カード能力解説 > カミの癒し手シリーズ

アザウィア ムシュト シュリータ ラウン ハビラ
レアリティ ★5~★7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル 各自
バトルスキル なし
リーダースキル 自属性カードの攻撃力を3.5倍、体力を3倍にし、
クエスト開始時から4ターンの間、
自属性カードに最大体力の20%の回復
コスト 20,40,54
へんしん合成 ★5→★6:【★5】ぷよチョコ、[★5]ぷよチョコ、
【★6】ぷよチョコ、[★6]ぷよチョコ、【★6】100点テスト
※【】は主属性、[]は副属性。
CV アザウィア:綾瀬 貴尋
ムシュト:中村 和正
シュリータ:倖月 美和
ラウン:河 実里夏
ハビラ:山田 奈都美

概要

2019年9月に、シュリータから順に登場したシリーズで、登場当初から★7が実装された。
2021年4月24日のガチャラインナップ更新より、魔導石ガチャから常設で出現するようになった。
2021年10月14日に、ボイスが実装された。

夢の配達人シリーズあやかしの遊びシリーズと同様に、それぞれスキルが異なる。

ステータス

★6 Lv.99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アザウィア 4051 1529 1630
ムシュト 3995 1513 1662
シュリータ 4108 1496 1646
ラウン 4051 1496 1662
ハビラ 3995 1529 1646

★7 Lv.120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アザウィア 6482 2140 2608
ムシュト 6392 2117 2659
シュリータ 6573 2095 2633
ラウン 6482 2095 2659
ハビラ 6392 2140 2633
かいふくタイプとしてはコストが高いが、その分どの能力も高い。
攻撃力はあまり高くないとはいえ、下降補正のかかるシュリータ、ラウンでも★7で2000は超えるため、全体の攻撃力に影響を与えるほど、低くはない。

スキル

アザウィア
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★5 フィールド上の色ぷよをランダムで2個チャンスぷよに変え、
1ターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)
40
★6 フィールド上の色ぷよをランダムで3個チャンスぷよに変え、
1ターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)
★7 フィールド上の色ぷよをランダムで5個チャンスぷよに変え、
1ターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)
35
魔界シリーズ(★7 とっくんスキル)の上位互換で、発動ぷよ数は、ワイルド化スキルを持つキャラの中でも、赤属性では最も少ない。
しかし、効果範囲やチャンスぷよ変換はともかく、効果が1ターンと短いことから、発動ぷよ数が5個少なくなっても、他のスキルと足並みが揃えられない場合が多い。

ムシュト
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★5 2ターンの間、全属性盾のダメージカット後のダメージを2.5倍にする
(ただしダメージカット前のダメージを上限とする)
40
★6 2ターンの間、全属性盾のダメージカット後のダメージを3倍にする
(ただしダメージカット前のダメージを上限とする)
★7 2ターンの間、全属性盾のダメージカット後のダメージを3.5倍にする
(ただしダメージカット前のダメージを上限とする)
マジカルウォールシリーズの全属性版スキル。この系統のスキルを発揮できる場面は、基本的にギルドイベントの全属性盾ステージだが、単色デッキであっても副属性の攻撃にも適用される分、こちらが上回る。
バナナの魔人アインが、ターン数が1ターン多く、倍率が0.5倍低い類似スキルを持つ。
貴重なかいふくタイプの盾破壊スキル持ちのため、癒しの天使ガールズなどを使用したかいふくタイプデッキの盾破壊役としても扱える。

シュリータ
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★5 相手単体に「こうげき」×10の属性攻撃を与え、
3ターンの間、「麻痺」状態にする
40
★6 相手単体に「こうげき」×15の属性攻撃を与え、
4ターンの間、「麻痺」状態にする
★7 相手単体に「こうげき」×20の属性攻撃を与え、
5ターンの間、「麻痺」状態にする
ディーナに似たスキルだが、他に、ナソス ver.エミーセーラージュピターも属性攻撃+「麻痺」付与スキルを持つが、タイプや副属性の有無で使い分けができる。
全て所持している場合は、常時入手の機会がある代わりに、ワイルドさん(40)が必要になるため、このあたりは一長一短になる。

