馬 剣星

なぜ世界はただもっとエロく、平和でいられないのか・・・
初登場 1巻7話 年齢 42歳
所属 梁山泊 誕生日 3月21日
異名 あらゆる中国拳法の達人 身長 158cm
使用武術 中国武術全般 体重 53kg
武術タイプ 趣味 写真
弟子 白浜 兼一 好きな物 美女
武術位階 特A級の達人級 嫌いな物 カタツムリ
将来の夢 何の束縛もない自由な世界へ行きたい

【概要】
梁山泊の豪傑が一人。
一影九拳の一人、馬槍月の弟。
中国の巨大武術組織・鳳凰武侠連盟の元総帥。
のぞきと盗撮が趣味のエロ親父だが実力はピカイチ。
男性が相手だと真っ当に戦うが、女性相手だともっぱら衣服を剥ぐ馬家 縛札衣をメインとしている。
美しい女性が相手ならその実力は100%以上に発揮され、特A級の達人級さえ容易に戦闘不能に陥れる。同じ梁山泊である香坂 しぐれさえ本気になれば容易に捕縛してしまうほどなのだ。
ただし、女性に対しては捕縛以上の事はしない為、拘束を解かれるとすぐに戦線復帰を許してしまう欠点もある。

生まれつき身長が低く、体格の不利を補う修練を積んでいる。
現在はハゲおやじだが、かつてはまるで少女と見紛う容姿をしており、「作中で最も美しい男性」は少年時代の剣星とされている。
その容姿から、性別を問わず星の数ほどの告白を受けており、恋愛も数え切れないほどしたというが、現在は妻の尻に敷かれている。
公式ガイドブックによれば妻と出会ったのは剣星がはげた頃とされているが、連華の年齢から逆算すると20代後半にはハゲていたことになる。
『17歳の剣星』

【戦闘力】
あらゆる中国拳法を極めたと言われ、多種多様な流派の技を使いこなす他、馬家独自の技も習得している。
その実力は"剛の槍月"と"柔の剣星"と言われる通り、兄馬 槍月と互角。
生来体が小さかった為、若い頃から鍛えてきた寸剄を得意としている。
その体の小ささ故に身のこなしは非常に軽い。
また、その肉体は硬功夫により見かけからは想像できない強靭さを誇る。
また、彼個人の特性として胸の揺れる音を正確に聞き分ける事ができる為、相手が女性であれば例え気を隠していてもすぐに居場所を見つけられる。

スケベな性格ゆえに美女が弱点。
そばに美女がいると一影九拳との戦闘中でさえそちらに気をやり隙を見せてしまうほど。
一方で、対戦相手として最も得意としているのも美女である。
衣服を奪う事への執着により、普段とは比較にならない程の圧倒的な身体能力を発揮する事ができるのである。
久遠の落日では八煌断罪刃ミルドレッド・ローレンスマーマデューク・ブラウン保科乃 羅姫一影九拳櫛灘 美雲等、最強クラスの女性達人が参戦していたが、彼によって例外なく全裸にされてしまっており、彼が脱がせない女性はこの世に存在しないと言える。

【本編】
~「兼一、梁山泊へ」~(2巻)
美羽の勧めで梁山泊に通う事になった兼一。
兼一を指導する秋雨に剣星は、拳法から入り柔術で敵を仕留める達人の育成を提案する。
秋雨は剣星の提案に興味を持ち、さらに弟子を持った事がないアパチャイも加わり史上最強の弟子を生み出す計画が始まる事になった。


~「中華街の戦い」~(8巻)
深夜に外出する剣星に気付いた兼一。
兼一は密かに剣星を追跡する。行きついた場所は横浜の中華街だった。
剣星は兄・馬 槍月の情報を知る為に、逆鱗飯店を営む叔父・馬 良を訪ねたのだった。
しかし、そこに剣星の娘・馬 連華が現れた。
連華は鳳凰武侠連盟を放り出した剣星を中国に連れ戻そうとしていたのである。
剣星は連華から逃走したが、剣星を追った連華と兼一は中華街を走り回り、偶然にも馬 槍月と対面した。
槍月に挑み殺されかける連華を剣星は紙一重で救出する。
再会した兄弟は互角の戦いを繰り広げるが、仲間と切磋琢磨してきた剣星と孤独の道を歩んだ槍月の差は大きかった。
剣星は槍月を打ち倒し、槍月は敗北を認め、自ら燃え盛るビルの中へ残りその消息を絶ったのである。


