ルーデウス・グレイラット


小説投稿サイト『小説家になろう』で連載され、KADOKAWAのMFブックスから商業化された、
理不尽な孫の手氏作の小説『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』の主人公。
アニメの担当声優は 内山夕実 女史。アニメ化前のドラマCDでは 下野紘 氏が声を当てていた事もある。

親しい者達からの愛称は「ルディ」。
元は学生時代に不良から虐められてヒキニートと化した現代日本の男(CV: 杉田智和 *1)であったが、
両親の葬式にも出なかったため堪忍袋の緒が切れた兄弟に家から追い出された*2所で、
学生達を庇いトラックに轢かれて死亡した末に舞台となる「六面世界」へ転生。
アスラ王国フィットア領ブエナ村に住む父パウロと母ゼニスの息子として新たな生を受けた。

前世の享年34歳の人格を保ったまま転生しているため、精神的には両親よりも年上だが、
前世では引きこもりを続けていたため対人経験や社会経験が未熟であり、
さらに生まれ変わってなお前世での経験が根深いトラウマとして残っている。
それ故に自己評価が過剰に低く自分を卑下し過ぎる卑屈な一面や、一度挫折すると1人では中々立ち直れない心の弱さも持っている。
転生してからも5歳になるまでは前世のトラウマから家の敷地より外に出られなかったが、
家庭教師のロキシーに半ば無理やり外に連れ出されてようやく克服した程。
なお、性格に関しては後悔やトラウマだけではなく転生した肉体の年齢や遺伝子に引っ張られる形で影響を受けており、
魂だけの状態になると前世の性格に戻ってしまう。
後述のアニメでも、魂だけの状態では前世の姿のままだった。

前世で家族に迷惑をかけた事を反省しながら、ロキシー、シルフィエット、エリスら様々な人との出会いや交流を経て成長していく。
しかし、10歳の誕生日の翌日に起きたフィットア領転移災害を機に、壮絶な運命に身を置く事を余儀なくされる……。

桁外れの魔力と無詠唱魔術を備えており、並の冒険者よりも強い。
剣の腕前は剣神流中級。ルーデウスは闘気を纏えない体質であり、剣術の適性は低い。*3
また、転移事件後に魔界大帝キシリカから魔眼「予見眼」を授かっており、近い未来を見ながら戦う事ができる。


『無職転生』作品概要

「異世界系」及び「なろう系」を流行させた最初期の作品である『ログ・ホライズン』に次いでヒットした異世界系作品にして、
異世界転移である『ログホラ』とは似て非なる、なろう系「異世界転生」のパイオニア的な作品。
連載されてから2019年初めまで『小説家になろう』の累計ランキングで長年の間1位の座を保っていた、
小説家になろう出身の作品の中でも屈指の人気作にして代表作でもあり、その後のなろう系作品や異世界転生の流行にも大きな影響を与えている。
2021年よりアニメ化もされており、制作に当たったスタジオバインドは本作の制作のためだけに立ち上げられたアニメスタジオである。
後に同アニメスタジオは無職男がTSFするアニメを制作したため、こっちは「無職転性」とネタにされる事に

ルーデウスは間違い無く作中世界では優れた存在だが、本作では「無職」をはじめとして「人間不信」「家族との不和」などの前世のトラウマを抱えた主人公が、
チートや俺TUEEEだけではどうにもならないトラウマや苦難と向き合い、時に失敗したり他者の過ちで傷付いたりしながらも、
一つ一つ乗り越えながら成長していく事が物語の主軸となっている。
そのため、「ルーデウスの半生を追う大河ドラマ」と評される事も。


MUGENにおけるルーデウス・グレイラット

sanji_66氏製作の『JUS』風ドットを用いたMUGEN1.0以降専用のちびキャラが公開中。外見は幼年期準拠。
剣を用いた近接攻撃だけでなくパンチによる吹っ飛ばし攻撃や、魔法による飛び道具も備えたオールラウンダーな性能をしている。
超必殺技では200ヒット近い広範囲攻撃を放つ。
AIもデフォルトで搭載済み。
DLは下記の動画のコメント欄から

出場大会

  • 「[大会] [ルーデウス・グレイラット]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
アニメ版では「前世の男」でクレジットされており、
またルーデウスに転生後の心の声も(内山女史ではなく)杉田氏が一貫して担当している。

*2
書籍化に伴って削除改定されたが、WEB版ではそれに加えて幼い姪の風呂場入浴を盗撮しており、
それをオカズに自家発電していた事が兄夫婦の逆鱗に触れ、制裁を加えられた末に家を叩き出されている。
転生後も(魂的には義母とはいえ)実母からの授乳、実父とメイドの逢瀬、家庭教師の自慰などに興奮し通し、
家庭教師の下着を御神体などと称して盗んで隠し持ち、実の妹達を調教して自分のハーレムにする光源氏計画を立てる一方、
やはり削除された番外編で妹がまだ幼いルーデウスの長男と駆け落ちしてしまった事を知ると、前世の行いやかつての自分の計画を棚上げして反発するなど、
「転生して真面目に生きようと決意した所でその性根はどうしようもないクズのまま」という事は度々描写されている。
そのどうしようもない人間が、様々な異世界の事情や事件に翻弄されながら、それでも必死に生きていこうとするのが本作の主題である。
まあ離散した一家を必死に探す父親を賊と勘違いして、女の子の下着被って恩人の名を騙って襲撃するのは、
そりゃ親父も激怒して当然なくらい擁護のしようもないが

*3
「剣神(剣神流のトップ)>剣帝(剣神流の帝級)>剣王(剣神流の王級)>剣聖(剣神流の聖級)>剣神流上級>剣神流中級>剣神流初級」という序列。
剣神流は攻撃と速度を重視した剣術の流派であり、剣聖以上の剣神流剣士は光速の斬撃技である「光の太刀」を使える。

ルーデウスは「剣神流中級」以外にも、カウンターと防御重視の「水神流」という剣術の流派も学んでおり、こちらは「水神流初級」。
なおルーデウスに剣術を教えた父パウロは、剣神流と水神流以外に「北神流」という剣の流派も修めており、「剣神流上級」&「水神流上級」&「北神流上級」。
奉公先でルーデウスとエリスに剣術を教えたギレーヌは「剣王」。転移事件時のエリスは「剣神流上級」である。
その一方、魔術は師匠であるロキシーから聖級の水系統魔術を伝授されているため、ルーデウスも「水聖級魔術師」を名乗れる。


最終更新:2024年04月17日 14:17