カード能力解説 > しろいフェーリ系

しろいフェーリ ひらめきのクルーク たゆたうルファス

レア度 ☆6~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 3ターンの間、なぞり消し数アップ
Lスキル能力 各自
コスト量 超特大(48、60)
変身合成 なし
CV しろいフェーリ:前田ゆきえ
ひらめきのクルーク:園崎未恵

概要

しろいフェーリは2017年2月末のぷよフェスにて登場。
ひらめきのクルークは2017年8月末のぷよフェスにて登場。

2019年3月8日より、両方とも★7へんしんが解放された。(また、これと同時にひらめきのクルークのCVも追加されてる)

たゆたうルファスは2018年11月初旬のぷよフェスにて登場。
2020年09月07日に★7へんしんが解放された。

ステータス

-☆6 Lv99
☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
しろいフェーリ 3986 2165 754
ひらめきのクルーク 4065 2056 791
たゆたうルファス 4158 2272 718

-☆7 Lv120
☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
しろいフェーリ 5979 3140 1018
ひらめきのクルーク 6098 2982 1068
たゆたうルファス 6237 3295 970
バランスタイプのぷよフェス限定キャラとしては回復は高めだが、攻撃と体力は若干低めとなる。

スキル

nターンの間、なぞり消し数をm個増やす。また、その間の同時消し係数は○倍。


★6で3ターンの間、なぞり消し数を5個増やし、その間の同時消し係数は5倍。

★7では3ターンの間、なぞり消し数を7個増やし、その間の同時消し係数は6倍。スキル発動するとさらにフィールド上の色ぷよをランダムで3(4)個チャンスぷよに変える追加効果も加わる。
※たゆたうルファスのみチャンスぷよ4個生成。

どちらのレアリティも必要ぷよ数は40個。

スキル自体は童話シリーズと同じ物だが、同時消し係数が4倍の童話に比べて5倍と強化されている。
詳しい計算式は省略するが、同時消し係数4倍が5倍になることによるダメージの上昇率は、
8個同時消しだと約1.18倍、12個同時消しでは約1.2倍となる。
★6だと、ダメージの増加量はそれほど多くないため、多くの場面では童話シリーズで足りてしまう事が多い。
童話シリーズが通常のキャラなので、ワイルドさん(30)で☆7進化してしまえるのも、向かい風になるだろう。

だがこちらも☆7に進化すると、童話の☆7と同じなぞり消し数に同時消し係数はさらに上がり、
さらにチャンスぷよまで生成される。
同時消し係数4倍と6倍だと流石にダメージもかなり変わり、
8個同時消しで約1.35倍、12個同時消しでは約1.41倍となる。
当然だが同時に消すぷよの数が増えれば増えるほど同時消し係数の影響は強くなるため、
盤面やプレイヤースキルでさらに差は大きくなる。

最近では、きらめくルルーなどのなぞり消し増加+αの効果のスキルを持つカードも増えているが、
こちらはそれを上回る同時消し係数とチャンスぷよ生成効果を持っているので、その点で上手く差別化したい。
特にこの系統のスキル共通のことではあるが、だいれんさチャンスではなぞり消し個数を増やす効果は適用されないが、
同時消し係数は残ることはかなり重要になるだろう。

リーダースキル

しろいフェーリ ひらめきのクルーク
スタメンのカードが2色以上から1色増えるごとに仲間の攻撃力及び体力がプラスになる。

★6で攻撃力は0.6倍の補正。
最低2色の場合(1+(2-1)*0.6)=1.6倍
最高5色の場合(1+(5-1)*0.6)=3.4倍。
体力は0.35倍の補正。
最低2色の場合(1+(2-1)*0.35)=1.35倍
最高5色の場合(1+(5-1)*0.35)=2.4倍

★7で攻撃力は0.85倍の補正。
最低2色の場合(1+(2-1)*0.85)=1.85倍
最高5色の場合(1+(5-1)*0.85)=4.4倍
体力は0.55倍の補正。
最低2色の場合(1+(2-1)*0.55)=1.55倍
最高5色の場合(1+(5-1)*0.55=3.2倍
となっている