~「赤羽刀を巡る戦い」~(39巻)
戦後、GHQから日本へ返還された4576本の日本刀・赤羽刀。
武器不足に陥った武器組は赤羽刀を狙っているという情報を入手した梁山泊は、岬越寺 秋雨が計算した、武器組による襲撃確立の高い美術館に潜入した。
剣星が見張っていた場所に現れたのは多くの弟子を引き連れた闇の弓術家であった。
弟子を同伴する弓術家に高い実力を感じ取った剣星はまず弟子を馬家 縛札衣で戦闘不能にする。
矢を放てない距離にまで近づいた剣星だったが、弓術家は弓を武器とし剣星に応戦する。
剣星は反撃を受け額に傷を負うが、意地で馬家 縛衣札を放ち勝利を収めるのだった。


~「久遠の落日」~(59巻~)
梁山泊の最終決戦が始まった。
逆鬼秋雨アパチャイとの連携攻撃梁山泊 無限陣により一影九拳と八煌断罪刃を圧倒する剣星。
アパチャイの蹴りによって闇の陣営へ飛び込んだ剣星はミルドレッド・ローレンスに直行。
死角を取った剣星は彼女のビキニを口で奪い去り、一同を唖然とさせる。
しかし、剣星の攻撃はそれだけではなかった。ビキニを奪うのみならず、彼女の弓までも粉々に破壊していたのである。
これによりミルドレッドは早々に一時戦線離脱を余儀なくされたのだった。


次の獲物として断罪刃の薙刀使い・保科乃 羅姫を狙う剣星。
しかし、それをマーマデューク・ブラウンが阻む。
巨大な鎧からマーマデュークを男性と思い込んでいた剣星だったが、激しい戦いによる衝撃によって鎧の中から剣星の耳にある音が届いた。
剣星はマーマデュークの鎧の中で揺れる、胸の音に気付いたのである。
女性と気付くやいなや剣星はマーマデュークから鎧を奪取し下着姿に変えた。
さらに、その数瞬後にはその下着さえも奪い去る剣星の姿があった。

セロ・ラフマンアーガード・ジャム・サイ馬 槍月が裏切り決着が近づく。
断罪刃は心刃合練斬を使用し、緒方 一神斎静動轟一により身体能力を強化。
櫛灘 美雲櫛灘流 千年投げにより彼らを強力に援護する。
剣星は戦いの中で遂に保科乃 羅姫を縛札衣の餌食とした。

その頃、基地ではの長・風林寺 砕牙が活人拳の勝利を認めていた。
久遠の落日の首謀者である一影・穿彗が倒れたのである。
穿彗と共謀していた美雲は気の炸裂させその場から逃亡を図った。
誰もが美雲を見つけ出せない中、剣星は耳を研ぎ澄ます。
直後、剣星は逃亡中の美雲を捕えると、馬家 極縛札衣の餌食としたのだった。
衣服を全て奪われた美雲は舌打ちし海へと転落していった。
剣星は美雲から奪った衣服を戦利品として嬉しそうに持ち帰るのだった。

【技】
馬家 縛札衣
馬家 極縛札衣

【戦闘録】
8巻・68~69話 馬 槍月 勝利
42巻・388話 岬越寺 秋雨 勝利(ジャンケン)
42巻・390話 イザヨイ 勝利
58巻・557話 "闇"軍(梁山泊と共闘) 勝利
59~60巻・558~568話 一影九拳&八煌断罪刃(梁山泊、紀伊陽炎、久賀舘弾祁と共闘) 中断
60~61巻・569~582話 一影九拳&八煌断罪刃(梁山泊、アーガード、セロ、槍月と共闘) 櫛灘 美雲に勝利



昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。