カード能力解説 > 童話シリーズ

レベッカ グレイス ウィン アレックス チキータ

レア度 ☆4~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 1~3ターンの間なぞり消しできる数を増やし、同時消し係数が4倍になる
Bスキル能力 最終ダメージ値に加算
Lスキル能力 場に出ている同属性カードの枚数に比例して同属性カードの攻撃力アップ
コスト量 大(14,20,28,40)
変身合成 ☆4→☆5:ぷよゼリー☆3、☆3、☆4、☆5、魔道書☆5
☆5→☆6:ぷよゼリー☆3、☆4、☆5、魔道書☆5、☆6
☆6→☆7:へんしんボードにて
CV レベッカ:山田 奈都美 グレイス:山田 悠希 ウィン:美幸 キャスリーン アレックス:髙橋 瑛美 チキータ:石黒 千尋


解説

マタタビ収集祭り以降の収集イベントでスペシャル特攻カードとして登場した限定カード。
ボス!?シリーズ」と同様に、特定のイベント期間中にのみ魔導石ガチャから出現する形だったが、
2017/3/15よりゴールドチケット以上から排出されるようになった。

高プロデューサーが口頭で「童話ガールズ」と呼んでいた事もあったが、童話ガチャイベント時の公式サイトによれば、結局「童話シリーズ」で落ち着いた模様。

2015/06/24にボイスが実装された。
2017/10/10に☆7が実装。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
レベッカ★6 3000 1931 290
レベッカ★7 4425 3089 355
グレイス★6 2980 1924 302
グレイス★7 4386 3078 370
ウィン★6 3020 1917 296
ウィン★7 4455 3067 363
アレックス★6 3000 1917 302
アレックス★7 4425 3067 370
チキータ★6 2980 1931 296
チキータ★7 4396 3089 363

コストは魔導学校シリーズと同じ「大」の区分だが、攻撃力は魔導学校よりも高くなる傾向がある。
後述のスキル、及びリーダースキルが異様に強い反面、体力は低めなので優先的にレベルを上げて補強したい。
☆6レベル99のステータスは体力が3000±20、攻撃が1924±7、回復が296±6。

リーダースキル

レアリティ 効果
☆4 スタメンの自属性カードが2枚以上から1枚増えるごとに、
自属性の攻撃力倍率に0.2倍プラス (最大2倍)
☆5 上記と同条件で0.25倍プラス (最大2.25倍)
☆6 上記と同条件で0.3倍プラス (最大2.5倍)
☆7 上記と同条件で0.5倍プラス (最大3.5倍)
とっくん 自属性の体力を2.5倍、攻撃力を3倍にする

味方の場に出ている同属性カードの枚数が1枚増えるごとに攻撃力アップ。
(カード詳細画面の説明では"スタメン"となっているが、サポートや控えから表に出たカードも対象となる)
自身を含めた同属性の枚数が1枚だけでは効果がなく、2枚からアップする。副属性が同属性のカードも1枚としてカウントされる。
計算式で表すと、倍率は { 1.0 + a × (b-1) } 倍。
aはリーダースキル説明に記載された倍率。bは場に出ている同属性カードの枚数(自身やサポートを含む)。

一見優秀なリーダースキルのように思えるが、マイナス面も多い。
まず、「場に出ている同属性カードの枚数」が減ると倍率も下がってしまう。
童話シリーズと同色のカードが最低でも1枚(場全体では2枚)ないと攻撃力が上昇しない。
完全単色で挑んだとしても、クエスト中にカードを何枚か落とされ場に出ているカード自体が少なくなってしまうと、童話シリーズがリーダーとして残っていても攻撃力は一気に落ちてしまう。
特に、サポートを落とされると天使シリーズのスキルで復活させない限り最大まで攻撃力を戻すことができない。

マルチプレイでは最大4枚なので、倍率は高くない。サブプレイヤーが童話を起用してくれたのなら、ホストプレイヤーは別の火力アップのカードに差し替えた方がいいだろう。
バトルでは1グループ最大3枚なので更に倍率が低い。