あかいアミティ・くろいシグ・りりしいリデルの攻撃力補正を上回るものの、体力補正はあちらに分があり使い分ける事は可能。

さらにリーダーの時に、全属性カードの初回スキル発動ぷよ数を減少させる追加効果もあり

★6で3個、★7では4個、初回のスキル発動ぷよ数を減らす

リーダースキルのスキル発動ぷよ数の減少は重複するため
このシリーズを2枚リーダーとサポートで使用すると6〜8個減少した状態でクエストを開始出来る。

テクニカルイベントなどのステージ効果としてある"スキル発動ぷよ2倍効果"は、このリーダースキル作用前に発動するため
このようなステージでは、このシリーズのスキル発動数の40×2=80個から、リーダースキル効果で-3(あるいは★7での-4)で、=77〜78個でのスタートとなる。

このリーダースキルのスキル発動ぷよ数減少はみんなとバトルのバトルスキルにも有効。

なお☆6でも☆7でも上位互換のリーダースキルに同レアリティのラフィソルが存在する。

たゆたうルファス
自属性カードの攻撃力、体力を強化し、
クエスト開始時の1ターン目のみネクストぷよをすべて紫ぷよにする。

☆6で攻撃力3.5倍、体力2.6倍
☆7で攻撃力4.5倍、体力3.2倍

クールなシェゾの攻撃力、体力の増加倍率が変化したリーダースキル。
攻撃力はあちらより高いが体力はこちらのほうが下回る。


コンビネーション

各カード詳細を参照


デッキ考察

しろいフェーリ ひらめきのクルーク
しろいフェーリをリーダー、サポートとして擬似的に赤単色デッキを組む場合はあかいアミティと違い、
マルスをサブに起用しやすくなる代わりに、副属性が被るうすやみのDGアルルダットは起用しづらい。
また、ミヤビを持っていないならアザウィアを緑枠に起用してワイルドスキルを併用するというのもありだろう。

無論、しろいフェーリ×あかいアミティの組み合わせも非常に有効。この場合、スタメンに必要な副属性が青と緑だけになるため、
副属性のない赤カードを2枚起用できるようになるのが強みで、スキルの役割被りが発生しにくいデッキが組みやすくなる。

もしくは副属性の付いたレベッカとして、既存のパーティにそのまま組み込むのもいいだろう。

ギルイベ終盤ではボスの攻撃が高くなるためリーダーとしては体力に不安が出てくる上、
通常攻撃無効のボスへの攻撃としては、なぞり消し数増加は不向きなスキルであるが、
スキル自体はぷよを多く消しやすくなることで、結果としてはスキル加速に繋がるため、完全に役に立たなくなるわけでは無い。
だが、同時消し係数の上昇の効果は完全に意味が無くなってしまうので、
このような場合このカードが☆6であれば、なぞり消し数が多い☆7の童話の方が、
このカードが☆7であっても、きらめくルルーのように、なぞり消し増加とネクストぷよ変換効果があるようなキャラの方が基本的には向いている。

また、ひらめきのクルークに関しては、同色のウィンとはコンビネーションが異なるため、使い分けることが可能。


評価

しろいフェーリ ひらめきのクルーク
性能はあかいアミティ・くろいシグ・りりしいリデルと同等のため強力なカードと言える。
リーダーとしてはあかいアミティ・くろいシグ・りりしいリデルなどの強力な混色リーダーも持っていればそれで間に合うことも多いが、
攻撃倍率の高さや初回スキル発動が早くなることで、バトルやギルイベなど有用な場面も多い。
☆6ではスキルが童話シリーズとほぼ同等であるが、
同時消し係数や副属性などの点で基本的にはこちらの方が優れている場合が多く、
リーダーとしては上位互換のラフィソルに譲っても、スタメンとしてどの層の人にとっても役立つことは間違いないだろう。


たゆたうルファス
リーダースキルを単色向けに変更したカード。
1枚のカードで属性の強化と童話砲が兼ねられるのはなかなかの使い勝手。



カード詳細

しろいフェーリ
「ガールズ」「魔導学校」を持つ。

「はばたき」や「ナゾ多き」には対応してない。
しろいフェーリは性格が明るくなっただけのフェーリ本人そのものであり、羽根に見えるものはアミティの帽子と同じように衣装の一部であるためと思われる。
(同じく羽根が衣装の一部に見えるルゴー ver.HWももいろのりんごなどは「はばたき」に対応しているのだが)


ひらめきのクルーク
ぷよクエ初出のキャラクター。
本家と同じく「魔導学校」「ボーイズ」「メガネ」を持つ。


たゆたうルファス
コンビネーションは「ボーイズ」

近いスキルを持つカードとして、☆7安室透がある。
(属性と、Lスキルの攻撃力倍率が違う)
最終更新:2020年09月07日 23:22