梁瀬かおり


「挑戦を、お受けしますわ」

出身地:千葉県
格闘技能:テコンドー
在籍・年齢:私立F女子短大1~2回生・18~19歳
誕生日・血液型:9月7日(乙女座)・O型
身長・体重:159㎝・45㎏
3サイズ:84/58/87
所属: モーヒー館
好きなもの:温泉、アイスクリーム
嫌いなもの:だらしない人、生魚
趣味:パソコン通信、バイオリン
一人称:私
将来の職業(予定):声優
ボイス:【VG,VG2】 上原真紀
    【AVG,AVG2】 白鳥由里
    【OVA】 今井由香

知る人ぞ知るエロ格闘ゲーム『ヴァリアブル・ジオ』シリーズの登場キャラの1人。
初代から参戦している古参メンバーの一人。(やなせ・かおり)と読む。

性格は、生真面目で頑張り屋。
第三回V.G.にて決勝でレイミ・謝華に負け、準優勝に終わったため、そのリベンジに燃えている。
そのような熱血っぷりとは裏腹に知性派であり、成績は大学でもトップクラス。
パソコンを利用しての対戦相手のデータ収集と、そこから導き出される戦略も使いこなす。
ただし、男性に対してはまるっきり免疫が無い模様。
参戦動機は、レイミへのリベンジももちろんあるが、「賞金でパソコンのアップグレード」と妙に現実的。
同時に、将来の夢がアニメ声優だったりと、オタクな一面も持つ。
とにかく、様々な面を併せ持つ魅力的なキャラクターである。

+どうでもいい話
ちなみに彼女、久保田潤同様公式で 非処女 である。
男性に免疫が無いはずなのに何故かは不明である。

しかし、『V.G.1』のペナルティシーンでコーヒーミルクをぶっかけられるプレイを受けて以来、
すっかりそういうイメージが定着してしまった。
おかげで(?)彼女のペナルティシーンは『V.G.』で1、2を争うエロさと評判である。
……本人はちっとも嬉しくないだろうが。
+いいえ、ミルクです

※画像は『V.G.2』のペナルティシーン

格闘スタイルは、三歳の頃から打ち込んできたテコンドー。当然、対戦相手のデータ収集も得意。
飛び道具や連携技などを駆使し、ゲームでは強キャラに数えられていた。

……なのだが、ストーリー上ではどうにも報われていない。
知性派として裏方では活躍出来るものの、実戦では「昨年準優勝」「データ重視の選手」のお約束通り、
「100%勝てる」と豪語した武内優香に負けたり、洗脳された八島聡美に触れることすら出来ずに敗北したり、
散々ナメた口を利かれ「新人にV.G.の厳しさを教えてあげる」と言っておいて負けたりと噛ませ犬扱いされること甚だしい。
他選手との人間関係も薄く、増田千穂とは良い関係とは言えず、ライバルのレイミからは「物足りない」と思われていたりとどうにもよろしくない。
唯一、八島聡美とは互いに憧れ合う関係になっているのだが。
『AVG2』のストーリーモードでは敵本拠地にハッキングを仕掛けるという活躍を見せたことも。

『AVG2』の個別ストーリーではファンから精神的脆さを指摘され、それを乗り越え、遂にはレイミに勝利。
その後、そのファンの男性と幸せになるというハッピーエンドを迎えている。


原作の性能

テコンドー使いだけあって、パンチボタンを押してもキックが出る。
上記の通り、物語での扱いは不遇だが、性能的には基本的に強キャラとなることが多い。
特に対戦ツールとして最も人気の高い『AVG2』では文句無しの最強キャラ。

まず最強キャラとされる一番の理由としては、お手軽永久コンボ持ちだと言うことが挙げられる。
5Dから5Aが目押しで繋がってしまうため、通常チェーンコンボ5A→5B→5C→5Dからまた5A→5B→5C→5Dだけで永久コンボになってしまう。
何か通常技が地上ヒットすればそのままノーゲージ、リズム良く4つのボタンを押すだけのお手軽の永久が待っている。
このため、5Dから5Aの目押しは大抵の大会で禁止か回数制限されている。

では、この永久コンボ以外の性能が低いのかというとそんなことも無く、
波動コマンドで出せる飛び道具の「裂尖蹴」は硬直10Fと隙が少ないため遠距離の牽制としてはかなりの優秀さ。
通常技→B裂尖蹴の連携はガードされてもかおりが有利なので固めにも使えて強力。
超必殺技の「烈斬慟」は暗転後発生0Fとこれも高性能。

さらにかおりの強さを押し上げるのが「暗転後ガード不能状態」という仕様(バグ?)の存在。
簡単に言うと、暗転があるゲージ技は、「相手の攻撃後」で「自分がまだ攻撃していない」間は、ガードが不能になるというもので、
これを利用すると、EX裂尖蹴はかなりの広範囲(画面半分ほど)ガード不能の飛び道具となり
烈斬慟は暗転さえ成功すれば脱出不能の確定技となる。

そんなかおりにも弱点が全く無いわけではなく、通常技のリーチが短いこととジャンプ攻撃の性能が平均以下なこと、
下段が薄いため崩しがイマイチなことが挙げられる。


MUGENにおける梁瀬かおり

+如月銃駆氏製作 MAX仕様
  • 如月銃駆氏製作 MAX仕様
原作再現
『V.G.MAX』のスプライトなので頭身が低めなのが特徴。
最新版でデフォルトAIが搭載された。

+XCB氏(Big Eli king氏)製作 AVG2仕様
  • XCB氏(Big Eli king氏)製作 AVG2仕様
原作再現
代理公開先であった「Random Select」が2019年10月に閉鎖されたため、残念ながら現在は正規入手不可。
サクラカ氏のAIパッチが公開されている。

+青村氏製作 AVG2仕様
  • 青村氏製作 AVG2仕様
2019年のYahoo!ジオシティーズ終了に伴いサイトが消滅し、
公開先のyahoo!ボックスも2020年9月にサービスを終了したため、残念ながら現在は入手不可。
操作感覚はほぼ原作に近い
AIもデフォルトで搭載されている他、ペパーミント氏による外部AIも公開されている。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



最終更新:2020年12月10日 09:06