アニヲタWiki(仮)

伊藤誠(School Days)

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
登録日:2009/10/07(水) 00:31:49
更新日:2020/12/20 Sun 13:28:01
所要時間:約 8 分で読めます


タグ一覧
Cross_Days Overflow School_Days Summer_Days ※主人公です まるで意味が分からんぞ! アンチ多し エロゲ主人公 ギャルゲー主人公 クズ シスコン ダメ女製造機 ハーレム ヘタレ ヘタレというか異常性欲 ヘタレ時々漢 一夫多妻 下衆野郎 主人公 修羅場製造機 変態紳士 女をダメにする男 好感度を無視(リメイク版では改善) 妹想い 嫌われ者 平井達矢 平川大輔 漢(きれいな誠) 漢(インテル誠) 無責任 穴があったら挿れたい 自業自得 誠死ね 選択肢を無視


誕生日:10月16日
てんびん座
血液型:O型
特技:料理
在籍:榊野学園1年3組
CV:平井達矢(PC版)/平川大輔(アニメ・PS2版)

Overflowの代表作であるエロゲー『School Days』シリーズの主人公。

エロゲー主人公の中でも(悪い意味で)高い知名度を誇り、ネットでよく見かける「誠死ね」とはまさにこの伊藤誠を指したものである。

性格は優柔不断。しかし、他人に意識しなくとも優しく接することができる。
作中で確認できる例としては、普段からの妹想いな態度・行動や、男子に絡まれて非常に困っている刹那を助ける等。

物語の舞台となる榊野学園内では女性にかなり人気があるが、自分に対する恋愛感情に鈍感なので全く気づいていない。
容姿は誠自身はなんとも思っていないが、作中のキャラクターの多くが「かわいい」または「カッコいい」と評するイケメンである。

特技は料理。近年の作品になるほど腕前があるように描写される。両親は離婚しており、看護師の母とふたり暮らしだからかもしれない。
止(いたる)という妹がいるが、父親が引き取ったため一緒に住んでいない。
たまに誠が住むアパートに遊びに来るらしいが、アニメには未登場。
あと釣り好き。

電車内で見かける桂言葉という少女に恋心を抱いている。

男友達が少ない。というのも、本人があまりにも女性の人気を集めるために同性に避けられているのである。
ただし、この理由に本人は気付いておらず、そもそも自分がモテないと思っている。




以上の特徴だけみれば、凡百のエロゲ主人公と何ら変わりないように見える。

が、この伊藤誠という男は「恋愛がらみのヘタレ*1好色ぶりと、「状況による流されやすさ」を他の追随を許さないほど高いレベルで併せ持ち、
それが本人の良い部分をはるかに上回っている。
そのため、徹頭徹尾嫌われる羽目になってしまっているのである。


なお、伊藤誠が登場する原作のメディアミックスやスピンオフは数多く存在するのだが、そのダメ主人公っぷりは、


アニメ
[万里の長城]
クロイズ漫画版>Cross Days
[壁]
School Days>SCHOOL DAYS HQ
[壁]
Summer Days>SHINY DAYS
[壁]
スクイズ漫画版
[壁]
小説版「君といる、空」
[壁]
Valentine Days=マジカルハートこころちゃん


ぐらいに酷さに差がある


こんな感じなので特にアニメ版と原作、そして関連作品とでは扱いに深い溝がある。
アニメ版では「誠死ね」が合い言葉のようになっていて誰も異論を挟まないが、アニメ版の評価をゲームなどに持ちこむと「ちょっと待て」という旨の意見が出される。
アニメ版の知名度が高いとはいえ、それを絶対視したり原作ゲームもそうに違いないと安易に決めつけてしまえば、異論が出るのも自然な話ではあるのだが。
ただ原作は原作でかなり複雑な事情がある為にややこしい(詳細は後述)。


具体的な作品ごとの誠の行動や末路は以下に。多少ネタバレがあるので閲覧注意。

School Days(原作ゲーム)

