カード能力解説 > 西洋妖怪シリーズ

ドラウド3世 マーギン ライカー インギール グリープ

レア度 ☆3~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 敵単体の残りHPの5~25%を削る
Lスキル能力 味方全体が一度だけ「HP1」の状態で踏みとどまる
☆7ではさらに攻撃力・回復力を3.2倍
コスト量 大(8,14,20,28,40)
変身合成 専用素材が必要

解説

2013/10/30から順次、収集イベントまたはバトルイベントの報酬として配布されたカード群。
全てぷよぷよ!!クエストAC出身の新規モンスターで、主に西洋の有名な妖怪が元ネタとなっているシリーズ。
「イベントボス戦で使ってくれ」と言わんばかりのスキルとリーダースキルを持つ。

登場してから長い間公式なシリーズ名が不明だったので、早期に登場した2体の名前から「ドラマギ系」、スキルから「割合」などのいろいろな通称がある。
2014/11/28のニコ生#2によれば、結局AC版と同じく「西洋妖怪シリーズ」というシリーズ名になったようだ。
ちなみに、AC版では「西洋妖怪シリーズ」と対となる「日本妖怪シリーズ」も存在していたりする。
(アプリ版では「妖怪シリーズ」という名称に変わっている)

2014/08/11より、ぷよP交換所にてこのシリーズのキャラが順番に交換できるようになった。
くろいポポイ同様「本体は1アカウントに付き1体まで」という制限が設けられており、過去の収集・バトルイベントにて本体や変身素材を取り逃した人向けの販売となっている。

ぷよクエACでは2015/10/07からドラウド3世の3進化目が解禁され、スマホ版でも2015/10/19より☆6が解禁された。

2020/06/03からのギルドイベントでドラウド、インギールから順に☆7が実装された。
2020/08/26のマーギン、ライカー、グリープの☆7実装とともにボイスが実装された。

ステータス

☆6MAXで体力2945(±45)/攻撃1338(±15)/回復798(±13)
キャラタイプはバランスタイプで、ステータスの最大値はすずらん+αなどとさほど変わらず相変わらずの器用貧乏気味になっている。
晩成型でやたらと高いステータスになるさかなシリーズやチコ系を下回る為、単体のステータスだけだと物足りなく感じる。
しかしながら、後記のようにコンビネーションが豊富にそろっているのでカバーの余地は十分。

☆6解禁により最終ステータスの低さはだいぶ改善されたが、☆6になってもコスト比ステータスの低さは変わらない。
また、後述するように生き残ることが重要なシリーズであるのに☆6低レベルでは体力・回復が低く、
☆5レベルマックスを超えるのが体力ではLv60台後半、回復はLv70を過ぎてからと遅い。
☆7にしても体力へのプラス・特訓が無振りだと最大レベルでも4000を少し超えた程度に収まってしまう。
無計画にへんしんさせると一時的に弱体化するので注意しよう。

リーダースキル

味方の各カードが、体力が0になっても1回のみ「1」で踏みとどまる。

さかなシリーズ」と同じ「タフネス」。
物珍しさはないが、タフネス能力が普通に役に立つ事はもう解りきっている事なので、リーダーに抜擢する事にはためらう必要はないはず。
後述の単体スキルと相まって、異常な攻撃力を放ってくるイベントボス戦で重宝するだろう。
ただし亡霊騎士や一部のイベントボスなどタフネス貫通を持つ相手には一切効果が無い。

☆7ではタフネスに加えて味方全体の攻撃力と回復力を3.2倍にする。
体力倍率は乗らないが、現状、タフネスを起用する場合は通常の体力増強では間に合わない場合がほとんどなので、理にかなったリーダースキルだといえる。

スキル

相手単体に、残り体力のn%にあたるダメージを与える。
☆3で5% (20分の1)、☆4で10% (10分の1)、☆5~6で15% (20分の3)、☆7で25% (4分の1)。
必要ぷよ消し数は☆4~6では50個、☆7で35個。

割合ダメージ。サービス開始7年目の2020年に至るまで、このシリーズのみが持つスキルである。
毒ダメージのように相手のHPに対して、一定ダメージを与えるものだが、毒ダメージとは趣が少々異なっている。

