カード能力解説 > 蒸気都市の初代ぷよシリーズ(仮)

蒸気都市のルルー 蒸気都市のアルル 蒸気都市のドラコ 蒸気都市のウィッチ 蒸気都市のシェゾ
レア度 ☆6~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
Lスキル能力 自属性カードの攻撃力をn倍、体力をm倍にし、
受けるダメージをネクストぷよの自色ぷよの数×3%軽減する。
さらに8個以上の同時消しで ネクストぷよをランダムでx個自色ぷよに変える
スキル能力 nターンの間、自属性を含む攻撃で自属性カードの攻撃力をm倍にする。
フルパワースキル能力 3ターンの間、自属性を含む攻撃で自属性カードの攻撃力を5倍にする。
Bスキル能力 なし
コスト量 52,64
変身合成 ☆6→☆7:☆7へんしんボードにて

概要

2019/03/26からのフルパワーガチャで登場。
蒸気と暗闇の塔と同時に実装された。☆7にも最初から対応。
フルパワースキルを持ったキャラクターとしては初登場。

シリーズ専用の枠デザインを持っているのも初めて。
☆6コストがぷよフェス限定を超える「52」であるのも初めてで、
ワイルドさんは実装時点では(50)が最上位のため☆7へんしんに使用できない。
(ただし、ゲームのデータ内にワイルドさん(60)の画像が存在することが確認されている)

各キャラクターの設定や世界観が従来のぷよぷよと異なり、
魔法が使えずスチームパンクの世界観というパラレルワールド的なものとなっており、
おためしクエストで各キャラクターのストーリーが見られるようになっているのも初。

いろいろと初めて尽くしのシリーズとなっている。
ぷよフェス限定カードではないが、ステータス面ではぷよフェスを超えるもので、より上位に位置づけされたシリーズと思われる。

ぷよフェスカードと同様、本シリーズはスキル上げやコンビネーションにおいて、
同名キャラの衣装違いカードとは別キャラ扱いとなる。
たとえば、蒸気都市のアルルに初代ぷよシリーズのアルルを合成してもスキルレベルは上がらないが、
コンビネーションを組んだり、テクニカルで一緒にデッキに入れたりはできる。

ステータス

+☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
蒸気都市のルルー 4343 3081 820
蒸気都市のアルル 4278 3036 846
蒸気都市のドラコ 4408 2991 833
蒸気都市のウィッチ 4343 2991 846
蒸気都市のシェゾ 4278 3081 833
+☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
蒸気都市のルルー 6514 4468 1107
蒸気都市のアルル 6417 4403 1142
蒸気都市のドラコ 6612 4337 1125
蒸気都市のウィッチ 6514 4337 1142
蒸気都市のシェゾ 6417 4468 1125

リーダースキル

自属性カードの攻撃力をn倍、体力をm倍にし、
受けるダメージをネクストぷよの自色ぷよの数×3%軽減する。
さらに8個以上の同時消しで ネクストぷよをランダムでx個自色ぷよに変える

☆6では、攻撃力3.5倍、体力3倍、同時消しで3個変換。
☆7では、攻撃力4.5倍、体力3.5倍、同時消しで4個変換。

攻撃・体力倍率ともにフェス限キャラとして一線級でありながら、
ステージ中でのネクストぷよ変換効果という、これまでになかった効果もあり、それに伴ったダメージ軽減効果まであるという、
数ある単色リーダースキルでも、指折りの性能を誇っている。

スキル

nターンの間、自属性を含む攻撃で自属性カードの攻撃力をm倍にする。
☆6では2ターン3.5倍、☆7では3ターン4倍。
必要ぷよ消し数は40個。

スキルを発動せずにさらにぷよ消し数を貯めるとフルパワースキルになり、
☆6では2ターン4.5倍、☆7では3ターン5倍となる。
必要ぷよ消し数は55個。

ローザッテ・リャタフーポップなアミティシズナギなどと同じ、条件付きのエンハンススキル。
ほかの条件付きとは重複しないが
すずらん+αシリーズのような従来のエンハンスとは重複させることができる。

既存の条件付きエンハンスと比べても、ロックなハーピー・大勇者ラグナスなどの、単色かつぷよ消ししないスキルの威力にも適用できるのが大きな強み。

基本単色デッキで運用することを考えると、条件はきわめて容易で、ほとんどあってないようなものだが、
たとえば蒸気都市ルルーの場合、赤が主属性、青が副属性のカードが副属性だけで攻撃したような場合だけはエンハンスが適用されない。

コンビネーション

初代ぷよシリーズから変更されている。
「初代メンバー」の代わりに「蒸気都市」を持つ。
ルルーには「商人」、ドラコには「剣士」が追加されている。
その他は初代ぷよシリーズと同じ。

デッキ考察

リーダースキルは自属性という簡単な条件で、スキルも通常エンハンスに重ねられるので、
それらの性能の高さからリーダーでもサブでも、とりあえずで既存の単色デッキに入れられるだろう。

ただし攻撃回復が逆転している場合、条件付きの攻撃力エンハンスも通常のときとは違い、逆転して回復力にかかる。
そのため、闇の天使シリーズのスキルを攻撃回復逆転ステージで増幅させるという使い方はできない。

評価

高い倍率を誇るフルパワースキルはもちろんのこと、
リーダースキルでのネクスト変換により、漁師系なしでも多少なりともスキル加速ができるのは単色デッキにおいて非常に強力。
ステータスへの補正も高く、★7の同属性のこのシリーズをリダサポに置くだけで、
高いステータス補正とスキル回転力を備えたデッキが完成してしまう。
現時点で通常のワイルドさんでの進化は不可能で、★7化は極めて大変な道のり(要は課金が必要)ではあるものの、
いざ完成させてしまえば極めて強力な単色デッキで暴れまわることができてしまう。
また、3回目の蒸気と暗闇の塔開催時、イベント限定ミッションで各キャラ専用のワイルドストーンが一つずつ配布されている。
とはいえ、やはり現状では★7の完成はあまり現実的ではないが、
★6でもネクスト変換や容易な条件付きエンハンスはとても使い勝手が良い。ガチャる機会があればぜひ入手しておきたいところ。


各カード詳細

蒸気都市のルルー


蒸気都市のアルル


蒸気都市のドラコ


蒸気都市のウィッチ


蒸気都市のシェゾ