カード能力解説 > さかなシリーズ

すけとうだら ニジイルカ ふふふ さかな王子(魚) ブラックタイガー
レア度 ☆2~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 フィールド上の同色属性のぷよをチャンスぷよに変える・☆3から
Lスキル能力 一度だけ「HP1」の状態で踏みとどまる・☆4~☆6
一度だけ「HP1」の状態で踏みとどまる&味方全体の攻撃力を2.8倍にする・☆7
コスト量 中(4,7,12,18,26,38)
変身合成 ☆2→☆3:小ぷよ、大ぷよ、大ぷよ
☆3→☆4:大ぷよ、岩ぷよ、岩ぷよ、星ぷよ
☆4→☆5:岩ぷよ、岩ぷよ、星ぷよ、星ぷよ、月ぷよ
☆5→☆6:ぷよアイス☆4、☆4、☆5、☆5、☆6
☆6→7:へんしんボードで行う

解説

海の動物で構成されるシリーズ。
クエストドロップ・召喚Pガチャ・シルバーチケットガチャで入手可能。

当初は☆4止まりだったが、2013/05/24のアップデートにより☆5まで成長可能になった。
2014/07/28から、新規モンスターであるニジイルカやブラックタイガーも含めて、ボイスが実装された。

サービス開始から長い間魔導石ガチャからも出現していたが、2015/09/21付で魔導石ガチャからは廃止された。

2015/11/16に☆6が解禁となった。
2018/02/09に☆7解禁。

2020年7月からは「さかな襲来!」というイベントが行われ、イベント報酬としても入手できるようになった。

ステータス

+☆7Lv120時
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
すけとうだら 4911 2270 1163
ニジイルカ 4844 2248 1198
ふふふ 4979 2226 1180
さかな王子(魚) 4911 2226 1198
ブラックタイガー 4844 2270 1180
☆6MAXで体力3274(±45)/攻撃1550(±15)/回復874(±13)
バランスタイプとしてはやや回復が高め。
召喚ポイントからも手に入る事を考えればなかなかの良ステータスだが、かなりの晩成型のため育成には注意。

スキル

フィールドの同色ぷよをn個チャンスぷよに変える。
☆3で習得。変換数は☆3で1個、☆4で2個、☆5で3個、☆6で4個、☆7で5個。
発動に必要なぷよ数は☆3~☆6で40個、☆7で30個。

通称「チャンスぷよ生成」。
上手く使えば任意的に大連鎖チャンスを発動させる事が可能だが、チャンスぷよに変化する場所はランダムなので、ぷよの配置には注意。

チャンスぷよを作ることによって「間接的な威力増加」や「スキル溜め」などを行える。
限定カードである「チコ系」も全く同じスキルを持っている。
また同じく限定カードの「エジプト神話シリーズ」は「大連鎖チャンス生成」という類似したスキルを持っている。

大連鎖チャンスを成功させれば、攻撃・回復・他カードのスキル加速とその効果は大きい。
なお、チャンスぷよを一度に2個以上同時に消してしまった場合、大連鎖チャンスの連鎖数が余分に消した数だけプラスされる。
余分に消したチャンスぷよが完全に無駄になるわけではないが、2度3度と分けて大連鎖チャンスを発生させた場合と比べると、効率はダウンしてしまう。

リーダースキル

味方の各カードが、体力が0になっても1回のみ「体力1」で踏みとどまる。
☆4で習得。このリーダースキル名である「タフネス」は、この効果の通称となっている。
☆7では、さらに味方全体の攻撃力を2.8倍にする。

敵の攻撃を喰らって本来なら離脱するところを、一度だけHP1になって踏みとどまる効果である。
このスキルはリーダー、サポートリーダー双方で発動するため、両方タフネスで揃えた場合、都合2回、HP1で踏みとどまることが可能となる。

所持カードの少なさから混色デッキしか組めないことが多い初心者なら、転ばぬ先の杖として使える。
回復スキルのタイミングなどを誤ってHPが0になる可能性を下げてくれるので、慣れるのに適している。

