カード能力解説 > タマシイの悪魔シリーズ

あつきヘド ふてきなストルナム せんれつのコスタ たかみのバーテブラ きはくのペルヴィス

レア度 ☆6~7
カードタイプ バランス・単体
スキル能力 自属性ぷよをチャンスぷよに変換し、ネクストぷよをすべて自属性ぷよに変える
☆7ではさらに自属性のみのカードの通常攻撃を3連続攻撃にする
Lスキル能力 自属性カードの攻撃力・体力をアップ、自属性のみで攻撃した場合さらにダメージアップ
クエスト出発時、自属性カードの初回のスキル発動数を減少させる
コスト量 48,60

概要

2017年9月のぷよフェスであつきヘドから順次登場した。
ぷよクエ出身キャラクターから派生したフェス限カードは本シリーズが初となる。
2020/10/19にあつきヘドが☆7に対応した。

ステータス

☆6 Lv99 たいりょく こうげき かいふく
あつきヘド 4128 3057 494
ふてきなストルナム 4045 2996 514
せんれつのコスタ 4211 2896 504
たかみのバーテブラ 4128 2935 514
きはくのペルヴィス 4045 3057 504
☆7 Lv120 たいりょく こうげき かいふく
あつきヘド 6192 4433 667
ふてきなストルナム 6068 4345 694
せんれつのコスタ 6317 4256 681
たかみのバーテブラ 6192 4256 694
きはくのペルヴィス 6068 4433 681
バランスタイプと言うよりは、回復がそこまで伸びないことを踏まえると配分としては本家同様攻撃タイプの能力と言って差し支えないものになっている。
ほかの副属性持ちの攻撃タイプフェスカードよりも攻撃値が高くなるため、回復面がほかより強めの攻撃タイプとしての扱いに近くなりやすい。
ただしあくまでも分類上はバランスタイプとなるため、タイプ縛りで組む場合はタイプの取り違えには注意したい。

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆6 自属性ぷよ2個をチャンスぷよに変換し、
3ターンの間、ネクストぷよを
すべて自属性ぷよに変える
30
☆7 3ターンの間、フィールド上の
自属性ぷよを2個チャンスぷよに、
ネクストぷよをすべて自属性ぷよに変える
さらに3ターンの間、自属性のみのカードの
通常攻撃を3連続攻撃にする

☆6では、漁師ボーイズとスキル発動数は同じで、さらにチャンスぷよが生成される。
雅楽師シリーズの☆6に比べスキル発動数は5個減少しているもののチャンスぷよ生成数も減少している。
雅楽師☆7では発動数が並びチャンスぷよ生成数が4個と追い抜かれてしまう。

あつきヘドは実装時は2ターンであったが、2018/10/5の更新にて3ターンに修正された。

☆7では、雅楽師シリーズとは異なる方面が強化される。
チャンスぷよ変換が芸術家シリーズのように発動時に2個生成し、以降毎ターン2個ずつ、計6個(発動時生成を含めると計8個)変換される効果になる。
また、スキルを加速しながらも、連続攻撃化で通常攻撃も強化する。
この効果が付与されるのは自属性「のみ」のカード、つまり副属性がないカードに限られるので注意。
さらに、他の強化スキル(エンハンス、条件エンハンス、同時消しスキルなど)は発動数40個(フルパワーならさらに多い)の場合が多く、スキル加速を目的にこのスキルを先に発動しても、連続攻撃化が他のスキルとタイミングが合わず、最大限に活かしきれない可能性がある点も頭に入れておきたい。
とはいえこのスキル自体の発動数が早く、初回こそ他とタイミングが合わずとも2周目が周りとタイミングが噛み合って結果的に大きな問題とならないこともあるのだが。
それ以上にチャンスぷよ継続生成の分もあわさって2周目以降は連撃効果が残ったまま再度発動可能になってしまう可能性の方が高く発動させずそのまま待機となることもある。それ自体にデメリットはないがスキル遅延を受ける場面だと、連撃効果が切れるまで待機させるか残っているターンを捨てて発動させターン数をリセットするかの二択を迫られることも……


