カード能力解説 > ぷよぷよSUNシリーズ

キキーモラ セリリ ハーピー ミノタウロス ラグナス
レア度 ☆3~7
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
スキル能力 5ターンの間有利属性の相手の攻撃力低下・☆3から
Lスキル能力 同色属性の仲間の体力アップ・☆3から
☆7は攻撃もアップ
コスト量 大(8,14,20,26,38)
変身合成 ☆3→☆4:大ぷよ、大ぷよ、岩ぷよ、星ぷよ
☆4→☆5:小ぷよ、大ぷよ、岩ぷよ、星ぷよ、月ぷよ
☆5→☆6:ぷよキャンデー☆3、☆3、☆4、☆5、魔道書☆6
☆6→☆7:☆7へんしんボードにて
CV キキーモラ:藤川茜
セリリ:佳村はるか
ハーピー:種田梨沙
ミノタウロス:手塚ヒロミチ
ラグナス:三木晶

概要

ぷよぷよSUNなどで登場したキャラ。このうちセリリは『ぽけっとぷよぷよSUN』のみに登場している。
このゲームの運営はシリーズ名をコロコロ変えることがあり、2014/06/16にステップアップガチャに登場した時は「SUNシリーズ」「SUNレギュラーシリーズ」というシリーズ名になっていた*1。2017年9月に☆7対応したときは「SUNシリーズ」という名称が用いられている*2。Wikiではシリーズ名を「ぷよぷよSUNシリーズ」として扱っている。

召喚Pガチャでも出現するが、レア度が☆3以上なので殆どお目にかかれず、チケットガチャや魔導石ガチャが主な入手元となる。
チュートリアルで運よく引けたのならば☆3でも素直に喜んで良い。

なおこのシリーズは特殊素材クエストで中ボスとして稀に乱入する。
倒すと魔導書☆6を確定ドロップするため、出るか出ないかで一喜一憂するプレイヤーがBBSなどでも毎週土日によく見かけられる。

2017/09/08に☆7が実装された。

ステータス

☆6MAXで体力4875(±24)/攻撃1420(+6/-7)/回復282(±6)
原作出身キャラであることも幸いしてか、☆3からリーダースキルを持つ。
初期ステータスも入手手段の割には優遇されている方で、頼もしい性能で活躍してくれる。

アプリ配信直後はミノタウロスとラグナスはステータスが初期から高いという特徴があったが、これはデータバグだった模様。

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆3 5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を50%減少させる 40
☆4 5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を60%減少させる
☆5 5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を70%減少させる
☆6 5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を80%減少させる
☆7 5ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を90%減少させる
とっくん 3ターンの間、有利属性の相手の攻撃力を99%減少させる

中盤以降、極端にボスの攻撃が強くなるこのゲームではとてもありがたいスキル。
単色を相手にした場合や、単体のイベントボス戦で役に立つ。封印・混乱と違って盾で防がれる事がないのも特徴。
フィーバーどうぶつシリーズが似たスキルを持つ。あちらは色に関係なく使えるが、減少率はこちらが上。

こちらのデッキの色でなく相手のデッキの色に依存する点が難点。
相手が混色で登場すると、スキルを発揮しきれない場合が多い。対策したい相手の色が分かっている時に使いたい。

☆7とっくんスキルはほぼ完全無効化並みの軽減率を誇るが、2ターン短くなっている。

リーダースキル

レアリティ 効果
☆3~4 味方全体の同属性の体力が1.5倍になる
☆5~6 味方全体の同属性の体力が2倍になる
☆7 味方全体の同属性の体力が3倍、攻撃が1.5倍になる
とっくん 味方全体の同属性の体力が3.5倍になる

リーダースキルは同色属性のHP増加。
☆6まで成長させてリーダーにすると、本人のHPがなんと10000を超える。
全カードを単色で揃えれば、どのカードも3000~5000、タワーボーナスやコンビネーションの上乗せによっては、全員がHP五桁になる状態も夢ではない。
ギルイベ高階層に出現するボスの高めの攻撃力を耐えることが可能になるので、かつてはそういったボス相手に使われていた。

現在では後発カードに多数の上位互換が存在している。耐久パ向けとしては、より倍率の高い魔界シリーズ、体力の倍率は同じだが回復力も上昇するゴーストロリータシリーズ雅楽師シリーズ、2色に対応しているキノコシリーズなど。また体力2倍以上に加えて攻撃力も上がる万能リーダースキルもかわったエコロにゃんこシリーズロックなハーピークールなシェゾなどのぷよフェスカードや呪騎士シリーズなどが登場している。
そのため、現在ではカードプールがそれなりに充実していればまず使われることはないだろう。

☆7とっくんリーダースキルは攻撃補正がなくなるが、ロックなハーピーに匹敵する体力となる。

デッキ考察

スキル・Lスキルの関係上、単色デッキに入れることを推奨。
ただし、黄紫色においては相手からの攻撃も2倍になるリスクもあるので、敵が黄紫の場合は単色でなくても良い。ただし、混色で組む際にSUNが先に落とされる事故には十分注意しよう。

