機動作戦センター (Mobile Operation Center)



詳細

データ

プラットフォーム カスタム
PS4 / Xbox One / PC限定 地下基地:乗り物ワークショップ
プラットフォーム 価格
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC $0~$1,390,000(運転台除く)
プラットフォーム ガレージ保管
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC 地下基地

解説

「銃器密造」アップデートで追加された特殊トレーラー。
地下基地を購入することで、Warstock Cache & Carryから購入することが可能になる。

基本料金は運転台に左右され、追加オプションで値段が上乗せされていく形となっている。
その為、トレーラー側にオプションを一切搭載しない場合は運転台の値段のみ請求される形となる。
車内は3区画に区切られており、追加オプションとして内装を変更可能。指令センターユニットや居住スペース、武器ワークショップ等の設置が可能となる。詳しくは地下基地を参照のこと。

なお、機動作戦センターの本体はこちらなので、牽引車が破壊されたところでこちらも地下基地に戻されることはない。

車体の耐久力は非常に高く、インサージェントとも比べ物にならない爆発耐性を備える。RPGやホーミングランチャー、グレネード等を20発まで耐える。しかし、対空トレーラー相手にはあっさり破壊されてしまう。
実装当初はGTAオンラインで最も耐久力が優れていたが、さらに上を行く耐久力を持つテラーバイトの実装で2番目になった。

トレーラーとしての解説

他と比べひときわ大きなトレーラー。
本来このタイプのトレーラーは、車体側面が左右方向に拡張する事で広いスペースを確保する事が可能となる構造となっているが、本車両は常時拡張したまま牽引されるようになっている。*1
その為、車幅が広くなり狭い道では車線からはみ出し対向車を次々引っ掛けてしまうといった様な事故が起きやすい。
また、その幅ゆえ通常サイズのトレーラーでは出来る、「連結が切れるスレスレまでトレーラーヘッド部分との角度をつけて小回りを効かす」という小技は不可能。狭い場所に突っ込んでしまってどうにもならなくなる....ということもあるので運転に注意。

指令センター選択時に搭載している武装は初期状態では前方に1基のみだが、研究を進めることで後方に2基増設できる。
性能は戦車砲と似ており、見た目に反して大火力。射角も広いため、ほぼ全ての方向をカバーできる。
ある程度は上方向も狙えるのでヘリの撃墜は難しくないものの、戦闘機等に襲われた場合は苦しい。
勘違いしている人もいるが、パッシブで乗り込むことができないのは指令センター搭載時のみ。
指令センターではなく居住スペースを選択していれば問題なくパッシブで乗り込める。

機動作戦センター内に居るときにセンターが破壊された場合、死亡した判定にはならず、暗転した後外にワープさせられる。実質機動作戦センターが肩代わりとなる形。
また、警官に囲まれた状態で長時間篭っていると逮捕され、最寄りの警察署に送られることがある模様。オンラインなのに逮捕という非常にレアな光景が見られるため、一見の価値はあるかもしれない。

その巨大な見た目に反し、重量はあまり重くなくタンクトレーラーと同じくらい。よって、無印ファントムパッカー等なら、そこそこの速度で牽引できる。
勿論、ファントム・カスタムホーラー・カスタムで牽引すれば重量をものともせずSUV並みの速度を出せる。

テラーバイトとの併用は不可能で、テラーバイトを呼び出した状態で地下基地に入るとテラーバイトはナイトクラブに戻される。

モデルとなった乗り物は映画「ユニバーサル・ソルジャー」に登場した、通称『Unisol Transporter』と呼ばれる改造トレーラーと思われる。
牽引車として選択可能なホーラー・カスタムも同車をモデル車両の1つとしている。

区画

指令センター
砲塔を操作するイスが用意されており座る事で砲塔を操作可能となる。
なお、この砲塔はアベンジャーと異なり使用する砲塔をカメラを覗きながら切り替えることが出来ない
間違えた座席に座ってしまった場合、座席から立ち上がるまでかなりトロいので間違えないようにしたい。
なお、この区画を搭載してしまうと搭乗時にパッシブモードが強制的に解除されてしまう。
居住スペース
唯一全区画に設置可能なスペース。
特に機能はなく、椅子やベッド、着替え用にロッカーが用意されている程度。
他の施設の居住スペースとは違い、アクションメニューからオンライン時のスポーン地点としての利用も不可能。
武器ワークショップ
二区画目に設置可能な設備。
設置する事で一部の武器をMk2モデルにアップグレードしたり、あまり使わない武器の非表示オプションが使用可能になる。
武器&乗り物ワークショップ
上述のワークショップに加えて、武装車両のアップグレードやカスタマイズが可能になる。
但し二区画目と三区画目のスペースを使う事になるので、これを選択すると下記の保管庫は設置出来なくなる。
現在はアベンジャーやアリーナワークショップ等、同等の機能を持つ乗り物や設備があるのでやや選択肢には入れづらい。
個人車両保管庫
三区画目に設置可能な、車両を1台のみ保管可能となるガレージ。
乗り物ワークショップと異なり本当にガレージ以上の機能はないが、車両を保管できない地下基地の個人用車両置き場として利用できる。
なお、本車に保管した車両は携帯の整備士から呼び出すことは出来ず、クイックメニューの機動作戦センタータブから呼び出す必要がある。