日野森あずさ





「おはよう。それじゃ、さようなら」


 身長:157cm
 スリーサイズ:B83,W58,H85(推定)
 誕生日:7月1日
 血液型:O

カクテルソフト(現・F&C)が1997年に発売した18禁ゲーム『Piaキャロットへようこそ!!2』シリーズの登場人物であり、同作品のメインヒロイン。
後に非18禁化されてセガサターン(18才以上推奨)やドリームキャスト(全年齢)にも移植されている。
CVは長崎みなみ女史。

メイドではなくウェイトレスである。
下記『Party's Breaker』でも使用された「メイドタイプコスチューム」が一番人気な事から原作を知らない人だと勘違いする事もあるが、
あくまでもゲーム開始時に選べる3種類の制服(他はアイドルとスク-ル)の内の一つに過ぎない。

ファミレス・Piaキャロット2号店の店員(当初は夏季アルバイト)。同店では妹も働いており、ウェイトレスとしては妹の方が先輩だったりする。
主人公である前田耕治との出会いは、ゲーム・OVA問わず「激突した上に胸を触られる」というラブコメのお約束スゴいもの
(続編的存在である『2.2』でも同様の事をしている)。
そのあと口論になった上主人公が余計な事を言った事もあり、ゲーム序盤は主人公との関係は最悪状態。
本来は素直な性格なはずだが、何かと突っかかってくる。
冒頭の台詞も主人公に対する朝の挨拶である(同僚として挨拶だけはするが、それ以上は話したくないと言う事)。
喧嘩する仲から恋仲になる、まさしくラブコメの王道キャラと言えよう。
そしてエロゲーのメインヒロインにも拘らず、 Hするとバッドエンド というエロゲーにあるまじきキャラ。
最近はそういう例も増えたが、当時としては有り得ない事で当然大不評だった。
(先に彼女に惚れた親友を裏切った(応援すると言っていたのに隠れて寝取った)としてのハズレルート扱いであり、
 まずは筋を通せ(彼女に惚れた事を親友に宣言して一発殴られろ)と言う話になっている)
正史では何だかんだで結局耕治と付き合う事になり、その後のシリーズでも揃って顔を出している。

余談だがメイド喫茶ブームの火付け役は、期間限定で東京キャラクターショーとゲーマーズで開店した本作をモチーフとした喫茶店である。*1
実はこれ以前にも制服が話題のファミレスがあるにはあった。
と言うか本シリーズはその人気を受けて作られたもので『1』や『3』だと、まんまな制服が存在する。
そしてよりにもよってセガサターン版『2』の製作発表が行われたのは前者(『1』のネタ元)のファミレスである
(実は、他のファミレスは全て断られたのだとか)。


『Party's Breaker』での性能


「でも、世話係の苦労は三倍でしょうけど。まあ頑張ってね~。」

メジャータイトルのメインヒロインという事で、SNKにおける草薙京のような看板的立ち位置に置かれる事もある。
それを反映して、同人格闘ゲーム『Party's Breaker』に事実上F&Cからの刺客として最終戦後に乱入する
(『こみっくパーティー』との絵師繋がりというネタでもある)。
登場条件は「難易度ナイトメア以上、7人目(郁美)戦勝利時に累計パーフェクト勝利数がラウンド設定数×2以上」という凄まじいものだが、
それを満たしてもあずさ本人の必殺技性能は鬼である。
通常時は2枚、EXともなるともはや流星群と化す枚数の斬空波動拳(おまけに反射する)「トレイ投げ」、
発射後にファンネルの如く相手を自動的に攻撃しEXだと攻撃回数が5回に及ぶ「フォーク投げ」、
リーチは短いが16ヒットする高火力&ゲージ回収技「コーヒーこぼし」と通常必殺技からして対処が困難。
さらに1ゲージ消費式のサイクバーストである「バリヤー」(MUGENでのセルのものに近い)により鉄壁の防御も持つ。
3ゲージ消費の大技デルタエンド「デルタアタック」は当然のごとく超火力であり、直撃を食らおうものなら死が見える。

なお、渡辺製作所作品には珍しく、あずさは通常ではプレイヤーが使用出来ないCPU専用キャラである。
何気に『MBAA』が出るまでは唯一のCPU専用キャラだったので、歴史的には貴重…なのか?
+アレは嫌な事件だったね…
実際の所、渡辺製作所があずさの情報や使用可能パッチを公開する前に使用可能にした改造パッチがばらまかれてしまい、
これに怒った開発側は永久にあずさ解禁パッチの公開停止・『Party's Breaker』自体の開発終了に繋がるというあんまりな事情があったりする。
解析がしやすいPCゲームではよくある事とは言え、「製作元に迷惑をかけてはいけない」という当たり前の事を常々忘れてはならない。


MUGENにおける日野森あずさ

+yuki氏製作
  • yuki氏製作
エルクゥの製作者として有名なyuki氏によるもの。
イニシアチブダッシュこそ無いものの相殺などは搭載されており、原作に近い完成度を誇る。
infoseek無料HPサービス終了後の移転に伴い長らく公開停止されていたが、
2016年7月に氏がブログを移転し復帰、再公開された。

+ミル氏製作
  • ミル氏製作
infoseek無料HPサービス終了に伴い、現在は入手不可。
「デルタアタック」が未搭載など再現されていない部分も多いが、
AIがデフォルトで搭載されているため、ニコニコMUGEN黎明期の大会でもトレイとフォークを投げまくって場を荒らし、好成績を残している。
その活躍もあって「鬼畜ウェイトレス」と呼ばれて恐れられたりもした。
フォークを投げまくる鬼畜ウェイトレスの図

の人」ことel氏によるAIパッチも存在していたが、こちらも現在は入手不可。
このAIは大会動画禁止(ストーリー動画は可)になっていたが、
「迷惑を被る方がいないか、人目に曝すことによって気分を害する方がいないかに注意をしてくれれば、今後自由に使って頂いて構いません」
との事。


だかだか知らないけれど、調子に乗ってると痛い目見るわよ」

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー



*1
ただし(エロゲ業界内での)メイドブームはブラックパッケージの『殻の中の小鳥』が火付け役と言われている。
本作の功績はメイドブームを「エロゲをやらない層」にも広めたと言う事である。
と言うのも『殻の中の小鳥』は(メイドと言う名の)娼婦育成ゲームであり、非18禁化は不可能だったため。


最終更新:2021年01月18日 10:04
添付ファイル