カード能力解説 > 西洋妖怪シリーズ

ドラウド3世 マーギン ライカー インギール グリープ

レア度 ☆3~☆7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 敵単体に残りHPの5~25%のダメージ
Lスキル能力 味方全体が体力が0になっても1回のみ「体力1」の状態で踏みとどまる
☆7ではさらに攻撃力と回復力を3.2倍
コスト量 大(8,14,20,28,40)
変身合成 専用素材が必要

解説

2013/10/30から順次、収集イベントまたはバトルイベントの報酬として配布されたカード群。
全てぷよぷよ!!クエスト アーケード出身の新規モンスターで、主に西洋の有名な妖怪が元ネタとなっているシリーズ。
「ギルドイベントで使ってくれ」と言わんばかりのスキルとリーダースキルを持つ。

登場してから長い間公式なシリーズ名が不明だったので、早期に登場した2体の名前から「ドラマギ系」、スキルから「割合」などのいろいろな通称がある。
2014/11/28の公式生放送#2によれば、結局アーケード版と同じく「西洋妖怪シリーズ」というシリーズ名になったようだ。
ちなみに、アーケード版では「西洋妖怪シリーズ」と対となる「日本妖怪シリーズ」も存在していたりする。
これは、スマホ版で「妖怪シリーズ」という名前として登場している。

2014/08/11より、ぷよP交換所にてこのシリーズのキャラが順番に交換できるようになった。
「本体は1アカウントに付き1体まで」という所持制限が設けられていたが、のちの☆7実装に伴い制限が撤廃されている。

ぷよクエアーケードでは2015/10/07からドラウド3世の3進化目が解禁され、スマホ版でも2015/10/19より☆6が解禁された。

2020/06/03の☆7解放記念!西洋妖怪ラッシュでドラウド、インギールの☆7が実装された。
2020/08/26の第2回☆7解放記念!西洋妖怪ラッシュでマーギン、ライカー、グリープの☆7実装され、
同時にボイスも実装された(派生カードの「あかつきのドラウド3世」「メイドガイド・グリープ」にもボイスが実装)。

ステータス

☆6Lv.99で体力2945(±45)/攻撃1338(±15)/回復798(±13)
☆7Lv.120で体力4418(+67,-68)/攻撃1940(+22,-21)/回復1078(+17,-18)

キャラタイプはバランスタイプで、ステータスの最大値はすずらん+αなどとさほど変わらず、相変わらずの器用貧乏気味になっている。
☆6解禁により最終ステータスの低さはだいぶ改善されたが、☆6になってもコスト比ステータスの低さは変わらない。
また、後述するように生き残ることが重要なシリーズであるのに☆6低レベルでは体力・回復が低い。
☆7にしても体力へのプラス・とっくんがなしだと、最大レベルでも4000を少し超えた程度になってしまう。
無計画にへんしんさせると一時的に弱体化するので注意しよう。

リーダースキル

味方の各カードが、体力が0になっても1回のみ「体力1」で踏みとどまる。
さかなシリーズ」と同様「タフネス」効果であるが、こちらは☆3の段階でリーダースキルを持っている。

☆7では「タフネス」効果に加えて味方全体の攻撃力と回復力を3.2倍にする。
体力に倍率は乗らないが、現状、タフネスを起用すべき場面は通常の体力増強では間に合わない場合がほとんどなので、理にかなったリーダースキルだといえる。

スキル

相手単体に、残り体力のn%にあたる属性攻撃。
☆3で5% (20分の1)、
☆4で10% (10分の1)、
☆5~☆6で15% (20分の3)、
☆7で25% (4分の1)。
必要ぷよ消し数は☆3~☆6では50個、☆7で35個。

割合ダメージ。サービス開始7年目の2020年に至るまで、このシリーズのみが持つスキルである。
状態異常の毒ダメージのように相手のHPに対して、一定ダメージを与えるものだが、毒ダメージとは少々異なっている。

この割合ダメージは、「相手単体を対象に、残りのHPのn%のダメージで与える」効果になっている。
毒のように数ターン待つ必要はなく、相手の攻撃カウントを減らさないで即座にダメージを与えられる。
さらに、「毒盾に影響されない」ため、しばらくはギルドイベントのボスラッシュにおける有効にスキル出会った。