西洋妖怪シリーズのスキルダメージは、「相手単体をターゲットとして、そのターゲットの残りのHPの○%のダメージで殴る」効果になっている。
フラウの毒のように数ターン待つ必要はなく、相手の攻撃カウントを減らさないで即座にダメージを与えるができる。
さらに、「毒盾に影響されない」ため、キリ番でも使えるのが最近のギルイベでの大きな利点である。

ただし、欠点もあり、「属性盾の影響がある(後述)」「現在HPなので場合によって効果に差がでる」「発動が50個なので遅い」という点が上げられる。
この性質、特に後ろ2つの性質上、「スキル攻撃時には最初に発動する」事が重要となる。
初代と同じく、他の攻撃スキルカードの回転率をも下げることとなるが、HPが高い敵にはそれ相応の価値がある戦法になりうる。

最も大きな注意点は、この攻撃は与えるダメージに攻撃の属性は依存しないが、属性盾に対してはこちらの属性が依存するという点である。
解りやすい例を挙げるとこういう事である。
  • 赤属性のドラウド3世が、有利色である緑属性の相手にスキルを使っても、ダメージは2倍にならず「15%のダメージ」となる。
  • 赤属性のドラウド3世が、苦手色である青属性の相手にスキルを使っても、ダメージは半減せず「15%のダメージ」となる。
  • 赤属性のドラウド3世が、赤属性盾(ダメージ1/100)を持っている敵にスキルを使うと、盾の影響により「0.15%のダメージ」となる。
逆を言うと敵に使用される場合は属性相性を気にしなくてよい、庇いスキルや属性軽減スキルで被害を減らすことができる、となる。
敵の使用する割合ダメージスキルはこちらより高い割合のものが多く、使用者によっては100%、すなわち即死レベルのものすらあるため注意が必要である。
また、このスキルはダメージ計算が特殊なせいで状態異常によるダメージ増加がきかない。
局所的だが、相手から受けた麻痺スキルを安全に解いてもらうくらいには使えるだろうか。

イベント戦後半などは、属性軽減+状態異常無効のシールドを併用しているボスも多く出てくる為、このスキルさえあれば何でも来たれという事は決して無い。
またギルドイベントではスキル数増大・固定ダメージ(割合ダメージ・毒など)も半減するLスキルにより、このシリーズが持つ長所を悉く潰すボスも登場している。
しかしその一方で昨今から登場した、体力こそ圧倒的に高いが、色盾等を持たないチャレンジ系のイベントボスが登場し、それらのボスへの対抗策として再び活躍の場を作りつつある。

コンビネーション

このシリーズは一律して男性キャラクターで占められており、初のボーイズ一律シリーズでもある。
詳細は後述。

デッキ考察

基本的には
①割合ダメ要員(ギルイベ・チャレンジ)
②タフネス要員(バトル防衛時)
の2つがメインとなる。

①の場合は、「とにかく割合ダメージを入れる」ことを中心にして組むのがおすすめ。
Lスキルは魔導学校よりSUNなどを、スキル面はすずらん+αより回復・状態異常(怯えなど)付加系などを駆使すると「スキルが貯まるまでに西洋妖怪キャラが倒れる確率」がぐんと減る。
特に昨今のチャレンジイベントでは、高レベル帯のボスの体力が圧倒的に高い為ヤナどくりんごも併用するとボスの体力をガッツリ奪える。
敵の体力で判定するため、全体的な火力が不足しやすいギルイベの逆転ボスにもそこそこ刺さる。

②の場合には、当然リーダーに置こう。
最近はドワーフシリーズの存在により、先頭1体だけではスキル突破されてしまうこともあるので、複数枚置いておくのが理想。
ただ、このシリーズよりもコスト比ステータスの高いさかなシリーズや体力の高いガーディアンシリーズの方が有用な場合もある。
デッキコストや残りのデッキメンバーなどと相談して決めよう。

