザードの呪縛を受け入れる事を選んだ結果、動の気を完全に使いこなせるようになった。
その気の強大さは、類稀なる動の気の才能を持つ小頃音 リミをはるかに超越する。

【本編】
~「ティダード王国の戦い」~(46巻~)
弟子を失ったジュナザード櫛灘 美雲から美羽の情報を受け取った。
美雲は美羽がジュナザードに誘拐される事を見越しており、美羽を誘拐された隼人がジュナザードと対決する事を望んでいたのだ。
ジュナザードは美雲の目論見通りに美羽を誘拐、忘心波衝撃によって記憶を奪った上でインダー・ブルーと名付け新たな弟子としたのである。

ジュナザードとの師弟関係は強制的なものであり、洗脳という手段を用いたものではあったが、美羽にとって決して不利益なものではなかったのもまた事実である。
ジュナザードは方向性こそ邪悪であったが、指導力自体は極めて優れていた。
美羽はジュナザードの指導による絶大な力を得ると共に、その強大な動の気を乗りこなすだけの身体能力を与えられた。

また、ジュナザードは心の奥底で美羽の事を気に入ってしまっていた。
美羽が決して解けないとされるジュナザードの呪縛を打ち破る事ができたのは、彼女の強靭な意志だけでなく、
ジュナザードが自分でも気づかぬ内に美羽の洗脳に手心を加えていたからなのである。

~「水族館の戦い」~(51巻)
兼一龍斗の再会。
美羽とリミは密かに二人の後を追っていた。
龍斗が美羽に関心を持っていることを知っていたリミは美羽に襲い掛かる。
美羽はリミに手も足も出させなかった。ジュナザードの修行により美羽の実力は飛躍的に上昇していたのだ。

しかし、その強さはジュナザードの動きを受け継いだからこそのものだった。
殺人拳のジュナザードの動きを受け継ぐという事は、活人拳としての手加減を失うという事でもあったのである。
美羽はジュナザードの動きを抑えながらもリミを圧倒し、その場は兼一と龍斗の合流により決着は流れた。

~「遊園地の戦い」~(53巻)
新白連合とYOMIの無手組の決戦が始まった。
美羽は水族館で戦った小頃音 リミと激戦を繰り広げる。
拳聖の修行を受けたリミの実力は美羽の力をもってしても容易に太刀打ちできるものではなかった。
動の気の解放を修めたリミの全力は、動の気を暴走させた美羽をも上回っていたのである。
敗北寸前の美羽の前へ現れたのは兼一だった。
兼一は美羽にジュナザードの呪縛を受け入れるよう進言する。
既にの気を修めていた兼一は、動の気の解放がジュナザードの呪縛の先にある事を敏感に感じ取っていたのだ。
『動の気の開放、それは邪神の呪縛を受け入れる事だった』


美羽がジュナザードの呪縛を受け入れると、美羽は容易に強大な動の気を使いこなした。
ジュナザードは美羽に、強大な動の気の解放に耐えうるだけの力を体得させていたのである。
動の気を解放し乗りこなした美羽は、次々と変幻自在なシラットの技を行使する。
弟子級と言えど、ジュナザードの戦闘スタイルを受け継いだ美羽の力はリミをはるかに上回った。
『ジュナザードの技でリミを圧倒する美羽』


しかし、リミは静動轟一を使用する事で、美羽との実力の差を埋め合わせる。
激しい猛攻の末に打ちのめされる美羽だが、リミは静動轟一のタイムリミットにより心身にダメージを受け倒れる。
美羽は自身の活人拳に限界を感じるが、リミは拳聖により限界寸前で静動轟一を収められていた。

~「久遠の落日」~(56巻)
"闇"との決戦の為、新白連合と共に"闇"の基地へ向かう美羽。
風林寺 砕牙の命を受けた鍛冶摩 里巳により"闇"の基地へ案内された美羽と兼一は、他の新白連合メンバーと違い、すんなりと基地へと潜入する事ができた。
しかし、鍛冶摩はさらに穿彗からの命令を実行しようとする。
砕牙の命令は侵入者を基地に案内する事だったが、穿彗の命令はその侵入者を排除する事だったのである。
美羽は鍛冶摩の側近である暗鶚衆の女性二人を相手に戦う事になった。

暗鶚衆二人を相手にさすがに苦戦を強いられる美羽だが、動の気を開放した美羽は二人の実力をはるかに上回っていた。
拳魔邪神さながらの手足を同時に用いた強力な攻撃で、美羽は暗鶚衆の二人を同時に撃破したのである。
その時、目の前に現れた男こそ風林寺 砕牙に扮した穿彗だった。
鍛冶摩 里巳から一影と呼ばれる穿彗を砕牙と誤認した美羽は、我を忘れて穿彗に襲い掛かる。
美羽は自身の記憶から、母を殺害した人物が父・砕牙であると考えていたのである。
穿彗は美羽の命を惜しみながらも、落日に仇なす存在として始末しようとした。
しかし、それを食い止めたのは岡本だった。
岡本の正体は風林寺 砕牙だったのである。同時に、今まで砕牙として動いていた男が暗鶚衆の長・穿彗である事も暴かれた。
砕牙により、穿彗こそが静羽の仇である事を伝えられた美羽は、穿彗との決戦に臨む父の姿を見守るのだった。

~「エピローグ」~
めでたく兼一と結婚し、娘をもうける。

【技】
鏡飆風切り羽
台風鈎
飆移風切り羽
風林寺 合わせつぶて
風林寺 霞隼
風林寺 光鵬翼
風林寺 逆さ白頭鳥
風林寺 断空翼断蹴り
風林寺 千切燕
風林寺 紅川蝉

【戦闘録】
??? ???


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。