オニドリル

           
  • タイプ:ノーマル/ひこう
  • 分類:くちばしポケモン
  • 高さ:1.2m
  • 重さ:38kg
  • 特性:するどいめ
             (命中率を下げられず、相手の回避ランク上昇も無視する。
                 手持ちの先頭にするとレベルが5以上低い野生ポケモンの出現率が半減する)
  • 隠れ特性:スナイパー(急所に当たった時のダメージが1.5倍~2.25倍に増える)

オニドリルの なわばりで たべものを もって あるくのは キケンだ。
あっという まに かっさらわれるぞ。

+ 担当声優
石塚運昇
1997年アニメ版
伊崎寿克
『ルギア爆誕』
小西克幸
『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一匹。
第一世代から登場している古株。オニスズメがレベル20になる事で進化する。

名前の由来は「」+「ドリル」と思われる。
その名の通り、「ドリルくちばし」と「ドリルライナー」を習得できる。さすがにつのドリルは無い

大きな翼を持ち、1日中飛んでも平気なスタミナを誇る。
上昇力も高く、危険から逃げる時や急降下攻撃等、攻守両方得意。
アローラではさかなポケモンを捕食している。

こと対戦環境においては最序盤に出てくるひこうタイプのポケモンということで大して強くはない。
同じく序盤鳥として肩を並べていたはずのピジョットは赤緑バージョンのライバルの相棒として名を馳せていき、
他の歴代チャンピオンの相棒と一緒に配布ポケモンになったり『X・Y』では晴れてメガシンカの姿まで披露したが、
当のオニドリルは環境をひっくり返せるほどのテコ入れもなく、
新作が出るたびに現れる序盤鳥ポケモン達に埋没してしまったのが現状である。
この不遇な扱いから「オニドリルはなぜこんなにも冷遇なのですか?」という質問が、
何故かKONAMIの『パワプロクンポケット11』公式サイトの質問コーナーに寄せられた事も……。
しかも「ドリルくちばしは使えるよね。遺伝用に一匹は作っておくでしょ?」と酷いけど間違っていない回答をされている。

+ メディアミックスにおける活躍
アニメでは基本的に悪役として登場。
特に無印編第81話ではマサラタウン付近のオニスズメの群れのリーダーの個体が物語に大きな影響を与えており、
ポッポやピジョンの群れを激しく追い立てて、サトシのピジョンが進化したピジョットに敗れたものの、
疲弊してなおサトシがゲットしようと投げたモンスターボールを弾くほどのタフネスと執念深さを持っており、
撃退こそしたがまた襲撃してくる可能性があったため、今後もポッポ達の群れを守らせるために、
最古参のメンバーであったピジョットをサトシが一時的に手放す大きな原因を作った。
余談だが、このオニドリルは1話でサトシとピカチュウを襲ったオニスズメが進化した個体である。


原作中の性能

HP:65
攻撃:90
防御:65
特攻:61
特防:61
素早さ:100
合計:442

散々な書き方をしたが、攻撃と素早さは平均(80)は越えており、アタッカーとして最低限の性能は持っている。
また、初出の第1世代では「かぜおこし」が何故かノーマル技な上に、ヒトカゲ系統は「かえんほうしゃ」を覚えるのが遅いこともあり、
最初から「つつく」を持ち「ドリルくちばし」を早期取得可能なオニスズメ系統はくさ・むし対抗の攻略要員には適していた。

問題だったのは、同期のドードリオはアタッカーとしてオニドリルの上位互換の性能だった事、
ピジョットがライバルが使ったりアニメでピジョンをサトシが使ったりしたせいで、
ユーザーからの人気が高かった影響からか、世代を経て順当に強化されて不遇枠から脱却した事、
何より後の世代でムクホークやウォーグルなど対人戦でもっと強い連中が台頭してきたことにある。
……一応原種カモネギだけには種族値的には優っていたのだが。
そして大抵の物理型がリスクはあるが高威力な「ブレイブバード」を主力にしているのに対して、
オニドリルの主力技は威力80の「ドリルくちばし」か溜め技の「ゴッドバード」であり、
技の部分で火力不足が浮き彫りになりがち。

他の序盤鳥やノーマル・ひこう複合に無い強みとして隠れ特性「スナイパー」が挙げられるが、
確定急所を起こすには「ピントレンズ」を持たせて第七世代で取得した「きあいだめ」を使用する必要があり、
低耐久のオニドリルにタスキを持たせずにどうやって積のかという問題が出てくる。
ノーマル・ひこうには珍しいじめんタイプのサブウェポンかつ急所に当たりやすい「ドリルライナー」ならば「きあいだめ」だけで急所確定だが、
それなら「つるぎのまい」で積めるドードリオや「すてみ」で火力を上げたムクホークの方が使い勝手が良い。

このように最後に登場した第七世代までの性能ではどうしても何かの下位互換という評価をせざるを得ず、
オニドリルは対人戦用ではなく、攻略で主力を入手できるまでの繋ぎのような立ち位置を余儀なくされている。
大真面目にオニドリルに実用性を持たせるのなら、「ひこう版物理りゅうせいぐんorオーバーヒート」のような技が出れば、
確定急所でスナイパー込み&能力低下無視の大技を連発するような、他の飛行ポケモンには難しい戦法はできるかもしれない。
もしくは、身も蓋もない話だがリージョンフォームが出るのを待とう。


MUGENにおけるオニドリル

Joey Faust氏によるキャラが存在する。
単体ではなく、氏が製作しているコンプゲーのキャラとして公開されている。
入手するにはキャラパックごとDLする必要があるのだが、解凍前で2GB以上という尋常でないサイズなので注意。
操作性は6ボタン方式。
必殺技ゲップ音と共に謎の光弾を放つ飛び道具がある。
簡易的なAIがデフォルトで搭載されている。
紹介動画(公開サイトへのリンク有り)

出場大会

  • 「[大会] [オニドリル]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年12月08日 14:11