サトコ(ポケモン)

登録日:2011/02/14(月) 15:42:54
更新日:2019/08/06 Tue 11:57:19
所要時間:約 6 分で読めます




あたし、やってやるわよ!!



CV:松本梨香
サトコとは、アニメ・ポケットモンスター(無印)に登場した、美少女キャラクターである。
担当声優がサトシと同じ松本梨香さんであるため、サトシとも何らかの関係を持っているのではないかと思われるが、真相は不明。



●概要

長いフワフワの金色の髪をもち、初登場時はオレンジ色のドレスを来ていた。
和服美人の母親(CV:ムサシ)とメタボハゲ(CV:コジロウ)の父親を持ち、言葉遣いも非常に丁寧であり、育ちは良い様子。
香水は好きとも発言しており、身だしなみにも気を遣っているようだ。



●劇中での活躍

主人公であるサトシがタマムシジムで追い出された際に、同じくタマムシジムから追い出され、木に吊るされたロケット団と何らかの交渉を行った後、
突如デパートの試着室から現れる。
その後、暫くはサトコ視点で物語が進み、本来主人公である筈のサトシが何故か急に居なくなったので、事実上はこの間サトコが主人公と言えよう。

そして両親と共にタマムシジムに訪問、礼儀作法を学ぶため、ジムリーダーのエリカとの面会を申し出る。


そして、エリカ及びその門弟、その場にいたカスミやタケシと初めて顔を合わせる事になる。

その際、何故エリカのクサイハナが悪臭を出さないのか話を聞く事になる。
この時、カスミが「サトシにも聞かせたかったなぁ~」と言うのだが、何処からともなく「聞いてたよ」と、サトシの声が聞こえてくる。

どうやら、サトシは何らかの方法でジムに侵入し、何処に隠れてその話を聞いていたらしい。
しかし、何故かカスミはサトシとは別人であるサトコを、怪訝な顔でのぞきこむ。


サトコ 「や、やだぁ、そんなに見つめないで。恥ずかしいじゃない……



か、可愛過ぎる……



カスミ 「どっかで見た顔なんですけど~?」
サトコ 「き、気のせいですぅ……」


そうだよカスミ君! サトコちゃんが、こんな可愛い女の子のサトコちゃんが、ポケモンマスターを目指している彼な訳ないじゃないか!!
誰もがそう思っていたその時、その場にいたピカチュウがサトコちゃんに喜んでその足に抱きつく。


おのれ、ピカチュウ……、何と羨ましい事を……!!!


しかし、サトコちゃんはピカチュウが苦手らしく、それを振りほどこうとする。

その瞬間、腹を立てたピカチュウがサトコちゃんに電撃をお見舞い!!!






そして……
以下、ネタバレ。心臓の弱い人は注意!


















サトコの正体は、サトコに決まってる。やっぱりサトコちゃんはサトコちゃんである。



そ、そんなに追記・修正しないで。恥ずかしいじゃない……。















以下、真のネタバレ









ピカチュウの電撃で、綺麗なサトコちゃんの金髪が、なんと、一本残らず抜け落ちたのだ。

なんと言うことだろう


考えて欲しい。

サトコちゃんは、まだ10才そこらである。

そんな、幼い女の子が、一瞬にして髪の毛を、あの美しい金色の髪を失ってしまった。

彼女には、無限の可能性がある、いや、あったのだ。

その美しい容姿を活かしてアイドルデビューなんて夢も持てた。

あるいは歌手なんてのもアリだろう。

きっと、
「目指せポケモンマスター!」
とか、
「スパート!」
とか、
「ベストウィッシュ!」
とか、

新米ポケモントレーナーに夢と希望を与える歌手になれたかもしれないのだ。


しかし、それは、容姿による所が多いのだ。

髪の毛を全て失い、一休さんになってしまった彼女に、どう夢を持て、と言えるだろうか。

言えるはずがない

我々に、彼女を元気付ける手段があるだろうか。……あるはずがない


我々には、ただ悲しむ彼女を見ているだけしかないのだ。


そして、その時サトコちゃんは……


ヅラでした




そして……




「「「 サトシ!!?」」」




●以下、真相

タマムシジムでエリカの門弟の顰蹙を買い、ジムから追い出されたサトシ。
なんとかしてレインボーバッジを手に入れたいのだが、ジムに入れないのではポケモンバトル以前の問題である。

そこに、伝説の香水を狙ってタマムシジムに浸入したが、甲斐なく追放されたロケット団に出会い、
ムサシの口車に乗せられ、「女装してジムに浸入」と言う索が取られる事になった。


そうして、サトコが生まれたのだ。

ちなみにサトコという名前自体はファンの間でつけられたもの。劇中ではムサシに「サトちゃん」と呼ばれた。



●サトコの人気

このサトコ、普段見られない松本梨香さんの女の子の演技(と言っても、サトシが演じる女の子だが)と言うこともあって、絶大な人気を誇る。

中には、サトコがサトシを演じており、サトシの方が仮の姿である、と考える猛者もいるとか。



●サトシの女装

実は、サトシは各シリーズで一回ずつ女装している。その軌跡を見てみよう。


無印:サトコ
もはや言うことはない、サトコである。

AG:ジュリエ
ジュリエという女性に恋心を持っているロミオという男性の告白の練習相手として。
本物に習って唯一のパンツスタイル。
このとき……タケシに追いかけられる。

DP:メイド
伝説の名作、「メイドカフェのミルタンク!」にて。
男の子用の服(執事服? ウェイター服?)が無かったため。
メイド達曰く「大丈夫、似合ってるから」

BW:サトミ
宝塚的な歌劇団(男子立ち入り禁止)に潜入するため。
裾の長いドレスでお姫様風。
若干サトコの色違いっぽい。

XY:名称不明
直接サトシが女装するシーンはないが、
78話「ピカチュウはスター!? 映画デビュー!!」にて
モブのメスのピカチュウの声を吹き替えている。
どこを担当しているのかはメイキングシーン・NG集をみるだけでは不明だが、
聞いてみればわかる人にはわかる。

S&M:名称不明
68話「お仕事体験!ポケモンセンター24時!!」で久しぶりに女装サトシが登場。
ポケモンセンターで職業体験授業をした際に男性用の制服が見つからなかったので、女性用のものを仕方無く着た結果、これを面白がったマオリーリエスイレンによって化粧やカツラをさせられた。
何故か常時キラキラして色っぽくなっている。
残念ながら途中から男性用の制服姿になったが、ロトム図鑑に撮られた写真によると、誰かから スカートめくりをされていた 模様。


●余談

ブラック・ホワイト2のプロモムービーが公開された際、一般トレーナーも動く事をアピールする場面があったのだが、その時に出てきたOLの名前がサトコであった。

公式ェ……。



追記・修正もあたし、やってやるわよ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/