ライラ・エスタンシア





「シャイニンッ!!!!」





 「オマエ 弱イ。

                              森デハ生キラレナイ」

プロフィール
名前:ライラ・エスタンシア (Rila Estansia)
出身:ブラジル
格闘スタイル:我流
年齢:不詳
身長:?cm
体重:?kg
性別:女

ビスコがリリースしたアーケード格闘ゲーム『ブレイカーズ』シリーズの登場キャラクター。
ブラジルの部族「女傑族」の少女で、ジャングルでの狩りを生業としている。
キャッチコピーは「森を愛する ワイルド・ハート」
ちなみに年齢は設定上は14歳だが、本人が自分の年齢を把握しておらず、外見も14歳に見えないので不明となっている。

ある日、獣が吠えず鳥も鳴かないというジャングルの異常を感じ取り、
村に帰ると族長から「東に大地の和を乱す影の主がいる。聖霊がお前を導くだろう」と告げられ、
苦労の末に東の地まで辿り着き、事情も分からぬままFISTに参加することになる。

上記のように、設定はチャムチャムっぽいが、ストーリーはナコルルに近い。
外見や挙動は可愛い女ブランカといった感じで、高めのハスキーボイスがよく似合う野性の女の子
でも垂直ジャンプ小Pの「キャッ」という声はかわいい。

格闘スタイルは、狩りで培ったスキルを使用する「我流」。
体当たり、爪による引っ掻き、噛み付きなど野生度の高い技を使用してくる。
また、獣に変身して跳びかかる「シャイン・ビースト」という必殺技を持っていたり、勝利ポーズで完全に獣に変身したりする。
さらにマハールに対する勝利時のセリフが「ウマソウナ奴ダ」。…ちょっと洒落になってない。
余談だが、『キャプテンコマンドー』に登場する中堅雑魚キャラの「マーディア」と姿が似ているとの声も。

同キャラ対戦時のCPUキャラは「ヴァーゴ・サンドラ」。
天涯孤独の身の上を「森の部族」に引き取られ、大蛇に育てられた女性。
ライラとの関連は不明だが、「サンドラ」がライラの住む村の名前なあたり、関連性が窺える。
また、「緑の宝玉」なるものを所有している。
ちなみに宝玉はコンドル・ヘッズティア・ラングレーのCPU裏キャラも持っており、
これはブレイカーズの前身『天麟の書 死嘩護』で使われるはずだった設定の名残である。
彼女の名前も『死嘩護』で「ビルゴ・サンドラ」として登場するはずのキャラクターだった。


原作での性能

移動速度は遅いがジャンプ速度が速く、連打技とタメ技で性能のいい突進技を持つという、
正にブランカに似たファイトスタイル。屈大パンチなどもよく似ている。
小技でも連打が効かず、キャンセルの効く特殊技も無く必殺技タメ技なため連続技が不得意。
よって速度の速いジャンプと各種突進技でプレッシャーと奇襲をかけていくキャラ。

その突進技「クイック・スクラッチ」は弱で出すとガードされても跳ね返り反撃を受けないため、立ち回りの核となる。
強だと跳ね返らずガード後反撃を受けるが、威力が高くて上方向に判定が強く、ダウンも奪える。
「ワイルド・セイバー」は真上にはやや弱いが十分に信頼できる対空技で、強はいろいろ隙が大きいため弱が基本。
「キラー・スネーク」は小ジャンプして蹴りをかます突進技だが中段ではない。こちらは完全な奇襲技。
クイック・スクラッチと同じく弱は反撃を受けず、強は隙が大きいがダウンを奪え、更に飛び道具を飛び越えて攻撃が出来る。
このようにそれぞれ使い所はあるが、腕を振り回す「スピニング・クロー」は連打技でとっさに出ず、隙も大きいので使う局面は無い。
一応ヒットすると相手を巻き込み、吹き飛んだあと超技で拾えるが、当たり方によって前後どちらに飛ぶか分からないので難しい。

超必殺技の獣に変身する「シャイン・ビースト」は出は遅いが出だしが完全無敵なため割り込みやカウンター用。
画面端まで高速突進するため、焦って逃げジャンプした相手に結構当たってくれる。
またボタン押しっぱなしで突進のタイミングを遅らせる事も出来るがその間は無防備。押し続けると突進せず元の姿に戻る。
もう一つの「ブラッディ・ファング」は相手に向かって飛びかかり噛み付くロック技で、
タメを作る必要はあるが相手が画面端で飛び道具を撃ったのを見てから出しても余裕で間に合う。

突進技と無敵対空の性能がよく、早いジャンプと突進技で相手に的を絞らせない戦い方が得意だが、
ガードを崩す技が無く、連続技・固め能力にも難があるため、実はやれる事が少ない。
特に上位陣には的確に対処されると途端に厳しくなってしまう。この辺は奇襲キャラの悲しい所である。


「森ノ掟、ライラ守ル!!」


MUGENにおけるライラ・エスタンシア

2体確認されているが、現在入手可能なのはDrKelexo氏のもののみ。

+Δ氏製作
  • Δ氏製作
infoseek無料HPサービス終了に伴うサイト閉鎖により、現在は入手不可。
基本は原作準拠だが、上空に飛び上がり急降下キックを放つ「FFキック」、
連続技に組み込めるコマンド投げ「デジャブ」がオリジナル技として追加されている。

AIは未搭載だが、J・J氏によるAIパッチが存在する。
ガードが堅く、出が速く間合いの長いしゃがみ強パンチの牽制を多用してくるため、
競り合いになると持ち味を発揮し始める。

+DrKelexo氏製作
  • DrKelexo氏製作
2014年9月公開。
アンジェラ・ベルテも製作した氏による、『ブレイカーズリベンジ』仕様。
WinMUGEN用とMUGEN1.0以降用のdefファイルがあり、両バージョンに対応している。

AIもデフォルトで搭載されているが、Winと1.0でレベル設定方法が異なるので該当箇所をよく読もう。
上記J・J氏AIのようにガードが堅くなく、攻撃は受けやすいものの、よく動いてはくれる。
AI関連以外にも、勝利演出等の設定が可能。


ニコニコMUGENでは、初登場となったMUGEN∞動画戯作トーナメントにおいて、その野性味溢れるファイトスタイルや服装などが、
○作シリーズの人気キャラ「美輪さん」ことアンジェラ・ベルテを彷彿とさせたらしく、
「美輪さんの娘だ!」というコメが多数寄せられた結果、同シリーズの視聴者にはもっぱら「美輪さんの娘」と呼ばれている。
「姉妹」とか「母」とかにならなかったのはその外見や動きが可愛らしかったからだろう…多分。



「ウ…、コノ服、歩キヅライ…」

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



最終更新:2021年08月13日 14:02