リーダースキル

あつきヘド以外(あつきヘドはとっくんボードで獲得可)

自属性カードの攻撃力と体力をn倍にし、
自属性のみで攻撃を行なった場合、与えるダメージをm倍にする。
クエスト出発時自属性カードの初回スキル発動ぷよ数をl減らす。

☆6では、攻撃力・体力3.0倍、自属性のみでダメージ1.4倍(計4.2倍)、スキル発動数4減少。
☆7では、攻撃力・体力3.5倍、自属性のみでダメージ1.5倍(計5.25倍)、スキル発動数5減少。

なお、「自属性のみで攻撃」によるダメージアップでは以下の攻撃は除外される。
  • 割合攻撃
  • 固定ダメージ攻撃
  • 無属性攻撃
  • カウンター
  • 吸収
アップするのは攻撃力ではなくダメージ。
スキルによる攻撃や追撃も対象で、
攻撃力を使わないスキル(回復や体力の値で攻撃など)も含まれる。

夏祭りケルビィ系で副属性含む全体を同属性に変化させても通用する。
幻獣プリンセスのチャージスキルは、アップしたダメージがチャージされる。
しかしチャージ解放時に単色でも、さらに効果が及ぶことはない。
また、攻撃回復逆転効果がある場合はダメージは増えず、回復値がアップする。

副属性が含まれていても、ずば抜けた火力が維持されるため強力。
リーダースキル効果の演出が攻撃の寸前に入るため、
発動時の毎ターン終了が0.5秒弱間延びしてしまうのは留意したいところ。
チャンスボスでは手数が減ってしまう可能性がある。

あつきヘド

あつきヘドは☆6のとき、先に登場したため他の4人とリーダースキルが異なる。

スタメンのカードが副属性を含めた5色から1色減るごとに、
赤属性の攻撃力倍率に0.5倍、体力倍率に0.4倍プラス。
さらに2連鎖以上で赤属性の攻撃力が1.35倍になる。

赤属性のみでスタメンを組んだ場合、
攻撃力:1.0+4色×0.5=3.0倍。さらに2連鎖以上で4.05倍。
体力:1.0+4色×0.4=2.6倍。

2018/10/5よりとっくんボードで他のメンバーと同じリーダースキルを獲得できるようになった。
☆7にするとこちらのリーダースキルは上記の☆7のリーダースキルに変わるため使えなくなる。
一方で、とっくんで獲得できる「☆6の他メンバーと同じリーダースキル」は
ゲームシステムの都合上☆7にへんしんしても残り、解放していれば☆6と☆7のリーダースキルの切り替えができる。
しかし、これをするメリットはまったくないので、とっくんリーダースキルを解放している場合は
(石を1個使うが)とっくんボードから他のとっくんに変更しておいたほうが良いだろう。

コンビネーション

共通で「はばたき」「つの」「まもの」を持ち、きはくのペルヴィス以外の4人は「ボーイズ」、きはくのペルヴィスは「ガールズ」を持つ。
他にせんれつのコスタは「めがね」、たかみのバーテブラは「ヒゲ」を持つ。
いずれも本家と同じ。

デッキ考察

スキル、リーダースキル共に単色向けのため、基本的には単色デッキ向け。
スキルを活かす場合、漁師ボーイズや雅楽師シリーズを置き換えたり控えとして起用する形になる。

一方、リーダーとして起用する場合は、リーダースキル(あつきヘドはとっくんで獲得できるリーダースキル)のダメージアップ発動条件に「自属性の攻撃のみ」という条件がある点に注意。
この条件を確実に満たすためには、デッキを副属性無しの同属性単色カードで揃える必要があるため、編成の幅が狭いのが難点。
そのため、リーダーとして起用する場合、副属性を持つカードにとって不利な仕掛け(特定の色属性の攻撃を反射する盾など)が登場するクエストで起用するのが良いか。