本人はプレイヤーが殴りたくなるほど面倒くさがりで、ヒロイン達の頑張りで初めて積極的になっていく。
ただこの件に限れば彼の問題というより、きっかけ作り・ややこしい状況をまねいている・迂遠だけど実質いじめなど諸々を行っている世界が元凶とも言われている(後述)。

このゲームは1週が6話で構成されるシステムだが、驚くことに3~4話分ぐらいは浮気してしまったりする。
言葉と世界との間で板挟みになるきっかけは、 世界の方から彼にキスをしたり、「私で練習しよう」と体で誘惑したことによるものである。

ただ、そこから誠はプレイヤーの選択を無視し(※バグ)、女性とけじめをつけて決別するようなセリフも押し黙ってしまうことが多く*2、修羅場を加速させていく。

物語の後半からヒロインと肉体関係に至る場面も多々あるが、他に彼女がいたり、
リアルタイムで他のヒロインとの約束をすっぽかしながら行為に及ぶシチュエーションであったりと、逆に感心を覚えるほどに(本能に)正直者である。

そうした修羅場の果てにたどり着くバッドエンドでは世界に刺され絶命したり、
言葉が眼前で投身自殺したり、隣で世界がざっくりされたり、逆に世界が言葉をハンバーグにしたりと結構酷い目に遭うことになる。
まあ自業自得か。

作中で誠がプレイヤーの言うことを聞かないのは前述の通りだが、
この作品の誠はその場の選択肢だけではなく、これまで積み重ねてきた感情度(所謂好感度。常に画面上部に公開されている)までも無視してしまう。
そして、交際しているヒロイン(言葉)に別れを告げ、他のヒロイン(世界)に告白するという暴挙に出る。((これもバグである)
不誠実さとかどうとか以前に大半のプレイヤーはポルナレフ状態になったであろう。

作中の誠はその名前がギャグに思えるほどの外道だが、グッドエンドルート全般の終盤は割とまともである。
特に言葉一筋になることを告げる通称「芋エンド」では言葉と見事に結ばれ、さらに甘露寺や乙女、その取り巻き達によるいじめを解決するために動き、
元凶である世界を拒絶するといった、好きな女の子を守る為に漢らしさを発揮する姿が見られる。
というかバグと異常性欲さえなければ意外にもというか、むしろ常人より男前である。

そのため原作プレイヤーからすると知名度で負けているだけで、
むしろ西園寺世界と澤永泰介がマジやべぇ!(もっと酷い&擁護不可という意味で)」という声も多い。
更に言えばこの世界は問題のあるキャラが多く、主要人物の中ではマシと言われがちの言葉や刹那も好き嫌いは別として、無条件にまともだとは言えない。
そんな環境なのに優しさを失っていない誠はむしろ奇跡的な存在ではという意見すら一部にある。


Summer Days

相変わらず他人の恋愛感情には鈍感で、メインヒロインである刹那にそっけないことを言ってしまう場面も多い。

本編開始前の夏休みという環境の違いによるものか、自らが節操なく女性と関係を持とうとすることがない。
家に遊びに来ている妹の止の面倒を見ており、妹思いの優しい兄、といったキャラクターになっている。
恋はしても一途なもので修羅場を作り出すような無責任な行動が減って善人になってはいるものの、守備範囲が広がり過ぎてかなり変態になった。

あれ? やっぱ世界さえいなければ大丈夫なんじゃね?


Cross Days

や ら な い か

主人公ではなく、サブキャラとしての登場。
サブキャラなのに主人公補正があってヒロインに手を出しまくり、油断すると寝取られる。
最もヤバいのはその守備範囲で、主人公に手を出してくるルートもある
(女装をしているとはいえ、当人の意識は男なので相手は『男の娘』ではなく『女装少年』であり、言ってしまえばホモ展開である)。

もはや鬼畜ウンヌンカンヌンという話ではなく、穴さえあれば何でもいいという見境のなさである。

色々と変な意味で見直そうという動きがネットを中心に起きたのは言うまでもない。


しかし実は上記のや ら な い かを差し引いても大半のシーンで相当なクズっぷりを誇る。

操作キャラではない故に心理描写もかなり少ないことは確かだが、
今作は(主人公を挑発する為だが)浮気に関して開き直っているシーンまであり、モニターの前のプレイヤーと主人公を同時に憤慨させた。