ラウン
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★5 2ターンの間、味方全体の攻撃力を2倍にする
スタメンの属性数が4属性以上の場合は3倍にする
40
★6 2ターンの間、味方全体の攻撃力を2.5倍にする
スタメンの属性数が4属性以上の場合は3.5倍にする
★7 2ターンの間、味方全体の攻撃力を3倍にする
スタメンの属性数が4属性以上の場合は4.2倍にする
蒸気都市の魔導学校シリーズのスキルと似ているが、真逆の性質になっている。
効果範囲は味方全体だが、最大限活かすためには、多色デッキで発動する必要がある。
属性数計算は副属性を含めて行われるため、副属性で数を調整することで、単色デッキに組み込む形でも扱える。
攻撃力強化倍率は3属性以下でm倍、4属性以上でn倍になる処理のため、いずれかの倍率しか働かず、さらにm倍やm倍プラスという処理ではない。
いずれの場合でも、通常攻撃力強化スキルとして扱われる。

ハビラ
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★5 1ターンの間、ネクストぷよをすべてむらさきぷよに変え、
さらに一度に消せるぷよ数を3個増やす(同時消し係数を2倍に)
35
★6 2ターンの間、ネクストぷよをすべてむらさきぷよに変え、
さらに一度に消せるぷよ数を3個増やす(同時消し係数を2倍に)
★7 3ターンの間、ネクストぷよをすべてむらさきぷよに変え、
さらに一度に消せるぷよ数を5個増やす(同時消し係数を3倍に)
30
ネクストぷよ変換となぞり消し数増加を持つスキルで、発動ぷよ数の少なさもあり、強力。
後に、上位互換に夜想のベルナール、下位互換にやみのカーバンクルが登場したが、全て所持している場合でもタイプ、副属性、コンビ、ステータスで使い分けができる。

リーダースキル

レアリティ リーダースキル
★5 自属性カードの攻撃力を2.5倍、体力を2倍にし、
クエスト開始時から2ターンの間、
自属性カードに最大体力の10%の回復
★6 自属性カードの攻撃力を3倍、体力を2.5倍にし、
クエスト開始時から3ターンの間、
自属性カードに最大体力の15%の回復
★7 自属性カードの攻撃力を3.5倍、体力を3倍にし、
クエスト開始時から4ターンの間、
自属性カードに最大体力の20%の回復
喫茶店の3人娘に似たリーダースキルだが、回復効果が割合になっている(回復値に影響されず、最大HPで回復する)。
強力すぎると思われたのか、ほかの自動回復系リーダースキルと異なり、永続の自動回復ではない。

コンビネーション

共通で「スピリッツ」に対応している。
その他のコンビネーションは、「各カード詳細」を参照。

各カード詳細

アザウィア
コンビネーションは、「ボーイズ」「スピリッツ」。
名前の由来と思われる「alzzawia(アルザウィア)」は、アラビア語で「角(かど)」を意味する。
アザウィアのカミの頭の部分は、本シリーズの他のキャラに比べて角ばっている。

ムシュト
コンビネーションは、「ボーイズ」「スピリッツ」。
名前の由来と思われる「musht(ムシャートン)」は、アラビア語で「櫛」を意味する。
★6のイラストでは、櫛を持っており、★6のキャラクター説明とセリフから、その櫛を大切にしていることが窺える。

シュリータ
コンビネーションは、「ガールズ」「スピリッツ」。
名前の由来と思われる「sharit(シャリート)」は、アラビア語で「リボン」を意味する。
大きいリボンがついているのはラウンにも共通するが、よく見るとシュリータには小さいリボンが髪のいたるところについているのが見える。

ラウン
コンビネーションは、「ガールズ」「スピリッツ」。
名前の由来と思われる「allawn(アローン)」は、アラビア語で「色彩」を意味する。
本シリーズの他のキャラの髪は二色になっているが、ラウンのみカラフルな色合いになっている。

ハビラ
コンビネーションは、「ガールズ」「スピリッツ」。
名前の由来と思われる「Dafira(ダフィラ)」は、アラビア語で「組み紐、編んだ髪」を意味する。
ハビラの髪は三つ編みにされており、★5のセリフやキャラクター説明からも、カミを編むことへのこだわりが窺える。
最終更新:2022年09月05日 00:18