ただ、単色デッキで耐久パーティーを組むならば、タフネスより「魔界シリーズ」や「SUN」のHP倍化のほうが有効に働くことが多い。
ギルイベなどの超高階層ではそれらでも耐え切れないのでタフネスを利用することになるが、同じタフネス持ちでもこちらではなく限定カードである「西洋妖怪シリーズ」が使われることが多い。ただし2番手に配置することで、リーダーが集中攻撃を受けて落とされてもタフネス体制崩壊を防ぐことができるし、自身のスキルで他のスキル貯めのもう一押しに使える。

HPが1で踏みとどまったカードは倒れた扱いとなり、同一ターン内の通常攻撃でそれ以上の攻撃は来ない。
ただし全てのカードが倒れた扱いとなった場合は、残りの攻撃が全て最後尾のカードに集中してしまい、その結果最後尾のカードは踏みとどまった状態から更に攻撃を喰らって倒されてしまう。
とはいえ残りカードがタフネス1枚だけの状態にでもならない限り、そんなことは起きないと思われるが。

その一方で、相手がタフネス持ちでこちらに通常攻撃が全体攻撃のカードがあると、タフネス発動したカードに更に攻撃が発生して倒せてしまう現象が確認されている。

コンビネーション

全員「スイマー」を所持。
主要の「ガールズ」「ボーイズ」などを持ってないので少々扱いにくい。
入れるときはコンビは考えない方が結果論的には良いか。

評価

同じスキル・Lスキルを持つカードはいくつかあるが、ドロップや召喚Pガチャで手軽に入手出来るのはこのシリーズのみ。
☆5までなら育成が比較的簡単であることから、ある種の初心者向けカードと言える。

チャンスぷよ生成カードとしては、☆6で最高4つチャンスぷよを生成可能な「チコ系」と「スイートアミティ」(いずれもイベント・ぷよP限定)という上位互換がある。
同様にLスキルは、「ガーディアンシリーズ」(AC連動ガチャ限定)や「西洋怪物シリーズ」(イベント報酬・ぷよP)の方がよりギルイベに向いたスキルを持っている。
スキル加速として見ても、発動の速さも加速量も「漁師ボーイズ」には及ばない。
このように、カード資産が豊富なプレイヤーは他のカードに乗り換えてしまうことが多く、高ランカーのデッキにはまず入っていないカードとなっている。
カードプールが一通り揃っているなら無理に育成する必要はないだろう。
ただ上記の通り入手機会が多いカードなのでスキル上げはやりやすい。ダブった場合は売却せずにスキル上げを行うこと。

なお、バトルイベントなどでの迎撃を考えた際に需要が高いと思われるタフネス持ちキャラで、比較的容易に入手・複数所持できるのはこのカードである*1
迎撃デッキには、追撃のスキル持ちの「すずらん+αシリーズ」と並んで良く働いてくれるカード。
タフネス貫通を持つキャラの存在があるので育成必須ではあるが。
逆に考えると、攻撃に参加する際はタフネス対策を考えておく必要があるということ。

各カード考察

すけとうだら
この系列の代表格とも呼べるおなじみの彼だが、コンビネーションは「スイマー」のみで、特に目立った個性は見当たらない。
セリリとはちゃっかり「スイマー」がのるので、コンパイル時代の関係を再現するのも面白い。

ニジイルカ
序盤から妖精交換の報酬で入手できる。
スイマーの他に「はばたき」と「つの」(☆5から)がある。
分岐分類学ではイルカはさかなである。

ふふふ
特有のコンビネーションとして「商人」という超マイナーコンビを有する。
対応カードがいずれも使いづらいが、それゆえネタデッキとしてはアリか?

さかな王子(魚)
コンビネーションは「スイマー」のみ。
後に「トラベラー」も追加された。

ブラックタイガー
独自に「どうぶつ」「にくきゅう」「ヒゲ」*2のコンビネーションを有する。
エビはさかなではないと細かなことを気にしてはいけない。多分魚介類という扱いなのだろう。
最終更新:2020年10月18日 22:10