カード能力解説 > 魔法使いシリーズ

アルベルト リチャード マシュー ミリアム サリヴァン
レアリティ ★4~★7
タイプ こうげきタイプ・単体
スキル 相手全体にフィールド上のチャンスぷよの数×このカードの
「こうげき」×10の属性攻撃を与え、
チャンスぷよを元の色ぷよに戻す
バトルスキル なし
リーダースキル 自属性カードの攻撃力を3倍にし、
ステージ開始時に有利属性カードのターン数を
一定の確率で+4する
コスト 14,20,28,40
へんしん合成 ★4→★5:【★3】ぷよゼリー、【★4】ぷよゼリー×2、【★5】ぷよゼリー
★5→★6:【★6】薬草×5
CV アルベルト:増田 雄市
リチャード:浜添 伸也
マシュー:藤川 茜
ミリマム:高城 元気
サリヴァン:名塚 佳織

概要

2014年10月の収集イベント「第2回ハロウィン祭り」のスペシャル特攻キャラクターとして、登場した。
登場当初は、コストが10,14だったが、2014年11月4日に、14,20に修正された。
5人はそれぞれ顔見知りまたは家族関係である模様。

2015年5月20日より、アルベルトから順にストーリークエストが開催され、☆★が第1話の初回クリア報酬カードとして登場し、そこでドロップする専用素材「薬草」により、★6が実装された。
2017年12月18日11時頃、聖夜の魔法使いシリーズと共にボイスが追加された。
2018年9月17日から、★4本体(1回のみ交換)と専用素材がぷよP交換所の定期入れ替えのラインナップに追加された。
2019年7月22日に★7が実装され、ぷよP交換所で常時交換可能になり、本体の交換回数制限が撤廃された。
さらに2019年10月以降、通常の魔導石ガチャから出現しなくなった。

1日1回無料ガチャや各種チケットガチャからは依然として出現するが、入手の容易さを考えると、わざわざガチャからは出てきて欲しくないカードである。
★4本体が10ぷよP、ゴールドチケットは50ぷよP、プレミアムチケットが100ぷよPで、これらのチケットから☆6は出現しないので、チケットガチャから出現した場合は、ぷよP換算で損した感が強い。

+ 魔法使いシリーズの歴史
2015年5月20日に開始されたアルベルトのストーリークエストを皮切りに、2016年2月17日の「サリヴァン襲来!」のイベントまでの5回に分けて、各キャラそれぞれの☆6の専用変身素材が実装された。以降、不定期で再来ストーリークエストが行われている。
当初は、ガチャからのみ入手できたが、これらのストーリークエストの初回クリア報酬でも☆4の本体が入手可能になった。
☆4~5の本体は引き続き魔導石ガチャやチケットで入手できるものの、実質的にはイベント報酬カードと言える。
また、魔導石ガチャに常設されていながらもイベント報酬でも手に入るカードは長らく本シリーズが唯一だった。
上述の通り、2019年10月以降は魔導石ガチャからは出現しなくなったが、2020年5月からは魔導学校シリーズがこのような例に該当した。

2016年2月8日以降、通常の魔導石ガチャの10連ガチャに限り、本シリーズの★6もガチャから排出されるようになった(公式サイト2016年2月5日付けのお知らせ)。
同年11月14日から20日まで開催された1600万DL記念大感謝祭ガチャでは、単発でも☆6が排出された(確率は各色0.1%ずつ)。
さらに、このガチャでは、排出確率も魔導学校シリーズとともに極端に出やすい確率(各13.2%)に設定されていていた。
しかし、魔導石ガチャで引き当ててもお世辞にもうれしくないカードなので、ストーリークエストで入手しておくのが望ましい。
ちなみに、2017年12月19日から開始された「1日1回無料ガチャ」からも☆6が出現することがある。

2018年9月17日から、ぷよP交換所の定期入れ替えのラインナップに追加された。
本体を10ぷよP、★6専用へんしん素材を50ぷよPで交換可能。本体のみ1回きりの交換回数制限があった。
ただし、魔導石などの各種ガチャからも依然出現する。
最近は、ストーリークエストの再来があまり行われておらず、へんしん素材の供給を目的とした措置と思われる。