ただし、「属性盾の影響がある(後述)」「相手のHP減少に比例してダメージも減少する」「(☆6までは)発動が50個なので遅い」という弱点もある。
とくに2つ目は重要で、これにより、ほかの攻撃スキルよりも先に発動することが重要となる。
☆6までの発動まで50個は非常に重い部類で、他の攻撃スキルカードの回転率をも下げることとなるが、HPが高い敵にはそれ相応の結果が得られる。

最も重要な注意点は、この攻撃は属性盾によるダメージカット以外はダメージが変動しないという点である。
つまり、属性の相性や状態異常によるダメージ増加効果はない。
解りやすい例を挙げるとこういう事である。
  • ☆6ドラウド3世 (赤属性)が、有利色である緑属性の相手にスキルを使っても、ダメージは2倍にならず「15%のダメージ」となる。
  • ☆6ドラウド3世が、苦手色である青属性の相手にスキルを使っても、ダメージは半減せず「15%のダメージ」となる。
  • ☆6ドラウド3世が、赤属性盾(ダメージ99%軽減)を持っている敵にスキルを使うと、盾の影響により「0.15%のダメージ」となる。
ちなみに割合ダメージは敵が使ってくることもあるが、これも同仕様。
したがって、敵に使用される場合は属性相性を気にしなくてよいし、かばうスキルや属性軽減スキルで被害を減らすことができる。
敵の使用する割合ダメージスキルはこちらより高い割合のものが多く、クエストによっては(残り体力の)100%、すなわち即死レベルのものすらあるため注意が必要である。
局所的だが、相手から受けた麻痺スキルを安全に解いてもらうくらいには使えるだろうか。

ギルドイベント後半のキリ番で長らく重宝されていたスキルなのだが、
属性軽減+状態異常耐性の盾を併用しているボスも多く出てくるため、このスキルさえあれば何でも来たれということは決してない。
必要ぷよ消し数増加や、固定ダメージ(割合ダメージ・毒など)も半減する特性を持った、このスキルの長所をことごとく潰すボスも登場している。
さらに、最近のギルドイベントでは全属性盾がつくまでのボスの難易度が下げられている一方で、
このスキルが欲しくなるような頃まで到達すると、もれなくボスに全属性盾が付くようになったため、このスキルの出番はかなり少なくなっている。

しかしその一方で、体力こそ圧倒的に高いが、盾を一切持たないイベントボスが登場する「チャレンジ系」のイベントが登場し、
それらのボスへの対抗策のひとつとして再び活躍の場を作りつつある。

コンビネーション

このシリーズは一律して男性キャラクターで占められており、初の「ボーイズ」で統一されたシリーズでもある。
詳細は後述。

デッキ考察

基本的には、以下の2つがメインとなる。
①割合ダメ要員(ギルドイベント・協力ボスチャレンジ)
②タフネス要員(みんなとバトル・トレジャー見つけ隊など)

①の場合は、「とにかく割合ダメージを入れる」ことを中心にして組むのがおすすめ。
リーダースキルは体力の倍率を重視し、お供するカードは攻撃力アップより回復や状態異常(怯えなど)付加スキルなどを駆使すると「スキルが貯まるまでに西洋妖怪キャラが倒れる確率」がぐんと減る。
また、昨今のチャレンジ系のイベントでは、高レベル帯のボスの体力が圧倒的に高いため、ヤナどくりんごも併用するとボスの体力をガッツリ奪える。
敵の体力のみでダメージが決まるため、全体的な火力が不足しやすいギルドイベントの攻撃回復逆転ボスにもそこそこ刺さる。

②の場合には、当然リーダーに置こう。
バトルで使用する場合は最低でも☆7に育てておこう。☆6では攻撃力に倍率がつかないため、勝ちが見込めない。
トレジャー見つけ隊では、単純にタフネスによってお題達成がミスしたときの猶予回数を増やすことができる。
敵の体力10000さえ削れればよく、デッキのカードが強ければ☆6でも充分機能する。

評価

役割が極端に尖っており汎用性に欠けているため、特定以外の場面ではあまり出番がないカード。
さらに昨今のギルドイベントではこのカードはすっかり対策されており、かなり使いどころを失ってしまったが、
チャレンジイベントでは再び活躍の場を得ている。高レベルのボス討伐を狙うなら持っておくのは有効だろう。