「そうさ! 浮気だよ! 悪いか。 ははは」

……コレ、作中の名言です。同じ声の眼鏡を少しは見習えと言いたい。色々な意味で。


もっともこの作品、主人公が誠とは別ベクトルのかなりの問題児であることや(女装時に限ればそうでもないが通常時は誠よりもむしろアレな子)、
誠も当然悪いのだが他キャラの方がもっとアレだったり、そもそも論として誠ではなくて他キャラのせいで酷いことになったので……という事情も留意すべきである。
繰り返しになるが、この作品の誠はスクイズ以上にやばいのだが、それですら主人公や周囲の環境の方が相変わらずやばいという頭を抱えたくなる惨状である。
アニメ版の反響に公式が便乗した……かどうかは定かではないが、公式の悪い意味での悪乗りを感じさせてしまう。



◆SCHOOL DAYS HQ

初代の『School Days』のリメイク。
バグ修正とルート追加によってポルナレフ現象がなくなり、完成度も高まったことにより、物語開始から言葉様一筋の誠も見ることができるようになった。
しかし大きな矛盾や整合性が取れていないため、未だ不完全版とされている。
一方、その時には世界が妊娠することになるのだが(状況からすると誠の子である可能性は低い)、
一度世界とくっついてからまた捨てるといった非道もプレイヤーの選択次第で行える。さすが俺達の誠さんだぜ!

ちなみに世界とは泰介の子供を身ごもっていたという理由で離別するのだが、
再会した際には誠が「俺の子……産んでくれるんだね」とかちょっと頭がおかしいこと言いだしてプレイヤーを困惑させた。
ただ、性欲さえ絡まなければむしろ菩薩メンタルである。


◆SHINY DAYS

『Summer Days』のリメイク。選択肢が増えた結果気が利く行動、発言ができるようになり、リメイク元よりもさらに好青年になった。

追加ルートでも基本的に良い人だが、主人公なのに終盤まで出番が少ない。

父親が地元の大病院の経営者で、その影響により地元の神社から娘の許嫁として期待されていることが判明した。
その父親がろくなやつじゃないけどな!


◆ストリップバトルデイズ2

誠が並行世界に行く野球拳ものの番外編的作品。
ここではなんとの萌子に手を出して孕ませている。


◆スクイズ漫画版

別人。大筋のシナリオは忠実。
だが、誠が終盤で過ちを自覚して世界に別れようと告げたり言葉の攻撃から世界を庇ったりと、いちいちカッコいい。
恐らく一番漢らしい誠。
世界を庇って重傷を負ったことで入院することになった。
それだけに生存しながらも迎えた結末が言葉とやり直す決意をするが、言葉は世界によって殺害されたという世界の恐ろしさをより強調していた……。
やっぱ世(ry


◆クロイズ漫画版

スクイズ漫画版の反動及びアニメ版の反響により原作以上に最低男(帯にも書かれている)として描かれている。
……もっとも、後書き漫画にて誠の描写に対して「これ以上やり過ぎないでね」という旨の指摘がOverflow側からされている。
炎上商法に安易に便乗するのも考え物という事なのかも知れない。


◆アニメ


  1. 第1話:世界の仲介を経て、言葉と交際する。※正直、ココが好感度のMAX
  2. 第2話:デート中、堂々とエロ本を立ち読みする
  3. 第3話:交際早々、言葉のことを面倒に感じる
  4. 第4話:屋上でキスをしている際、我慢できず言葉にパイタッチ
  5. 第5話:おせっせに応じてくれない言葉をあっさり捨て、ソッコーで世界に乗り換える。
  6. 第6話:別居中の妹(止)をダシにして、世界との浮気に走る。
  7. 第7話:世界に問い詰められ、浮気していることを開き直った。
  8. 第8話:下校時、誘惑に負けてフォークダンスの約束にコロッと応じる。
  9. 第9話:世界・言葉をほったらかしにて、イジメ将軍とお愉しみ♡
  10. 第11話:調子に乗って、イカリングや3バカトリオにまで手を出す♡
  11. 第11話:妊娠した世界に対し、当てつけのごとく言葉とヨリを戻す
  12. 第12話:全責任を押しつけた挙句、世界に病院に行くように促す。(その結果、世界に刺し殺される運命が待っていた)

