宮沢鬼龍


「そして自己崩壊が始まる」

猿渡哲也氏の漫画『タフ』シリーズの登場人物。名前の読みは「みやざわ きりゅう」。
主人公であるキー坊こと宮沢熹一の父(実際は違うが)・静虎の双子の兄で、同シリーズのラスボスを務める。
コナミから発売された格ゲー『TOUGH DARK FIGHT』での声優山崎竜二でお馴染み 石井康嗣 氏。
キー坊役の岩田光央氏とは『KOF2002』『2003』でも共演してたり。

「地上最強のモラリスト」と称されるほどに温厚で人格者な弟の静虎とは対照的に、傲岸不遜、傍若無人を体現するような男。
社会のあらゆる規律やルールを軽視し、ただ欲望のままに行動すると共に人を傷つけることを何とも思わない冷酷さを持ち、
「人間が神を創った」としてキリストやブッダ等といった神々を冒涜する。
いかなる相手を前にしても尊大にふるまい、その強さは大国の大統領ですら怖れと共に敬意を抱くほど。
オールバックと顔面の一本傷が特徴で、顔立ちは静虎と酷似している。通り名「怪物を超えた怪物」「悪魔を超えた悪魔」「弱き者」*1おじさん
彼もまた灘神影流の使い手であり、守りを得意とする静虎に対して攻撃を得意とする事から「攻めの鬼龍」とも呼ばれている。
また、百万人に一人の武術家が持つという特殊な足・「龍腿(ドラゴン・フット)」の持ち主。
意外と多くね?とかツッコむのはルールで禁止スよね?
IQ200の天才的頭脳を誇り絵画やピアノなども嗜んでおり、幼少期からフリードリヒ・ニーチェの著書を愛読していたり、
心理学等といった難解な本を読み漁っていたらしく、弟の静虎から「活字中毒者」「昔から本さえ与えておけば大人しかった」などと言われていた。
絵画に関しても特にパブロ・ピカソの「ゲルニカ」を批判し認めない所も。画力は子供に笑われるほど壊滅的だったが
株やFXへの投資も趣味としており、総資産はドナルド・トランプ元大統領の41億円を遥かに上回る500億円にのぼる。
ドルじゃねーのかよ!というツッコミは禁句猿漫画ではよくある事

かなりの性豪であり、前述した大統領の娘も含めた世界中の女性に自分の子供を産ませており、
その中にはエドガード・C・ガルシア、マーシオ“ジェット”内藤、長岡龍星などキー坊と激戦を繰り広げた格闘家も多い。
父親らしい素振りを見せる事はほぼなく、結婚する気もないので育児も子供の母親に一任している。
当然子供達からは酷く恨まれており、龍星に至っては「病的なほど自己中心的でまわりにいる者に災厄と不幸をもたらす最低なクズ」と吐き捨てる程。
ククク...ひどい言われようだな まぁ事実だからしょうがないけど
ただし自ら関係を持った女性との子供にはそれなりの愛情を見せており、
大統領の娘とその子供には仕事の報酬を「養育費」と称して与えたり、母を亡くして孤児となったジェットに素性を隠した上で格闘術を教えたりしている。
一方で精子提供によって生まれたガルシアやそのクローンに対しては「愛情などあるわけがない」という態度を貫いている。
また『龍を継ぐ男』では「バースト・ハート」と呼ばれる重度の心臓病を患っており、
更にこの病気が鬼龍の子供全員に遺伝してしまっている事が後付けを超えた後付けで判明した。

殺人拳の使い手らしい冷徹な性格だが女子供には優しく、第三部『TOUGH 龍を継ぐ男』では動物園のゴリラの檻の中に落ちた子供を救助した事もある。
その事が後述の悲劇に繋がってしまうのだが……
好物は宮沢家と疎遠になる以前は「鰹節の握り飯」だったそうだが、現在は経済的に裕福な生活を送っているためか、
宮沢家の庶民的食卓を「相変わらず貧しい献立だ キャビアは無いのか?」と開口一番罵倒した他、
「今は白トリュフをたっぷりふりかけたキャビアの握り飯が好物なんだよ」と述べている。
それ美味しいんスか…?多分鰹節の握り飯が好物だった頃を持ち出されての軽口返しなんだろうけど