ステータス

★6 Lv.99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アルベルト 3918 1736 261
リチャード 3840 1712 309
マシュー 3996 1688 285
ミリアム 3918 1688 309
サリヴァン 3840 1736 285

★7 Lv.120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
アルベルト 5779 2777 320
リチャード 5664 2739 379
マシュー 5894 2701 349
ミリアム 5779 2701 379
サリヴァン 5664 2777 349
こうげきタイプで同コスト帯の魔導学校シリーズと比べると、体力が高く、攻撃力は若干低くなっている。
★4~☆6でのステータス強化は、大器晩成型で、Lv.MAXまできっちり育成しないと、微妙なステータスになってしまう。

ただし、詳細は後述するが、このシリーズの主な活用目的は、★6以上におけるリーダースキル。
特に、★6の時点では、自身のステータスが影響する使い方をすることはまずなく、Lv.1のまま育成する必要はない。
★7では、リーダースキルに攻撃力強化倍率がつくため、そのまま攻撃できるようになり、その場合は攻撃力は意味がある値である。
しかし、レベルが上がると体力も上がるので、魔法使いだけが用済みとなってもやや退場してもらいにくくはなる。

余談だが、ミリアム(★4)は、こうげきタイプにもかかわらず、Lv.1では攻撃力より回復力の方が高いというステータスになっている。

スキル

レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 相手全体にフィールド上のチャンスぷよの数×このカードの
「こうげき」×1の属性攻撃を与え、
チャンスぷよをすべて元の色ぷよに戻す
40
★5 相手全体にフィールド上のチャンスぷよの数×このカードの
「こうげき」×2の属性攻撃を与え、
チャンスぷよをすべて元の色ぷよに戻す
★6 相手全体にフィールド上のチャンスぷよの数×このカードの
「こうげき」×3の属性攻撃を与え、
チャンスぷよをすべて元の色ぷよに戻す
★7 相手全体にフィールド上のチャンスぷよの数×このカードの
「こうげき」×10の属性攻撃を与え、
チャンスぷよをすべて元の色ぷよに戻す
30
2015年5月19日に、★5のスキルが上方調整されるまでは1.5倍だった。

盤面を参照するスキルは、フィールドリセットを伴うものが多いが、本スキルはチャンスぷよが通常の色ぷよに戻るスキルになる。
また、ドッペルゲンガーアルルが類似のスキル(★7でチャンスぷよ×240000のダメージ)を持っている。

結論から述べると、このスキルは有用性が低いと言える。

最大の問題点は、前述の通り、スキルによってチャンスぷよが消えてしまうことと、このスキルを利用する際には、必ずこのスキルを主軸にしなければならない
仮に、他のスキルとの連携を一切考えない場合、チャンスぷよを狙って2個以上確保すること自体が難しく、やさいシリーズにコスト・倍率で劣る攻撃をチャンスぷよを消費して繰り出すという、最早暴発したら困るレベルのスキルになってしまう。

普通にチャンスぷよを使って大連鎖チャンスをした方が与えるダメージが高くなる可能性があり、チャンスぷよを失う結果としてスキルの回転率も下がる
せめてチャンスぷよ消費がないか、フィールドリセットができればまだマシなのであるが、実用性は依然として低い。

リーダースキル

レアリティ リーダースキル
★4 ステージ開始時に有利属性カードのターン数を
一定の確率で+1する
★5 ステージ開始時に有利属性カードのターン数を
一定の確率で+2する
★6 ステージ開始時に有利属性カードのターン数を
一定の確率で+3する
★7 自属性カードの攻撃力を3倍にし、
ステージ開始時に有利属性カードのターン数を
一定の確率で+4する
ステージごとの開始時に判定があり、発動時には「リーダースキル効果」の演出が表示される。
リーダーとサポーターの双方に魔法使いを置いた場合、片方だけのときよりも高い確率で発動するうえ、片方だけが発動することはなく、必ず両方が発動する。
リーダーとサポーターで属性が異なる場合でも同様だが、いずれか片方のリーダースキル効果において発動する対象の相手がいない場合、当該のカードのみ「リーダースキル効果」の演出は表示されない。
1体分の発動確率については、★4~★5はおよそ50%程度(公式ニコ生より)。★6については不明だが、有志の検証により75%程度ではないかと推測されている。
☆7については、不明で、☆6よりも確率が向上していると推測されるが、少なくとも100%ではない。

