逆鬼 至緒

初登場 1巻7話
所属 梁山泊
異名 ケンカ百段
使用武術 無天拳独流空手
武術タイプ
師匠 ???
弟子 白浜 兼一
武術位階 特A級の達人級

【概要】
梁山泊の豪傑が一人。
一影九拳の一人、人越拳神・本郷 晶とは空手最強を二分するライバル同士。
相当な自信家であり、梁山泊では風林寺 隼人を除けば最強を自負している。

【過去】
逆鬼は"闇"真流空手の一つ、無天拳独流空手の達人に師事する闇人候補生の一人であり、同じ"闇"の流れを汲む空手使いだった本郷とは積年のライバル関係にあった。
また、同じく"闇"入りを目指す青年・鈴木 はじめと共に三人で多くの仕事をこなしてきたのである。
しかし、”闇"が若き3人の達人に提示してきた条件は「他の2名を殺害し、生き残った者を新たな闇人とする」という事だった。
誰よりも"闇"入りにこだわるはじめは病により残りわずかな命を2人にぶつけた。
逆鬼は決してはじめと戦おうとはしなかったが、はじめの意志を汲んだ本郷は全力を持ってはじめを殺害する。
怒りに満ちた逆鬼は、はじめを殺した本郷に挑みかかり、その中で初めて活人拳として覚醒する。
戦いは相打ちに終わり、活人拳と殺人拳、二人の新たな長い戦いが幕を開けたのである。
『かつては"闇"への加入を目指していたが、最後に選んだのは活人拳だった』


【技】
不動砂塵爆
白刃流し
胴廻し十字蹴り

【戦闘録】
??? ???


昨日 - 今日 - 合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。