ディディーコング

登録日:2019/12/05 (木) 19:37:10
更新日:2019/12/07 Sat 13:36:42
所要時間:約 5 分で読めます




ディディーコングとは主にドンキーコングシリーズに登場するキャラクターである。


概要

1994年に発売された「スーパードンキーコング」で初登場したドンキーコングの相棒。
ビジュアルは赤い帽子とベストがトレードマークのチンパンジーである。
しかし本来チンパンジーにはないはずの長いしっぽ*1があり、これを使ってフックのようにしたり、スマブラでは鞭のようにして相手への攻撃に用いたりと巧みに操ることが出来る。
ドンキーコングの弟分であり、数々の冒険を彼と共にしている。
全体的にはドンキーよりパワーが劣る代わりに身軽な分スピードに優れ、少々ドジなところがあるドンキーと比べてしっかり者であるという特徴はどのシリーズでも一貫している。
声はゲーム版では開発スタッフのケヴィン・ベイリス氏が担当していたが、「マリオテニスGC」以降は鈴木勝美氏が担当。アニメ版では林原めぐみ氏が担当している。


主な活躍

前述通り「スーパードンキーコング」で初登場。ドンキーの相棒としてパワーは劣るが、持ち前の身軽さを活かしてキングクルールに盗まれたバナナを取り戻す冒険に出た。
そして続編の「スーパードンキーコング2」ではガールフレンドのディクシ―コングと共にクレムリン軍団に捕まってしまったドンキーを救出しに向かうという主人公へと昇格を果たす。
しかし更に続編の「スーパードンキーコング3」では今度はドンキーと二人仲良くバロンクルールに捕まってしまい、助けられる側になってしまうことに。

そして1997年に発売されたレーシングゲーム「ディディーコングレーシング」で遂に初めてタイトルを飾った。
…のだが実質的な主役は彼を誘った友人のティンバーであり、肝心のディディーの扱いは他のキャラクターと同等であるという初タイトルを飾ったものの不遇なものだった。

1999年発売の「ドンキーコング64」ではゲームの仕様上ドンキーと共に操作することはないが、再び彼と共に冒険に出ることとなった。
今作では身軽なことが顕著に現れていて、高いジャンプ力を誇り機動力は随一。
更に近年では彼のお馴染みの武器になりつつある空を飛べる「バレルジェット」と木製の銃からピーナツを発射して攻撃する「ピーナッツポップガン」は今作で初めて登場した。

2002年にレア社がマイクロソフト社に買収され、版権が任天堂側に移った。これが転機となり、「マリオゴルフ ファミリーツアー」を初めに「マリオテニスシリーズ」や「マリオカートシリーズ」など様々なマリオ作品にも登場するようになって活躍の幅が広がった。

その後も「ぶらぶらドンキーコング」、「ドンキーコングリターンズ」などのドンキーシリーズに登場し、現在もドンキーの良き相棒として活躍し続けている。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでのディディーコング

2008年に発売された「大乱闘スマッシュブラザーズX」にて初のプレイヤーキャラとして登場。
身軽な体を活かした高いスピードは勿論、必殺技の飛び道具である「ピーナッツポップガン」や下必殺技の「バナナのかわ」で生成したバナナで相手の動きを制限したり、
それを持って投げつけてコンボを繰り出したりとトリッキーな戦法も出来る。ただし上必殺の「バレルジェット」の仕様上復帰阻止に弱いという弱点がある。
スマブラXのアドベンチャーモードの「亜空の使者」では比較的序盤に登場。
初めはドンキーと共に奪われたバナナを取り戻すために亜空軍を追っていたが、バナナに辿り着いた矢先にクッパが現れる。
危険を察知したドンキーはディディーをパンチで吹き飛ばすことで彼を庇って亜空軍に囚われてしまう。
その後ディディーはドンキーを助けるために冒険の旅に。その道中で出会ったフォックスとファルコの助けも借り、最後は見事ドンキーの救出に成功する。
この道中で彼がフォックスとファルコを無理矢理引きずって連れていくシーンはなんともシュールであり、印象に残った方はきっと多いはず。
フォックスらとの組み合わせは犬・猿・キジと桃太郎を思わせる。
スマブラ3DS/WiiU公式サイトのファルコのスクリーンショットでは、鷹丸に指示されて巨塔を持つ赤い鬼(クッパ)に立ち向かうという桃太郎を意識したスクリーンショットがある。


通常必殺技 「ピーナッツポップガン」
「ドンキーコング64」で登場したピーナッツを発射する銃で敵を攻撃する。普通に撃つとスピードも遅く山なりに進むが、溜めると威力とスピードが上がって直進するようになる。しかし溜めすぎると暴発してしばらく動けなくなるので注意が必要。

横必殺技 「モンキーフリップ」
相手に飛び掛かってつかんだ相手をひっかいて攻撃する。相手を捕まえた後に上を入力すると踏み台ジャンプ、ボタンを入力すると叩きつけて吹き飛ばす。更に飛びかかる途中にボタンを押すと飛び蹴りに派生出来る。

上必殺技 「バレルジェット」
バレルジェットで上昇する復帰技。溜めるほど飛距離が伸び、スティック入力で方向を制御することも可能。ただし、これを発動している時に相手から攻撃を受けてしまうとバレルジェットと切り離されて落下してしまう。

下必殺技 「バナナのかわ」
バナナの皮を生成する技。バナナは敵をスリップさせることが出来、落ちたバナナを拾って投擲にも使えるディディーの主力ともいえる技。但しバナナを拾って投擲できるのは相手も同じなので利用されないように注意。

最後の切りふだ 「バレルジェットパニック」
一定時間無敵になり、バレルジェットで自由に空を飛びながらピーナッツポップガンを乱射する。しかし空中の制御が原作同様難しい。
「大乱闘スマッシュブラザーズSP」では切り札の短縮化により「ハイパーバレルジェット」に変更となった。技の内容は画面中を猛スピードで飛び回って相手に体当たりを仕掛け、とどめに狙った相手に突撃して大爆発と共に吹き飛ばすというものとなっている。


余談だが、スマブラXの開発当初はディクシーコングとペアで参戦させる予定で、タッチすることで入れ替わることが出来るキャラにする方針だったが、製作の都合で断念したとファミ通の桜井政博氏のインタビュー記事にて明かされている。



追記修正はバナナが大好きな人にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/