高耐久と相手攻撃力減少の2つの効果を同時に得られるのがこのカード最大の強み。
SUNをリーダーにした場合、体力があり過ぎてハートBOXやフィーバー回復では回復が追い付かなくなってしまう。
回復量がHPに対して割合で決まるスキルを持つキグルミィシリーズver.ぷよテト系を回復要員として採用するのがおすすめ。

リーダースキルは上位互換が多数登場し、スキルもアリスシリーズの反射やロックシリーズの遅延など他の手段が登場しているため、中級者以上であれば使う機会は乏しい。
そういったカードに比べて入手しやすいという強みはあるものの、初心者が耐久パを組むことはほとんど無いためやはり出番は乏しい。
「道中を早く進み過ぎてボス戦までにスキルが溜まらず苦戦する」という状況を防ぐために使う…という手はあるが、序盤はそこまでしなくても火力ゴリ押しで突破でき、5巡目以降などの高HP相手では今度はスキルを使ってもあまり削れないためあえてやるメリットは薄いだろう。

評価

かつては耐久パーティーの要として活躍していたカード。
インフレによって現在では注目されることは少ない。
入手しやすいというメリットはあるので、より強力なカードが引けていない色でつなぎとして育てるには悪くない。

各カード詳細

キキーモラ
対応キャラの多い「ガールズ」を所有している。セリリやハーピーと違い独自のコンビは持っていない。
特に赤属性は「ガールズ」カードが揃っているのでコンビが発動しやすい。
攻撃は他のメンバーに任せて、キキーモラのHP倍化のリーダースキルで、とにかく倒されにくい赤単色デッキを目指そう。単純に赤単色に組み込んでも活躍してくれる。

セリリ
「ガールズ」の他に「スイマー」のコンビ属性を持っている。
ただしスキル能力を生かすのならば、やはり青単色でリーダーにさせるのが一番。
Lスキルを活かせばスキルが溜めやすくなるので、アルル・アコール・ウンディーネ・まぐろのスキルを一度に放てば大ダメージを与えられる。

「ぷよぷよSUNシリーズ」なのに『ぷよぷよSUN』には出ていないのだが、『ぽけっとぷよぷよSUN』の方に「うろこさかなびと」の名前(というより種族名)で登場していた。
ちなみに同種族にピンク色の髪の「メロウ」がいる。

ハーピー
『初代ぷよぷよ』から『ぷよぷよ~ん』まで皆勤賞の古参。
ウィッチ同様『ぷよぷよ7』で姿のみ登場。ウィッチは『ぷよぷよ!!』で復活したが、ハーピーは残念ながら復活しなかった。
本編では「ハーピー積み」と呼ばれる積み方をする。この積み方はフィーバーにてユウちゃん(&レイくん)に継承された。
「ガールズ」の他に「はばたき」のコンビを持っている。
「ガールズ」ならリデルを筆頭とした様々なカードと、「はばたき」ならドラコやサタンとで単色デッキが組める。
派生カードに歌姫ハーピーがある。ステータスは大差ないがスキル・Lスキルが異なり、通常のハーピーとはまた違った使い方となる。


ミノタウロス
元々はアルルやルルーと同列に語られていたメインキャラ*3だったのだが、段々と扱いが悪くなり、フィーバー以降はぷよぷよ本編に登場しなくなってしまった牛さん。
更に言うと「SUNシリーズ」なのに『ぷよぷよSUN』では漫才デモのみに登場するNPCだったりする(GB版のみプレイアブルキャラ)。
フィーバーシリーズではタルタルがキャラを継承していて「R」のストーカーをしている。

半減出来ない紫属性の攻撃を食い止められる存在。先に彼が倒されないように封印などの保険を用意しておきたい。
「ヘビー級」「つの」「どうぶつ」を持つ。「初代メンバー」が乗らない事が今の立場を物語っている…。「ボーイズ」も乗らない。
ヘビー級は防御型カードが多いので、一撃必殺に優れたカードを一緒に入れて補っていきたい。
多色つのデッキに入れた際は威力半減のない攻撃担当になる。
りすくませんぱい、ぞう大魔王、ふたごのケットシー、レモンキーで黄色どうぶつデッキが作れる。

ラグナス
『ぷよぷよSUN』から登場した典型的(?)な勇者。光属性っぽいのだが今作では紫属性。実は☆3だけ声が高い。

黄色と紫は相反する色から受けるダメージが過剰になりすぎる為、相反色クエストにおける絶対的な防御デッキにはなり難い。
どちらかというと対赤青緑クエスト用の便利な防御型単色スタイルとなる。
「ボーイズ」と「剣士」が乗る。2013/10/16以前は「お兄さん」コンビネーションだった。
シェゾとは二つコンビネーションが一緒なので非常に組みやすい。
紫属性はHP量と回復値が低いので、紫ボーイズで回復が高めなユウちゃん&レイくん(☆3以外)やインキュバスと組み合わせたい。

同じLスキルを持つどくりんごというライバルカードも存在しているが、あちらと違いダメージカットや回復力がある点では、ラグナスの方が長期戦に向いている。
派生カードのつよいラグナスとは方向性が大きく違う。高火力かつ軽いスキルを持つあちらの方が普段使いには便利かも。

余談だが、彼は『魔導物語』ではなく『ぷよぷよ』側で初登場した最初のキャラクターである。後にSS魔導物語に逆輸入の形で登場した。