各カード考察

ドラウド3世
CV: 佐原誠
「ボーイズ」と「まもの」が乗る貴公子。確か、なぞぷよ通に金髪の吸血鬼がいたのでは…とか細かいことは気にしてはいけません(笑)。
スキュラ、リリンで「赤色まものデッキ」が結成可能なので、吸血鬼らしく二人を彼の眷属にしてあげるのも一興。

ちなみにほかの四枚はバトルアリーナの景品だが、彼だけ収集イベントの景品となっていた。
ランキング上位者だけが☆5へのへんしんに必要な素材である完熟トマトジュースを得ることができた形式なので、ぷよP配布までは彼の☆5を持っていないプレイヤーも多かったと思われる。

マーギン
CV: 白川周作
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、見たまんま「スイマー」が乗る半魚人。
記念すべきプワープカップ第1回の景品として登場したキャラ。
さかなシリーズを隣に置いて予備タフネスとして組み合わせる方法が他のカード以上に有効。
彼が会ってみたいと語っている人魚達(セリリ及び熱帯人魚シリーズ)とは「スイマー」コンビネーションが乗る。
ニジイルカとセリリで「青色スイマー」が結成可能で、三者ともに防御型の為、誰をリーダーにしても、誰が先に落とされても体勢が崩れにくい。4番手にフワールを配置してみるのも面白い。
2021年1月22日のデータ更新で「めがね」が追加された。☆5以降はイラストではゴーグルをしていないが、☆7までちゃんと乗る。

余談だが、☆6登場時のフレーバーテキストにて「半漁人」という誤植があった。

ライカー
CV: 安齋龍太
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、「どうぶつ」「にくきゅう」も乗る。「ライカンスロープ」とは「狼男」という意味。
(ただし、「おおかみおとこ」のように「おばけ」は乗らない。)
緑属性ボーイズには、回復役のオトモ、攻撃補助のレムレス、攻撃特化のサタン、チャンスぷよ生成のパノッティ、毒を入れられるフリードなどがいるため、コンビとして使いやすい。

インギール
CV: 中村和正
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、☆4で「めがね」が乗るようになる。
彼の登場により、AC連動ガチャを使わずに、黄色ボーイズと黄色まものデッキが組めるようになった。

ちなみに一見ミイラのような外見だが、透明人間である。
一般に、透明人間が全身(特に顔)に包帯を巻くのは周りに自分が透明人間であることが知られないようにするためとされている。
同様の理由に加えて視界を確保するためにサングラスをかけていることも多く、彼の外見はまさに典型的な透明人間のそれである。
透明人間自体は妖怪ではないものの、このキャラは「先天的に透明になれる能力を持つ」という設定から妖怪扱いなのかもしれない。

ギルイベにおいて全盾の敵と戦う際、同じ黄色で有用なカードに剣士ラフィーナ(無属性ダメージスキル持ち。☆6で40万ダメージ、☆7で150万ダメージ)がいる。
参考までに、属性盾を持つ相手に対して割合ダメージを撃つ場合、該当する属性の割合ダメージは上述の通り0.05%~0.25%に軽減される(レアリティにより異なる)が、単純なダメージでみれば、☆6同士では敵の体力が266666666以上であればこちらが上回る。スキル発動ぷよ数まで加味すると敵の体力が333333333以上ならばこちらの方がダメージ効率が高い (☆5~☆6の場合、剣士ラフィーナの方が必要なスキル発動ぷよ数は10少ない)。☆7同士では敵の体力が6億以上あれば全盾でもやはりこちらが上回る。

グリープ
CV: 綾瀬貴尋
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、☆5で「はばたき」が乗るようになる。
紫ボーイズはシェゾやクルークなどの強力なカードが多いので、コンビとしても使いやすい。
また、ギルイベでは毒盾を持つキリ番では使えないものの、単色で毒と併用できるのは他にない強み。毒だけだといろいろあって時間がかかるので、併用することで大幅に時間を短縮できる。
一方チャレンジイベントは3ターンの短期決戦なのでイマイチ…かと思いきや高レベル帯のボスはたいりょくが圧倒的に高く、
他の攻撃手段を用いるより割合+毒で削った方がダメージを取れるケースが多い為、ギルイベ以上に猛威を振るう。
最終更新:2021年12月31日 05:32