カメオ(ジョジョの奇妙な冒険)

登録日:2014/01/30(木) 09:22:35
更新日:2019/12/03 Tue 19:57:56
所要時間:約 4 分で読めます




【概要】

ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』の登場人物。
DIOに雇われたスタンド使いの一人で、紅海の小島で待ち構えていた。

…のだが、後述するスタンドが登場する機会の方が多く、「本体」がまともに登場したのは2ページだけ。
尤も、他に一言しか喋らなかった敵もいるので問題ない。

何気に外見がかなり世紀末な格好をしている。


名前の由来は、アメリカのR&Bバンド「キャメオ」。
CVは高木渉PS版ゲーム)、大友龍三郎ASB)、有本欽隆(TVアニメ版)。



【スタンド『ジャッジメント(審判)』】


破壊力:B
スピード:B
射程距離:C
持続力:B
精密動作性:D←??
成長性:D


スタンド像は数あるスタンドの中でも特にロボットらしい外見をしている。
手の指は三本であり、関節部分などにもそれらしい機構が搭載されいたり、
破壊すると体内にあった歯車なども出てくると最早完全なロボットである。
アニメでは動く度に機械の機動音が出るので益々ロボットらしさが出ている。
近距離型パワースタンドだが、本体にダメージがフィードバックしない珍しいタイプ。
また、割と射程距離が長い。

能力は「ターゲットの『願い』を土に投影し、実体化させる」
例えば「金がほしい」と願うと金が具現化し、「○○(人物)に会いたい」と願うと例え死人であっても現れる。
あくまで土で出来た幻なので壊れると土になる。しかし、壊れなければ本物と見分けがつかない程に超精密な偽者が作られる。

更にジャッジメントの手で生み出された生物はターゲットを襲う「土人形」として攻撃する。
「土人形」の戦闘能力は成人男性を殺せるほど高い。
その「土人形」が「自分が会いたい者」の場合はなすすべもなく嬲り殺しにされる。
だからといってジャッジメントを倒そうにも、能力抜きの純粋な戦闘能力も高いので手に負えない。

発動条件こそ面倒だが、「人間の最大の弱点は、その人間が心から願う事である」という考えの通り、
心の弱い人や過去を引きずる人にはこの上なく脅威的なスタンドである。



【活躍】


アヴドゥルの死を引き摺るポルナレフは偶然拾ったランプをこすると、
ジャッジメントが現れ「願いを3つ叶える」と言った(おそらくスタンド能力の術中にハメる為の演出だと思われる)。
信じようとしないポルナレフは試しに「金持ちになりたい」と言うと金銀財宝が目の前に現れる。

半信半疑ながらも全く敵意を見せないジャッジメントに心を許したポルナレフは女の子にモテモテになりたいだの

マンガ家にしてみろッ! 子どものころからなりたかったんだッ! ディズニーより売れっ子のやつがいいッ! みじめなヤツはヤだぞッ
「ポルナレフランド」をおっ立てるんだ


等と欲望丸出しのカオスな願いを出すが、「死者に会えるのか?」という考えから
「妹を蘇らせて欲しい」と願うと彼の前に妹・シェリーが現れるが、それはポルナレフを攻撃する「土人形」。
慌てた彼は願いをキャンセルしようとするが、正体をバラしたジャッジメントは拒否、
その直前に出した「アヴドゥルに会いたい」の願いでアヴドゥルの土人形も襲い掛かる。
ようやくジャッジメントが敵だと判断したポルナレフは攻撃を仕掛けるも銀の戦車が拘束され、二人の土人形に攻撃される。

死を覚悟したポルナレフの前に復活したアヴドゥルが間一髪で助けに入る。



バカなッ!死んだはずの!吊られた男J・ガイルに背中を刺され
死んだはずのッ!

『モハメド・アヴドゥル!!』


YES I AM!


アヴドゥルの復活に驚いたジャッジメントだが、直ぐに切り返して自身のスタンド能力で追い詰めようと「願いを3つ言え」と問うも、
「4つに増やしてほしい」と返された。
術中にハマらないアヴドゥルに激怒したジャッジメントは戦闘に入るが、自身をも上回る力を持つマジシャンズ・レッドの前に敗れ去る。


その後は土中に隠れていたところを見つかり、呼吸用の竹筒に虫やゴミを詰め込まれた挙句、
トドメに小便を容れられ、たまりかねて飛び出した所をアヴドゥルにこんがりと焼かれるのだった。



【余談】

ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風』終盤でポルナレフがディアボロに殺されて過去の記憶が走馬灯のように流れるシーンで明らかに場違いのジャッジメントがデカデカと登場する
因縁のあるDIOやJ・ガイルを差し置いて何故コイツをチョイスしたのだろうか…カメオ出演?
ただ、VSジャッジメントは良くも悪くもポルナレフにとって印象に残る戦い(実際、戦歴だけ見ると生を諦める完全敗北)だったのでチョイスされたのだろう。
……それでも、突然現れたコイツに首を傾げる読者は多いだろうが。

TVアニメ版ではシェリーの思い出やポルナレフランドの妄想を映像化する演出が付け加えられている。
そんな中、銀の戦車がマスコットになっているディ○ニーランドにしか見えないテーマパークのポルナレフランドで、
多くの視聴者の腹筋を破壊しただろう。いや、確かにポルナレフの分身だけど…






「モハメド・アヴドゥルが記事を追記・修正している・・・」
この"BAD NEWS"、DIOや他の仲間たちに知らせなくてはいけないんじゃあないか?

確かに悪い知らせだ・・・
しかしその知らせはこう伝えられる
「"審判"のカメオはポルナレフのアホとついでに生きていたアヴドゥルの項目を荒らしました」と
OH!GOODNEWS!に変更されるのだ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/