また、単色デッキが前提になるため盤面事故が起きやすい点にも注意。
目覚めし力シリーズなどのクエスト開始時にネクストぷよを特定属性のぷよに変換するリーダースキルを持つカードをサポートに起用すれば、ある程度盤面事故を回避できる。

このシリーズに合わせられるくらい発動の早いキャラを挙げると、異邦の使いダンシングスターすけとうだらきらルル系ももいろのりんご藤原はづき瀬川おんぷなどがいる。
黄色は、それぞれスキルマならば、発動25でエンハ条件エンハ被ダメアップ童話、連撃、ネク変、をそろえることが可能なので、最も速攻に向いている色といえるかもしれない。(すけとうだらとさすベスが単色ではないため、タマシイ悪魔をリーダーに置けないのが実に残念であるが)

発動の速さにこだわらなければ使える手札は広がる。
まず、30コスト帯で、各色本家童話や、魔界すずらん+α医者などが使えるだろう。
ギルイベや高難易度クエストを意識するなら、
蒸気初代真理賢者異邦の童話(廉価版の魔法の雑貨店)をつかうことで、
なんならバランスタイプのみで、エンハ、条件エンハ、ワイルド、連撃をそろえられる。
タイプを縛らないなら、蒸気魔導下町聖拳感覚の魔術師夢の配達人の赤青黄、異邦の使いなど、それなりに完成度の高いデッキを組める。
条件エンハとして使えるのが蒸気初代くらいしかいないのが難儀か。
蒸気初代、下町聖拳、感覚の魔術師、異邦の童話がいれば、単色でエンハ、条件エンハ、ワイルド、連撃、盾破壊を無駄なくそろえることができ、
もう1枚空いた枠に、赤と青は異邦アルベルトフィンレイが童話スキルとして入ることができ、
緑と黄にはセオ異邦ミリアムが被ダメアップスキルを入れることができる。

評価

単純にネク変とチャンスぷよ生成は加速として有効である。
加速方面では競合に、ネク変童話のきらルル系しゃくねつのヤマトがいる。
ネク変無効化ギミックが登場するクエストでは、チャンスぷよ生成を行えるこちらのシリーズの方が有利に働く場合もあるかもしれないが、
なぞり消しが増えると諸々のギミックに強くなれて、しかも同時消し係数倍化で火力も上がる。
そう考えると基本的にネク変童話のほうが上手だと思われる。

ネク変童話に対抗するには、やはり最速25発動の3連撃を生かしたいところだが、
これはあまりに時代を先取りした速さであり、しかも単色要求のため、
連撃部分を完全に生かしたデッキを完璧に構築するのは現状おそらく不可能だと考えられる。
異邦の使いおジャ魔女どれみシリーズのような、
発動の早い単色の殴り強化カードが今後充実してくれば、その軸となって活躍できるシリーズとなるだろう。

発動の速さにこだわらなければ、使えるカードは上述のように少なくはない。
(条件エンハがほぼ蒸気初代便りなのが辛いが)
しかし実際は、餅は餅屋ということで、連撃は本シリーズに任せるよりも、連撃専門の方々に任せた方が、当然ダメージは出やすいし、デッキも組みやすい。
そういうわけで、残念ながら現状育成の優先順位はそれほど高くないかもしれない。
速攻の連撃を生かせるキャラが出るかどうかがカギになるのではないだろうか。
今後このシリーズの評価を上げてくれる新規カードが登場することを期待しよう。

備考


余談

あつきヘドが2017年9月に実装されてから、2番目となるきはくのペルヴィスが実装されるまでに約1年ほどの期間が空いている。元々はヘドオンリーで系統化する予定がなかったのかもしれないが……
1枚だけ先行実装されて後から別のカードが追加された前例には他に魔導剣士シリーズがある。


カード詳細

あつきヘド


ふてきなストルナム

せんれつのコスタ

たかみのバーテブラ

きはくのペルヴィス
最終更新:2021年11月07日 01:59