有志の検証によれば、リーダーとサポーターをアルベルト(★6)にし、約100回試したところ、9割強の確率で発動した。
おそらく、リダサポともに魔法使いの場合、発動判定が2回行われ、2回のうちどちらか片方でもアタリを引けば、両方発動するようになっていると思われる。
仮に、単独での発動率が75%だとすると、2回中1回でも発動する確率は、1-(1-0.75)^2=93.75%。
★4は25%、★5は50%、★6は75%と考えると、ニコ生の情報とも合致する。

使用するなら、★6以上にすること。★5以下では発動確率が低く、発動してもターン数も少ないため有効ではない。
また、「先制攻撃」はターン数が増加する前に攻撃され、「追撃」はターンを増やしても止まらないので気を付けよう。
この場合ダブル魔法使いだと壊滅してしまうため、片方がタフネスで、片方が魔法使いのような組み合わせが必要になる。

この「+4ターン」、リーダー・サポーターで「+8ターン」は、このゲームで最強レベルの足止め力を誇る。
これだけあれば、「封印」スキル・ターン数増加スキルの発動が視野に入るので、
無茶苦茶な全体攻撃を繰り出してくるボス相手でも、大ダメージが狙えるようになる。
なおかつ、かつては属性さえ合えば「どの相手にも効く」のが利点だった。
しかし、2017年4月のテクニカルクエスト「アルガーの挑戦状」にて、ターン遅延を無効化する「ターンプラス盾」が登場。
ギルドイベント「第3回司書官ラッシュ」でも一部のボスに導入され、「どの相手にも」とまではいかなくなった。
とはいえ、ギルイベでターンプラス盾が登場するのは1400体目以降の超高階層。
それも一部にしか装備されていない(例として、1600体目にはターンプラス盾がない)ので、決して活躍の機会が失われたわけではない。

ただ、ギルイベで最大限に利用する場合は、ギルメンに同属性の魔法使いシリーズ(☆7)を出してもらう必要がある状況が多い。
さらに、常時魔法使いをサポートに出すわけにはいかず、必要なときに掲示板で依頼して出してもらうような対応が必要。
上級者が多いギルドならば困らないかもしれないが、初心者ばかりや、アクティブなメンバーが少ないギルドではそれは望めず、100%活用することはできない。
自分だけでなく、ギルドメンバーも含めてギルドイベントに精を出している必要がある点において、非常に人を選ぶ。

また、ここまでの説明がほぼギルドイベントを前提としていることが示す通り、ギルドイベント以外の場面では有用なリーダースキルとは言いがたい。特に、☆4~☆6時はないに等しい。
★7でない限り、通常クエストでもあまり使う価値は見出しにくいし、★7でも無理に起用することはない。
所属ギルドがギルイベで高階層(最低でも1000以上)に到達できないならば、おそらく出番はほぼない。

ただし、極一部のテクニカルクエストで攻略に使われることはある。
たとえば「ローゼマの挑戦状」の超極辛では、開始直後に盤面全部をハートボックスに変換してくるが、リチャードを先頭に置くことで開幕にハートボックスを消す時間稼ぎができる。
もちろん、リーダースキルが発動して用が済んだら、魔法使いだけ先頭から落として退場してもらう必要がある。

ちなみに、草木のオイルシリーズも同様のリーダースキルを持っている(★7で強化されるパラメーターと強化対象が異なる)。
草木のオイルシリーズは、通常の素材のみで☆6までへんしん合成でき、わずかながらスキル加速ができる魔法使いシリーズよりは実用的なスキルを持つ。

コンビネーション

その他のコンビネーションは、「各カード詳細」を参照。
共通で「ボーイズ」に対応している。

デッキ考察

最低でも★6まで育てておき、ギルドイベントにおいて全体攻撃やかたぷよ変換などを行うすごく強いキリ番ボスに対して、
スキルをためるまでの時間稼ぎ役に使うのがほとんどの使い方になる。
ギルイベの高階層では、古くから西洋妖怪シリーズで割合ダメージなどを与えるまでのターン稼ぎで重宝されてきた。

