カード能力解説 > きらめくルルー・めぐりあいのアリィ・さすらいのベストール

きらめくルルー めぐりあいのアリィ さすらいのベストール

レア度 ☆6~7
カードタイプ 各自・単体
スキル能力 3ターンの間、ネクストぷよをすべて自属性ぷよに変え、
さらに一度に消せるぷよ数をn個増やす
Lスキル能力 各自
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

ルルーは2018年7月のきらめく夏ガチャにて登場。2019年8月9日に☆7が実装された。
アリィは2019年6月の2000万DL記念ガチャに登場。
ベストールは2020年5月のぷよフェスキャラとして登場。

ステータス

キャラクター カードタイプ たいりょく こうげき かいふく
きらめくルルー(☆6 Lv.99) こうげき 4210 2603 351
きらめくルルー(☆7 Lv.120) 6210 4165 430
めぐりあいのアリィ(☆6 Lv.99) たいりょく 5204 2249 300
めぐりあいのアリィ(☆7 Lv.120) 8846 3036 405
さすらいのベストール(☆6 Lv.99) バランス 4180 2280 670
さすらいのベストール(☆7 Lv.120) 6271 3307 905


スキル

3ターンの間、ネクストぷよをすべて自属性ぷよに変え、
さらに一度に消せるぷよ数をn個増やす。(同時消し係数を4倍に)
☆6では5個。☆7では7個。
必要ぷよ消し数は☆6では35個、☆7では30個。

漁師童話のスキルを1枚でまかなえるスキル。
ただし☆6ではネクスト変換スキルとしては発動がやや遅く、スキルレベルを上げにくいのが少し物足りないところ。

しかし、この弱点は☆7で必要ぷよ消し数が5個早くなることでほぼ解消される。
スキル発動のタイミングが漁師に並び、童話の☆7と同様になぞり消し数も増えるため、
依然としてスキルレベルは上げにくいが、それを含めても実質的に両者のいいとこどりと言える非常に強力なスキルになる

同色で他にもネクストぷよ変換スキルを持つ雅楽師シリーズや、
なぞり消し数増加のスキルを持つしろいフェーリ系はなざかりのチキータ、コラボ限定だがエースピッチャーアルルがあり、
それぞれこのカードのスキルの片方の効果しか持たない代わりにチャンスぷよ変換効果を持ち、
さらに同時消し係数の補正がこちらより高くなるため、
組み合わせるカードや場面次第でそれぞれを使い分けるべきだろう。

また主属性以外の吸収盾や反射盾が登場する一部クエストでは、(このカードに限らないが)副属性を持つカードを起用しづらい。
そのようなクエストでは、このカードを漁師ボーイズや童話シリーズなどの副属性を持たないカードに置き換えるのが無難。

リーダースキル

きらめくルルー
スタメンの赤カードが2枚以上から1枚増えるごとに
赤属性の攻撃力倍率・体力倍率をプラスする。
☆6では、攻撃力は0.5倍プラス(最大3.5倍)、体力は0.4倍プラス(最大3.0倍)
☆7では、攻撃力は0.7倍プラス(最大4.5倍)、体力は0.5倍プラス(最大3.5倍)

属性は異なるが同じ系統の効果を持つ戦乙女ダークアルルや伝道師りすくまよりも体力倍率が高くなっている。
それらと同様にマルチやバトル、高難易度のサポートが出せないクエストなど、6体出せない場合は最大倍率にならない点も注意

めぐりあいのアリィ
青属性カードのステータス強化。
☆6で攻撃力と体力を3.2倍、回復を1.5倍。
☆7で攻撃力4.2倍、体力3.5倍、回復2.0倍。

攻撃力、体力ともにフェス限定キャラとして十分な倍率で、回復にも補正がかかる。

他の青属性の☆7解放済みのフェス限定キャラには、
ルリシアアルル&カーバンクルなどの回復においても強力なリーダースキルが存在するが、
それらのキャラを持っていないか、持っていてもこちらを先に進化させていた場合は、十分に活躍が見込める。

さすらいのベストール
黄属性カードの攻撃力、体力を強化し、タフネス付与

☆6で攻撃力3.2倍、体力3.0倍。
☆7で攻撃力4.2倍、体力3.5倍。

ジーニアスナイトクルークのリーダースキルの黄属性版。
詳しくはそちらを参照
ぷよフェス限定キャラの中では基本的にバトル向けのリーダースキルである。

コンビネーション

各自を参照

デッキ考察

きらめくルルー
リーダースキル・スキル共に赤属性のデッキを構築する上でとても頼もしいものとなる。
リーダーとしては攻撃、体力ともに最大倍率はフェス限定キャラの☆7として一線級のものであるが、
くろいキキーモラの開幕ネクストぷよ変換やしろいフェーリのようなスキルの初動を早くするような、その他効果は何も無い。
最近の高難易度クエストではとことんの塔蒸気と暗闇の塔など、サポーターが出せず最大倍率の条件を満たせないことも多いので、
他のカードにリーダーを任せた方が良い場合もある。
ただしデッキに組み込めるカード数が少ない分、スキル性能の高いこのカードはスタメンとしての重要度が上がっている。
めぐりあいのアリィ
リーダースキルとスキル共に青単色デッキを前提としたものであるため、青単色デッキでの起用がメインとなる。
リーダーとして起用すれば、青属性を持つカードの全能力が上昇するためクエストでの安定性が増す。
青属性でしろいフェーリはなざかりのチキータのように高い同時消し係数のなぞり消し数増加スキルを持つのは
ぷよフェスキャラではなくコラボキャラのエースピッチャーアルルしかおらず、あちらの入手難度を考えると、
このカードは他の属性にも増して自属性の単色デッキにとって替えがきかない一体である。
さすらいのベストール
リーダーとしての運用はバトル以外だと使いどころを選ぶ面もあるが、
バランスタイプであるので真理の賢者セヴィリオと組めるのは大きな強み。

評価

各キャラともスキルだけで、それぞれの属性の単色や疑似多色デッキにとっては十二分に頼もしい1枚。
入手出来た場合は各属性の単色デッキでスタメンとして存分に使っていきたい。

余談



カード詳細

きらめくルルー
コンビネーションは「ガールズ」「初代メンバー」「メガネ」


めぐりあいのアリィ
コンビネーションは「ヒロイン」「ガールズ」

さすらいのベストール
コンビネーションは「ボーイズ」「ナゾ多き」
最終更新:2020年10月08日 05:33