評価

昨今のギルドイベントではこのカードへの対抗策を持つボスも登場した事で落ち着いたが、チャレンジイベントのボスの特性の影響から再び活躍の場を得たカード。チャレンジイベントに参加し、高レベルのボス討伐を狙うなら是非入手したい。
しかし役割が極端に尖っている為汎用性に欠けそれ以外の面では扱い辛いのも事実。特にギルドイベント等では複数の色盾を持つボスも多いので、可能なら全色持っておきたい。

1体育成するのに本体含めて最大310Pかかるので初心者は自分の得意色から交換しよう。

各カード考察

ドラウド3世
「ボーイズ」と「まもの」が乗る貴公子。確か、なぞぷよ通に金髪の吸血鬼がいたのでは…とか細かいことは気にしてはいけません(笑)。
スキュラ、リリンで「赤色まものデッキ」が結成可能なので、吸血鬼らしく二人を彼の眷属にしてあげるのも一興。

ちなみにほかの四枚はバトルアリーナの景品だが、彼だけ収集イベントの景品となっていた。
ランキング上位者だけが☆5へのへんしんに必要な素材である完熟トマトジュースを得ることができた形式なので、ぷよP配布までは彼の☆5を持っていないプレイヤーも多かったと思われる。

マーギン
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、見たまんま「スイマー」が乗る半魚人。
記念すべきプワープカップ第1回の景品として登場したキャラ。
さかなシリーズを隣に置いて予備タフネスとして組み合わせる方法が他のカード以上に有効。
彼が会ってみたいと語っている人魚達(セリリ及び熱帯人魚シリーズ)とは「スイマー」コンビネーションが乗る。
ニジイルカとセリリで「青色スイマー」が結成可能で、三者ともに防御型の為、誰をリーダーにしても、誰が先に落とされても体勢が崩れにくい。4番手にフワールを配置してみるのも面白い。

余談だが、☆6登場時のフレーバーテキストにて「半漁人」という誤植があった。

ライカー
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、「どうぶつ」「にくきゅう」も乗る。「ライカンスロープ」とは「狼男」という意味。
ただし、ぷよクエの「おおかみおとこ」のように「おばけ」は乗らない。
緑属性ボーイズには、回復役のオトモ、攻撃補助のレムレス、攻撃特化のサタン、チャンスぷよ生成のパノッティなどがいるため、コンビとして使いやすい。

インギール
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、☆4で「めがね」が乗るようになる。
彼の登場により、AC連動ガチャを使わずに、黄色ボーイズと黄色まものデッキが組めるようになった。

ちなみに一見ミイラのような外見だが、透明人間である。
一般に、透明人間が全身(特に顔)に包帯を巻くのは周りに自分が透明人間であることが知られないようにするためとされている。
同様の理由に加えて視界を確保するためにサングラスをかけていることも多く、彼の外見はまさに典型的な透明人間のそれである。
透明人間自体は妖怪ではないものの、このキャラは「先天的に透明になれる能力を持つ」という設定から妖怪扱いなのかもしれない。

ギルイベにおいて全盾の敵と戦う際、同じ黄色で有用なカードに剣士ラフィーナ(無属性400000ダメージ)がいる。
参考までに、全盾の相手に対して割合を撃つ場合ダメージは上述の通り0.15%になるが、単純なダメージでは敵のHPが266666666(約2億6666万)以上であればこちらが上回る。
スキル発動ぷよ数まで加味すると敵のHPが333333333(約3億3333万)以上ならばこちらの方がダメージ効率が高い。

グリープ
「ボーイズ」と「まもの」が乗る他、☆5で「はばたき」が乗るようになる。
紫ボーイズはシェゾやクルークなどの強力なカードが多いので、コンビとしても使いやすい。
また、ギルイベでは毒盾を持つキリ番では使えないものの、単色で毒と併用できるのは他にない強み。毒だけだといろいろあって時間がかかるので、併用することで大幅に時間を短縮できる。
一方チャレンジイベントは3ターンの短期決戦なのでイマイチ…かと思いきや高レベル帯のボスはたいりょくが圧倒的に高く、
他の攻撃手段を用いるより割合+毒で削った方がダメージを取れるケースが多い為、ギルイベ以上に猛威を振るう。
最終更新:2020年08月27日 10:58