例として、2ターンごとに即死ダメージの全体攻撃を放つボスの場合、
リダサポがタフネスであれば5ターンのみ耐えられるため、発動ぷよ数40個のスキル発動まで、1ターン当たり8個のぷよを消す必要があり、かなり厳しい。
これがダブルの魔法使い(★7)なら、運が良ければ9ターン耐えられ、スキルの発動には1ターン当たり4.5個必要と、半分近くまで軽減される。

また、精霊使いシリーズきぐるみ騎士団シリーズ狩猟民シリーズさすらいのべストールのようなタフネスと組み合わせる方法もある。
これらのタフネスはかかる属性が自属性のみなので、これを使って「スイッチ」という戦略をとれる。
たとえば、ボスが緑属性であるときに、
「左端のリーダーのみ赤属性の魔法使い」
「左から2番目は黄属性の強力なリーダー」
「サポーターは黄属性の属性限定タフネス持ちリーダー」
「残りはすべて黄属性」
のように魔法使いだけ属性をずらしたタフネスデッキを組む。
ターン遅延が発動したら、その間に黄属性カードのスキルをためる。
ターン遅延が切れて敵からの致命的な全体攻撃が飛んでくると、属性が違いタフネスが効かない魔法使いのみが落ちて、
残りの黄属性カードはタフネスで耐えてくれる。
これで用済みとなった魔法使いだけどいてもらい、黄属性の強力なリーダーに交代してもらうことで、強力なスキル攻撃を放つことができる。

デーモンサーバントアポストロスで、デッキをスライドさせてスイッチする方法も有効。
タフネス、スライドのどちらの場合でも、自デッキ側のリーダーが魔法使いである必要があり、サポートが魔法使いでは失敗する。

評価

リーダースキルは、実質的にギルドイベント(とごく一部のテクニカルクエスト)専用カードといってよい。しかも、高階層まで到達できないと本当に出番がない。
ギルドメンバー同士で協力できる体制が整えば、ギルドイベントで有効に活躍できる。

逆を言えば、ギルドイベントで高階層に行かない、プレイヤー自身やギルドがそれほどギルドイベントに本気出してないならば、まったく用がないカードといっていい。

前述のように、このシリーズを起用するには最低でも☆6でないと厳しいが、
★6へんしん用の専用素材入手手段がぷよPを消費するかストーリークエスト再来に限られているのがネック。

仮にストーリークエストで専用素材を入手せずに☆6にする場合、最低でもぷよPが250P必要となる。
ストーリークエストは不定期開催のため、入手機会を逃すと☆6へのへんしんが困難になってしまう。
一応、☆6自体は各種ガチャから排出されるとはいえ、その確率はぷよフェスキャラなど比較にならない低確率である。
そのため、ワイルドさんやぷよPを消費せずに★7にするのは地味に困難。
あらゆる意味で、扱いの難しいシリーズである。

魔法使いが★6でもいいから必要、しかし、まだ所持していないという状況なら、通常の素材のみで★6までへんしんできる草木のオイルシリーズを代わりに★6にしておくとよい。

各カード詳細

アルベルト
コンビネーションは、「ボーイズ」「あっちっち」。
★5からは、「あっちっち」が追加される。
炎の魔法をあやつる見習いの魔法使い。
2015年5月のストーリークエスト「アルベルトの休日」で、★6が実装された。

リチャード
コンビネーションは、「ボーイズ」。
水の魔法をあやつる見習いの魔法使い。
2015年8月のストーリークエスト「求む!?優秀な魔法使いで、★6が実装された。

マシュー
コンビネーションは、「ボーイズ」。
風の魔法をあやつる見習いの魔法使い。
2015年10月のストーリークエスト「めざせ!大人の魔法使い」で、★6が実装された。

ミリアム
コンビネーションは、「ボーイズ」。
闇の魔法をあやつる見習いの魔法使い。
2015月12日のストーリークエスト「ボクは孤高の魔法使い」で、★6が実装された。

サリヴァン
コンビネーションは、「ボーイズ」。
光の魔法をあやつる見習いの魔法使い。
2016年2月のストーリークエスト「サリヴァンと光の宝石」で、★6が実装された。
最終更新:2022年10月09日 21:56