とっくんボードで獲得できるリーダースキルは、☆7時の最大火力3.5倍より落ちるものの、3倍は十分すぎる威力。
自属性の枚数にかかわらず効果は一定になることで欠点が失われ、さらに十分な体力倍率も付くため、ぷよフェス限定カードに匹敵する安定感のあるリーダースキルとなる。
目覚めし力シリーズの下位互換ではあるが、スキルは本カードが大いに勝るので一概にどちらが優位とは言えない。

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆4 1ターンの間、なぞり消しの数を5個増やす (同時消し係数を4倍に) 40
☆5 2ターンの間、なぞり消しの数を5個増やす (同時消し係数を4倍に)
☆6 3ターンの間、なぞり消しの数を5個増やす (同時消し係数を4倍に)
☆7 3ターンの間、なぞり消しの数を7個増やす (同時消し係数を4倍に)
とっくん 2ターンの間、なぞり消しの数を5個増やす (同時消し係数を5倍に)

通常攻撃の時になぞり消しできる数を増やす。さらに、ぷよを同時消ししたときのダメージ計算係数が上昇する。つまり同時消しでの攻撃力がアップする。(通称童話砲
だいれんさチャンスではなぞり消し個数を増やす効果は適用されず通常の5個消ししかできないが、同時消し係数は残ることは頭に入れておこう。

井上ディレクターのtwitter曰く、10個なぞりを利用して多数の同時消しを狙うというコンセプトだそうである。
ダメージの計算式は『カードの「こうげき」×各種補正×{1+(同時に消したぷよの数-4)×同時消し係数}』で、通常時の同時消し係数は0.15。この値が4倍になる。
事前にフィールドを整地するなどのテクニックも必要だが、分離消しで威力をさらに底上げすれば「初代シリーズ」並の高い攻撃力が出せる。
同じく盤面次第とはいえ、16個以上の同時消しによるチャンスぷよの生成が確定する機会も少なくない。
プレイヤーの力量や運が絡んでくるが、☆6ならコスト40で3ターン持続するので、見方によっては初代砲以上の使い勝手と言えるかもしれない。
なお、なぞり消しではないスキルによるぷよ消しでは、同時消し係数は適用されない(初代スキル等)。

同種スキルは上書きされるため、例えばリーダーとサポートで童話シリーズを2体使う場合はスキルをずらして発動させることになる。

全体攻撃や連続攻撃など、通常攻撃を強化する各種のスキルと同時に使えば、強力な一撃を出すことが可能である。

一般的な強化スキルは「個々のカードに強化を付与する」ものが多く(カードにアイコンがつく)、そのカードが倒されてしまうと効果が切れてしまい、控えのカードが出てくるとそれには強化が乗っていないという弱点がある。
しかし、このスキルはカードに付与するものではなくいわば「プレイヤーに付与する」とでもいうもので、童話自身が落ちても効果が継続するし、スタメンが全滅して控えと全交代という状況になっても童話のスキルは途切れることなく規定ターン数まで継続するという特徴を持つ。

とっくんボードで獲得できるスキルでは、ターン数が2、なぞり消し数増加が5個(☆6と同等)に減り、同時消し係数が5倍に増加する。
しろいフェーリ系よりターン数が1少ない下位互換。
1ターン持続の攻撃力アップスキルに頼るなど、3ターンも必要がない攻撃を行う場合は、単純に威力が増加するためさらに強力な攻撃手段となる。

+同時消しのダメージ計算例と同時消し係数4倍によるダメージ上昇率
以下、赤の攻撃力1000のカードでコンビネーションボーナスやタワーボーナス、リーダースキルなどによる補正、分離消しはないものとする。

1連鎖目に赤4個、青4個の合計8個の同時消しをした場合
カードの「こうげき」×各種補正×{1+(同時に消したぷよの数-4)×同時消し係数}
1000×1×{1+(8-4)×0.15}=1600ダメージ
赤8個のみの場合でも合計数は変わらないため同じダメージとなる。
童話シリーズのスキルによって同時消し係数が4倍になると
1000×1×{1+(8-4)×0.15×4}=3400ダメージ(通常の2.12倍のダメージ)

1連鎖目に赤8個、青4個の合計12個の同時消しをした場合
カードの「こうげき」×各種補正×{1+(同時に消したぷよの数-4)×同時消し係数}
1000×1×{1+(12-4)×0.15}=2200ダメージ
赤4個青8個、赤12個のみの場合でも合計数は変わらないため同じダメージとなる。
童話シリーズのスキルによって同時消し係数が4倍になると
1000×1×{1+(12-4)×0.15×4}=5800ダメージ(通常の2.64倍のダメージ)