その反動か、パラレルワールドであるOVAでは、きれいな誠になっているが、ぶっ飛んだ周囲に翻弄されている。
ちなみに、その世界では言葉と普通に付き合い、自分の性欲で皆を不幸にした事を自覚している模様。
そのため、原作を始めとする媒体の作品とはセリフや行動などに相違点がみられる。

そんな伊藤誠は、Overflowの人気投票ではぶっちぎりのナンバーワン(=人気ワーストワン)を獲得した。2位の世界とは約6割も差が開いた。
また、スタッフ公認のウザキャラにされてるようで、2009年のエイプリルフールネタにもされた。

余談だが、アニメプロデューサーが、上記のSchool Daysの主人公と同じ名前という話はかなり有名で、ラジオでは「リアル伊藤誠役の伊藤誠」として出演した。
普通ならかなり気まずくなるはずだが、当の本人はかなりノリノリだった。

アニメプロデューサー以外にも同姓同名の「伊藤 誠」という人はたくさん居る。
そもそも『School Days』の伊藤誠にも(負の面が目立つものの)一定数のファンが存在しているので、見境なく誠死ねを多用するのは禁物である。


上記の通り、徹底的に「負の主人公(ダークヒーロー・アンチヒーローの意味ではない)」として描かれたTV版の誠だが、
その彼にしても一部の視聴者から「果たして悪いのは、誠だけなのか?」という疑問が指摘されている。
加えて、アニメ版のみを唯一絶対視して誠に対するヘイトを正当化する事や、見境なく誠死ねを多用する事への疑問が上がることも少なくはない。
加えて、なぜここまで負の主人公として描いたのかという、製作スタッフに対する疑問も同様に上がったりする。

確かに、誠の主人公らしからぬ無責任さ・奔放さには目を疑ったものの、
それ以外にも世界の身勝手極まりない横恋慕をはじめ、乙女一行の陰湿な言葉イジメ、下半身に忠実かつ無秩序過ぎる世界観が事態の悪化を招いたのもまた事実。
他にもその他のサブキャラ・モブ達も漏れなくモラルが欠如している。
……いずれにしろ色々と規制の強いTV版においてすら業の深さ物語の展開の都合が感じられる学園であろう。


全くの余談だが、普段誠を散々ヘイトしたり「誠がまともな主人公なら……」と愚痴りまくっておきながら、
OVAや『Summer Days』のように良識のある言動を実践したらしたで途端に掌を返して「こんなのスクイズや誠じゃない!」「物足りない!」「普通のギャルゲー主人公なんてつまらない!」「シナリオ作成の才能無さ過ぎ!」
とファンからあからさまな無責任・露骨なダブスタの如く騒がれるのも、非常に嘆かわしい話ではあるけれどよくある話だったりする。




「追記・修正するにしても、色々面倒なんだよ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

※「誠死ね」など、単なる罵倒コメントになるのはやめてください。これらが続くとコメント欄撤去やIP規制がされます。

  1. トップページ
  2. 右メニュー
  3. プロヴィデンス級戦艦
  4. バカ殿(志村けん)
  5. メニュー
  6. 銀河帝国(STAR WARS)
  7. SCP-2943-JP
  8. 徳川そよ
  9. SCP-CN-801
  10. ユリウス・ラインホルト
最近更新されたページ
記事メニュー
タグ検索 :
タグ一覧 ( 登録が多い順 )

GoogleでWiki内を検索

2021-01-21 04:07:35 (Thu)
今日 -
昨日 -
合計 -
項目46034
現在-

最初にお読みください







最近作成されたページ


もっと見たい方は コチラ

最近更新されたページ

取得中です。

もっと見たい方はコチラ


ここを編集
最近更新されたwiki