カード能力解説 > 棒術のラフィーナ

棒術のラフィーナ

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
Lスキル能力 黄属性と赤属性の攻撃・体力強化
スキル能力 3ターンの間、このカードの通常攻撃をn連続攻撃にする
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2018年2月のぷよフェスにて登場。

2019/10/16に☆7が実装された。

ステータス

-☆6 Lv99
☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
棒術のラフィーナ 4212 2503 278
-☆7 Lv120
☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
棒術のラフィーナ 6213 4005 341

リーダースキル

黄属性と赤属性の攻撃・体力を強化。

☆6で攻撃力3.5倍、体力3.0倍。
☆7で攻撃力4.5倍、体力3.5倍。

各レアリティとも、かつてよく比較された(詳細は後述)戦乙女アルルの上位互換のリーダースキル。
常時ステータス上昇のリーダースキルとしては強力で、2属性にかかるため、デッキの構築幅も広まっている。

ただし同じ黄属性のフェスキャラには、サタン&カーバンクルなどのように攻撃・体力倍率が同じで、
効果範囲や追加の効果でさらに優れているリーダースキルを持つカードもいくつか存在するため、
そういったカードを所持しているなら、まずはそちらを優先して育成しリーダーにするべきだろう。

スキル

3ターンの間、このカードの通常攻撃をn連続攻撃にする。

☆6で8連撃
☆7で15連撃。
必要ぷよ消し数は40個。

☆6の時点で剣士アミティの☆7時のスキルと同じで、
倍率としては聖獣拳士シリーズの☆7の通常スキルも同等である。

複数の敵を倒すのに使ってもいいが、このスキルの真価は1体の敵を相手にした時だろう。
実質的にこのカードの攻撃力をn倍にしているのと同義である。
一般的なエンハンスがデッキ全体に効果があるので、例としてそれに換算すると、
デッキが6体の場合、☆6の8連撃は5+8連撃で13/6≒約2.12倍。☆7で15連撃の場合は5+15連撃で20/6≒約3.33倍。
またテクニカルの高難度クエストなどでデッキが5体の場合、
☆6の8連撃は4+8連撃で12/5=2.4倍。☆7で15連撃の場合は4+15連撃で19/5=3.8倍である。
見た目だけでも3ターン持続する効果としてはなかなかであるが、
このカード自体の副属性も含めた攻撃が実際のデッキの中でも高いことが多いために、
ただのエンハンスと比べると、これ以上に大きな効果があるだろう。

そして何よりこのスキルの強みは、これをさらに他の火力増強手段と合わせられることで、
ワイルド化スキルとなぞり消し増加スキルの併用での分離同時消し、
攻撃力上昇のエンハンス、怯えなどの状態異常、条件エンハンス等を重ねれば数十憶ものダメージを叩きだす事も可能である。

ただし連撃化のため、全体攻撃化・爆裂攻撃化・タフネス貫通化等の他の通常攻撃変化とは重ねがけ出来ない。

その他、攻撃エフェクトが長くなる事には注意。
一分一秒を争うギルドイベントなどではこの点が響く可能性もある。

コンビネーション

「魔導学校」「ガールズ」が乗る。


デッキ考察

黄単色デッキのリーダーとして使っても優秀であるが
このカードの場合は「主副どちらかに黄色または赤色があればリーダースキルがかかる」点を生かす事もできる。
どちらかの色を含んだカードを揃えれば多色デッキとしての運用も可能。

スキルを確実に生かすのであれば、やはり主属性を統一したいので黄属性のカードに限定すると、
通常攻撃強化のためになぞり消し数増加のアレックスはなざかりのチキータ、スキル加速も兼ねられるナルカミ
ワイルド化スキルのレガムントヌールエルマ
蒸気都市のラフィーナや単体相手に向いている商人のビャッコなどの通常エンハンス及び状態異常、
ローザッテ蒸気都市のウィッチなどの条件付きエンハンスを持つキャラを、一緒にデッキに入れたい。

ただしこれらカードとの運用にも相性があり。
例えばローザッテは棒術のラフィーナと2枚でもスキル発動の条件を満たす事が可能になるが、
ワイルド化スキルを併用しなければ、デッキの属性数を増やすことも考えなければならず、
この場合、どうしても蒸気都市のラフィーナとは組むのは難しくなる。
またローザッテをリーダーにする場合、リーダースキルの連続攻撃をスキルで上書きすることになるため相性が悪く、
チャンスボスなどでスキルを使わない場合はローザッテがリーダー、それ以外はこのキャラをリーダーにして使い分ける必要がある。

評価

二属性が効果範囲で高倍率のリーダースキルも強力であるが、
特に連撃スキルの中でも最高クラスの性能から、黄属性のスタメンとして一線級のキャラの一体である。
他にも黄属性には優秀なキャラが揃っており、それらと比べると連撃スキル単体では真価を発揮しづらいが、
他の様々なスキルと合わせたときの火力は、このゲーム内でも指折りである。

余談

このカードは初登場のぷよフェス開催中に、戦乙女アルルのステータス修正と☆7追加が告知された。
あちらの☆7リーダースキルは黄属性の攻撃4.5倍、体力3.2倍と、まだ当時は☆7進化できないこちらを大きく上回ってしまっていた。

しかし同時期にはとことんの塔蒸気と暗闇の塔も無く、ぷよポイントでの交換すらできなかったためワイルドさん(50)の入手は難しく、
戦乙女アルルを☆7にするのは容易ではなかったので、実際に追加直後に戦乙女アルル☆7を入手できた人は少なかった。
☆6同士ではこちらの方が体力倍率で勝っており、赤と黄色の2属性にかかるためデッキの自由度が高いと優れている点も多く、
決して劣化という訳ではなかったのだが、それでも初のフェス限の☆7進化のインパクトのせいで何かと比較されてしまっていた。

なお今では戦乙女アルルの方が、このカードを含めた他のフェス限定キャラの☆7進化に伴うインフレの波についていけず、
何かと比較されてしまっているのは、ソシャゲの常だが盛者必衰というものである。
最終更新:2020年04月04日 08:49