1連鎖目に赤8個、青8個の合計16個の同時消しをした場合
カードの「こうげき」×各種補正×{1+(同時に消したぷよの数-4)×同時消し係数}
1000×1×{1+(16-4)×0.15}=2800ダメージ
童話シリーズのスキルによって同時消し係数が4倍になると
1000×1×{1+(16-4)×0.15×4}=8200ダメージ(通常の2.93倍のダメージ)

以上のように、同時消しの合計数が多いほど、同時消し係数4倍によるダメージ上昇率も高くなることが分かる。

とっくんボード

まんざいデモ追加:3段階、11段階
段階 内容 必要野菜
7 こうげきアップ +200
8
選択式
属性ダメージ耐性(5色から選択) +2.0% イチゴ(20) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(1)
15 属性ダメージ耐性(苦手属性) +3.0% イチゴ(30) ナスビ(3) アスパラ(3) トウガラシ(1)
16
選択式
属性ダメージ耐性(5色から選択) +3.0% イチゴ(30) ナスビ(3) アスパラ(3) トウガラシ(1)
23 属性ダメージ耐性(苦手属性) +5.0%
24
選択式
たいりょくアップ +500 イチゴ(2) ナスビ(2) アスパラ(10) ブロッコリー(3)
こうげきアップ +250 イチゴ(10) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(3)
かいふくアップ +100 イチゴ(2) ナスビ(10) アスパラ(2) キャベツ(3)
スキル獲得 イチゴ(60) ナスビ(6) アスパラ(6) トウガラシ(12) ピタヤ(4)
リーダースキル獲得 イチゴ(60) ナスビ(6) アスパラ(6) トウガラシ(12) ピタヤ(4)

評価

リーダースキルは続々と上位互換が登場し始め、体力に若干難があるものの、強力なカードである。
単体でも十分強いが、近年では漁師や星魔などのさらに効果を引き上げるカードが多数登場している。
初代砲が1ターンのみの瞬発火力に対して、こちらは数ターン火力が上がるタイプである。
最前線で活躍出来るので、必須カードと言える。
単色デッキだけではなく、多色デッキにおいても有用なスキルで大活躍できるだろう。
手に入れたら最優先で強化し、単色デッキのスタメンリーダーに起用して活躍させてあげよう。

各カード考察

レベッカ
「マタタビ収集祭り」で登場。
コンビネーションは「ガールズ」のみ。
このキャラの登場で赤単☆6ガールズデッキが作成可能となった。
スキルの強力なカードが揃っている上に、コンビネーションが乗ることで
さらに全ステータス1.2倍というのは他色には真似できない。

元ネタは「赤ずきん」。

グレイス
「マカロン収集祭り」で登場。
コンビネーションは「ガールズ」と「ひえひえ」。
このシリーズのLスキルは魔導学校シリーズのLスキルと用途が被ってしまっているが、
このカードはシグとコンビネーションが異なるので青ガールズデッキのリーダーとして起用できる。
元ネタは「雪の女王」。

ウィン
「サンマ大漁祭り」で登場。
コンビネーションは「ガールズ」と「剣士」。
緑主流の一つである「ツノ」デッキに組み込めない。
コンビネーションを無視で「ツノ」デッキに入れるか、
リデル、ドラコケンタウロスを中心とした「ガールズ」デッキでの使用がメインとなる。

元ネタは「ピーターパン」だろうが、なぜか女体化されている。

アレックス

「月見だんご収集祭り」で登場。
コンビネーションは「ガールズ」「剣士」に加え、「トラベラー」をもつ。
黄色ガールズが大幅に組みやすくなった。

元ネタは「アーサー王」だろうが、こちらも女体化されている。

チキータ

「第2回ハロウィン祭り」で登場。
コンビネーションは「ガールズ」と「トラベラー」で、「どうぶつ」が乗ってくれたりはしない。今後のアップデートに期待したい。
紫主流のデッキの一つである「ナゾ多き」には居場所がない。

元ネタは「ドン・キホーテ」だろう。キホーテ卿は本来おっさんのはずなのだが…。