カード能力解説 > カミの癒し手シリーズ

アザウィア ムシュト シュリータ ラウン ハビラ
レア度 ☆5~7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル能力 各自
Lスキル能力 自属性カードの攻撃力を3倍、体力を2.5倍にし、クエスト開始時から3ターンの間、自属性カードに最大体力の15%の回復
コスト量 20,40,54
変身合成 ☆5→☆6:ぷよチョコ☆5,【☆5】,☆6,【☆6】,100点テスト
※【】は副属性色。その他は主属性の色。
CV アザウィア:綾瀬 貴尋
ムシュト:中村 和正
シュリータ:倖月 美和
ラウン:河 実里夏
ハビラ:山田 奈都美

概要

2019年9月にシュリータから順次登場したシリーズ。
夢の配達人あやかしの遊びと同じく色ごとにスキル効果が異なる。
2021/4/24のガチャラインナップ更新より、魔導石ガチャから常設で出現するようになった。
2021/10/14にボイスが追加された。

ステータス

☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アザウィア
ムシュト
シュリータ
ラウン
ハビラ
☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アザウィア 6482 2140 2608
ムシュト 6392 2117 2659
シュリータ 6573 2095 2633
ラウン 6482 2095 2659
ハビラ 6392 2140 2633

スキル

アザウィア (ぷよ消し数: ☆5~6=40個、☆7=35個)
フィールド上の色ぷよをランダムでn個チャンスぷよに変え、
1ターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)。
☆5で2個、☆6で3個、☆7で5個。

多くの面で魔界シリーズのとっくんスキルの上位互換で、発動35個はワイルド化の中でも最速。
だが効果範囲やチャンスぷよ生成はともかく、発動が5個早くなっても他のスキルと足並みが揃えられない場合が多い。

ムシュト (ぷよ消し数: 40個)
2ターンの間、全属性盾のダメージカット後のダメージをn倍にする。
☆5で2.5倍、☆6で3.0倍、☆7で3.5倍。

マジカルウォールシリーズのスキルの全属性版。この系統のスキルを使うのは基本的にギルイベの全盾ステージであるが、
単色デッキであっても副属性の攻撃にも適用される分こちらが上回る。
バナナの魔人アインが、ターン数が1多く、倍率が0.5倍低い類似スキルを持つ。
貴重なかいふくタイプの盾破壊スキル持ちのため、癒しの天使ガールズなどを使用したかいふくタイプデッキの盾破壊役としても使える。

シュリータ (ぷよ消し数: 40個)
相手単体に「こうげき」×nの属性攻撃を与え、mターンの間「麻痺」状態にする。
☆5で10倍・3ターン、
☆6で15倍・4ターン、
☆7で20倍・5ターン。

ディーナの緑属性版のようなスキル。

ラウン (ぷよ消し数: 40個)
2ターンの間、味方全体の攻撃力をn倍にする。
スタメンの属性数が4属性以上の場合はm倍にする。
☆5で2.0倍・3.0倍、
☆6で2.5倍・3.5倍、
☆7で3.0倍・4.2倍。

蒸気魔導シリーズと似ているが真逆の性質であるエンハンススキル。
効果範囲は味方全体だが、最大限活かす為にはデッキを多色にする必要がある。

ハビラ (ぷよ消し数: ☆5~6=35個、☆7=30個)
nターンの間、ネクストぷよをすべてむらさきぷよに変え、さらに一度に消せるぷよ数をm個増やす(同時消し係数o倍)
☆5で1ターン・3個・2倍、
☆6で2ターン・3個・2倍、
☆7で3ターン・5個・3倍。

きらめくルルー系の紫属性版とも言えるスキル。
それらのフェス限定キャラや童話シリーズよりもなぞり消し増加数や同時消し係数は劣るが、
発動の早さもあり強力なスキルである。

リーダースキル

自属性カードの攻撃力をn倍、体力をm倍にし、
クエスト開始時から数ターンの間、自属性カードに最大体力の(a)%の回復

☆5で攻撃力2.5倍、体力2.0倍。2ターン10%回復。
☆6で攻撃力3.0倍、体力2.5倍。3ターン15%回復。
☆7で攻撃力3.5倍、体力3.0倍。4ターン20%回復。


コンビネーション

「ボーイズ」または「ガールズ」と、全員が「スピリッツ」を持つ。
性別はキャラクターごとに異なるので下記参照。

デッキ考察



評価



余談



各カード詳細

アザウィア
コンビネーションは「ボーイズ」「スピリッツ」


ムシュト
コンビネーションは「ボーイズ」「スピリッツ」


シュリータ
コンビネーションは「ガールズ」「スピリッツ」

ラウン
コンビネーションは「ガールズ」「スピリッツ」


ハビラ
コンビネーションは「ガールズ」「スピリッツ」
最終更新:2021年10月23日 08:44