+ そんな鬼龍の初登場時シーン
IQ200とかには全然見えない言い回しなんスけど、いいんスかこれで…

+ 動物園だ ゴリラが目の前にいる
子供の救助には成功したが、直後にあろう事か「勘違いするなよ。一度こいつと戦ってみたかっただけだ」と、
一昔前のテンプレツンデレのようなセリフを吐きながらゴリラに蹴りを食らわすという奇行に走る
(明らかに救出した子供の母親に感謝された事への照れ隠しなのだが…あまりにも脈絡が無いと言わざるを得ない)。
だが、ゴリラはびくともせず逆に一発で腕の骨を折られKO、逆さ吊りにされてしまった。
○○の王者的な二つ名を持つ強力なゴリラとか見た目がゴリラなだけで強力な異能を持つとかでもなく、
一般的な動物園で飼育されていた正真正銘の普通のゴリラ相手にである。
「ゴリラを本気で怒らせたのがまずかったかな」と当人は足を持ち上げられながら言うが、
その後握られた左足を起点にあちこち振り回され壁や地面に叩き付けられ、
あろう事かナレーションからも「ゴリラは怒ってなどいない 玩具を与えられた幼児のように破壊して遊んでいるだけだ」とダメ押しされる始末。
仮にもかつてのラスボスがゴリラに敗北するという猿展開を超えた猿展開…否ゴリラ展開に読者達は度肝を抜かれたのであった。
どっかの格闘漫画ラスボスとかはホッキョクグマぶっ倒してるのに
この展開に一番戸惑っているのはマネモブなんだよね

その後2話にも亘ってゴリラの玩具にされた挙句、敵のボスに救助されるという醜態を晒し、
さらには「あんたは相当強いよ、きっと昔はね」と年齢を重ねて衰えている事実を指摘されるのであった。
鬼龍をボコってた時と比べてゴリラが明らかに縮んでいる事は言うな。ワシは今メチャクチャ機嫌が悪いんや
……これでも連載初期はあの地上最強の生物と双璧をなしていたんですよ?
怒らないでくださいね。弱いだけの元ラスボスってバカみたいじゃないですか


MUGENにおける宮沢鬼龍

               
なんと古参製作者のですからー氏による、自作の3Dモデルを用いた鬼龍が2024年5月に公開された。
氏がマネモブだった事に衝撃を受けた人々も多いだろう。
「霞突き」や「呪怨」といった灘神影流の技を一通り備え、ボイスも『DARK FIGHT』のものが使用されている。
AIは8段階に調整可能なものがデフォルトで搭載されている。
解説動画を見ろ… 鬼龍のように
プレイヤー操作(旧モデル)



「おめでとう!お前は立派な"殺人者"になった…
 "殺人"を目的とする灘神影流継承者にふさわしい男になった…」

出場大会

  • 「[大会] [宮沢鬼龍]」をタグに含むページは1つもありません。

プレイヤー操作

実況付きP操作 Tarie配信(533キャラ目操作キャラ)


*1
鬼龍が入院する病院を敵集団が訪れた際に付けられたアオリ「弱き者から狩る。 第2のターゲットは…鬼龍…!?」が元ネタ。
本編中に直接言われたわけではないのだが、これ以後醜態を晒しまくっているためすっかり「鬼龍=弱き者」で定着してしまった。
ちなみに、病院を訪れた敵は「病院で戦ったら迷惑(意訳)」という極めて常識的な理由で去って行ったため戦う事は無かった。
……なのにこの後鬼龍から高速道路で闘いを仕掛けて敗北した挙句車に轢かれるので弱き者扱いも当然っスね。忌憚のない意見ってやつっス


最終更新:2024年06月19日 09:12