ゴルドン

特撮『ウルトラマン』第29話「地底への挑戦」に登場する怪獣
別名「黄金怪獣」。身長65メートル、体重6万トン。

芋虫に足が生えたような四足歩行の怪獣。
特徴的なのは別名にもある通り黄金色の体であろう。
その体は頑強で歯は金鉱石を噛み砕けるほどに硬く、背中からは「黄金光線」という破壊光線を発射できる(劇中では未使用)。
主食は金鉱石であり、1日に10兆円もの金を食べたこともあるとのこと。
また乾いた汗が砂金になるとの情報もある。
主に地底を住処としており、科学特捜隊地底戦車ベルシダーの3倍の速度で地底を進むことが可能。


作中では同種の個体が2体登場しており、日本一の金埋蔵量を誇る大田山金鉱から金が採れなくなった原因となった。
1体目はベルシダーの光線銃を受けて地上に出た所を科特隊のコロナ弾とスーパーガンで倒される。
2体目はベルシダーの地底魚雷を受けて地上に出た所にウルトラマンと戦闘となる。
のしかかり攻撃や、尾をウルトラマンの首に巻き付けるなどして苦しめるが、
逆に尾を自分に巻き付けられて身動きが取れなくなった所をスペシウム光線で倒される。
その後、死体からは150トンの純金が採集され、金鉱付近の街の復興資金に使われた。
体重6万トンに対して金の量が少ない気がするのはご愛敬

以降の映像作品には登場していないマイナー怪獣だが、ニンテンドーDSのゲーム『怪獣バスターズ』に登場。
ブロンズ(銅)、シルバー(銀)の亜種と交戦したあとに原種(金)と戦うという珍しい構成になっている。
ブロンズは青銅(錫が混ざっている)のはずだけど…。銅(赤金)はカッパーである。
主な攻撃手段は突進と地底潜行、長い尻尾による打撃。特に原種は突進の攻撃範囲が広く脅威となる。
黄金光線は使用しないが、尻尾で大岩を掴んで投げつけてくるので遠距離戦でも油断は出来ない。
当然、撃破した際には金、銀、銅の素材が手に入り、それらを使った防具を製作可能。
各素材で統一した防具を装備すると風圧、地震を無効化する「黄金パワー」という特殊効果が発動する。

柳田理科雄氏の『空想科学読本』2巻では図鑑で地底怪獣に分類される怪獣達が軒並み地底生活に向いていないとされる中、
食料、体形などの面でゴルドンが唯一地底生活に適応した怪獣だという結果が出ている。
これに対し、山本弘氏がモングラー(『ウルトラQ』の「モグラ怪獣」)が一番適応しているだろうと批判し、
後に出た新装版では批判を受け止めつつも、「それでは面白くないし、知ってたら最初から書いていなかった」という事で、
注釈での補足に留まっている。まあ唯デカいだけのモグラ(揶揄ではなく正真正銘、栄養剤で巨大化しただけのモグラ)が優勝してもね。
ちなみに柳田氏がモングラーを見落としていた理由としては、参考にした文献で「変身怪獣」に分類されていた為という説が有力
(モグラ→モングラーを変身扱いにしていたのだろうか?それだと初代ゴジラ等も変身怪獣と言う事になるけど。
 まぁ公式で「変身怪獣」なザラガスもそんなノリだしね)。


MUGENにおけるゴルドン

怪獣キャラに定評のあるカーベィ氏によって製作されたものが存在する。
残阳伏羲氏から提供されたスプライトを用いて作られており、改変は禁止とのこと。

原作同様その長い首を生かした攻撃や、尻尾を使った攻撃等範囲の広い攻撃が搭載されている。
必殺技には岩投げ攻撃や、のしかかり攻撃が搭載されている。移動技の「地底潜行」も搭載されているため一気に距離を詰めることも可能。
超必殺技は「黄金光線」「首絞め」「黄金化」の三つ。
「黄金光線」は劇中未使用だがスペシウム光線のような技となっている。
「首絞め」は劇中同様相手を拘束する投げ技であり、
「黄金化」は一定時間自身にアーマーと防御力上昇を付与する技となっている。
他にも黄金化状態の場合岩投げの岩が全てガード不能の黄金となる。
また12Pでは常に黄金化状態となっている。

出場大会

  • 「[大会] [ゴルドン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年10月28日 02:35
添付ファイル