RM-10 ボンブーシュカ (RM-10 Bombushka)




詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 定員 動力
飛行機 RM-10 ボンブーシュカ 6人 レシプロ
モデル ラジオ 主な選局 特殊アクション
アントノフ An-12 爆弾+デコイ+JATO+前部・上部・後部タレット
プラットフォーム 価格 割引時*1
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC限定 $5,918,500 $4,450,000

解説

「極秘空輸」アップデートで追加され、2017/09/19に実装された貨物機…と言うよりは爆撃機兼対地攻撃機。
同日には新敵対モードの「飛べ!ボンブーシュカ」も実装された。
名前はbomb(爆弾)とmatryoshka(マトリョーシュカ)の鞄語と思われる。

形状のモデルはAn-12が近いが、機首付近の窓の形状などが微妙に違う。
また、性能面ではTu-4をモチーフにしている(Tu-75という、輸送機型もある)のではないだろうか。

このTu-4とは、B-29がリバースエンジニアリングされたもの(要するにコピー品)であり、「ボーイングスキー」などと呼ばれた*2*3
名前がロシア風なのもこれに由来するのではないだろうか。

同じ貨物機であるタイタンと比べると機体がさらに大きくなっている他、襲われたら何もすることが出来なかったタイタンに対し、こちらは機体上部と後方、前方下部に機関砲が設けられ、万が一襲われても反撃が可能となっている。
無論、飛行しながら機関砲を使用するには最低でもプレイヤーが2人必要である。
ちなみに、当たり前といえば当たり前だが、体当たりキルした場合は操縦手のキル判定になる。
「飛べ!ボンブーシュカ」では基本的に、操縦手はこれでしかキルを出すことができない。

しかし値段と大きさの割に耐久性は意外にも低く、戦闘機などのキャノンやヘビースナイパー Mk2の炸裂弾を連続で喰らうと呆気なく撃墜されるので過信しないように。
また、最高速度も非常に遅くタイタンにも置いていかれるほど鈍足である。しかし、速度が出ない分、建物や他の航空機との衝突には強く、大破することは殆どない(衝突時の姿勢によってはそのままスタックして火を吹き出すことはあるが)。

上記の通り一応戦闘は可能だが、オプレッサーmk2や各種戦闘機や戦闘ヘリが乱舞してる現環境では、はっきり言って良いマトであり、間違ってもこの機体で他プレイヤーに挑むのはオススメしない

対地攻撃にしても対車両ではミサイルの方が遥かに有効で、徒歩のプレイヤー相手でもその耐久度の低さが足を引く。


平和主義者が泣きわめくほどの火力さえあれば、勝利の方程式を変える必要はどこにもありません。
ボンブーシュカが生まれたのは、正義と悪の区別が明確だった時代。
「一般市民への被害」が「戦果」だった頃、戦争での勝利が空爆によってもたらされていたあの時代です。
さあ立ち上がれ、同志たちよ。
(Warstock Cache & Carryの解説)

ちなみに、この機体はタイタンと同様に後部に貨物室がある。
こちらはタイタンとは違い現在もハッチを開ける事が可能で、内部に車が約1.5台分入る空間がある。

目印に粘着爆弾を張り付けているが、ちょうどこの位置をスナイパーライフルで数発撃つ事でハッチが開く。
#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。


アップデートにより、自動車と同様にアクションメニューから開閉する事が可能になった。
空中でも開閉する事が可能。
内部にメンバーや車を格納して運ぶなど、できる事は大きく増えただろう。
『アリーナ・ウォー』でカーゴボブのような透明な壁が設置され、徒歩・乗り物共に貨物室に立ち入りできなくなってしまった。
なぜだ

なお、この透明の壁は、デコイ、ボディーペイント、武器、推力の項目のうちどれか一つでも改造すると追加される模様。どうしても中に車や、徒歩で入りたいのなら、これらの項目を標準の装備(装備していない状態)にすれば良い。まぁ、その状態ではパッシブモードの仕様変更に伴いフリーモードでは戦闘機やオプレッサーmk2などに瞬殺され、ミッションですら使えない性能になってしまう。まさに粗大ゴミ(せめて榴弾だけでも使わせてくれ)
まあ例えフルカスタムを施したところで、それらに対してはほとんど勝ち目が無いが…
また中身撃ちされる事はほとんど無いと思うが、透明の壁が追加されている状態でははコックピットのガラス部分からも弾丸を一切通さない防弾機能が追加される。(透明の壁は全体を覆っている模様)しかし機体にダメージはしっかりと入るので注意。当然、上記の項目を標準化して、透明の壁が消えると弾丸も普通に貫通する。

貨物室 後部 上部ハッチ

モデル

アントノフ An-12
+史実 アントノフ An-12はソ連のアントノフ設計局が1950年代末頃に開発した大型輸送機であり、爆撃機ではない 恐らく、本機に貨物室が存在するのはその為であろう。
もとになったのは同設計局製の旅客機An-10 である為、ソ連機にしては人口工学的に余裕のあるデザインとなっている。
本機の実戦配備は1959年だが、生産は1972年まで続けられ軍用輸送機モデル の他、対潜哨戒機モデル 等、多くの派生機が生産され、民間用の貨物機モデル もまた生産された。
元となったAn-10には横安定不良の欠陥が存在したが、本機は垂直尾翼 をより大型の物へと変更する事でこれに対処したが、重量も増加した。
東側の輸送機ということもあって非常に頑丈に作られている為、多くのソ連側共産主義国家が本機を購入し、21世紀現在でも旧ソ連構成国やアフリカ諸国などで約180機が80社程の企業に運用されている。

改造費用

アーマー 【6種】 費用
オンライン
なし $
アーマー強化20% $
アーマー強化40% $
アーマー強化60% $
アーマー強化80% $
アーマー強化100% $

デコイ 費用
オンライン
なし $
デコイ $

爆弾 費用
オンライン
なし $
爆弾 $

ハンドリング 費用
オンライン
なし $
ハンドリング $

ボディーペイント 費用
オンライン
なし $
$

ペイント 費用
オンライン
なし $
$

武器 費用
オンライン
なし $
武器 $

売却 費用
オンライン
$

推力 費用
オンライン
なし $
$


入手場所、出現場所

オフライン

  • 出現しない。

オンライン

  • 空輸貨物の売却で使用するパターンがある。
  • オンラインショップ「ウォーストック キャッシュ&キャリー 」により購入可能。空輸貨物を24回クリアすることで割引価格が解禁。
  • 強盗:ドゥームズ・デイ」の準備ミッション「バラージ」で飛行場から逃げ出そうとするところを破壊される乗り物として登場。(ボディーペイントが塗られている)

参考

動画