カーゴボブ (Cargobob)




詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 定員 動力
ヘリコプター ウェスタン カーゴボブ Cargoは「積荷」
bobは「ボブヘア」
「急に上下に動く」など
様々な意味
10人 ターボシャフトエンジン
モデル ラジオ 主な選局 特殊アクション
シコルスキー CH-53 "シースタリオン"(機首デザイン)
ボーイング・バートル CH-46 "シーナイト"(機体デザイン)
右/Eでフック展開
→フックを接近させると連結
右/Eで切り離し(連結時)
プラットフォーム 価格
オフライン オンライン
PS3 / Xbox 360 $2,200,000 非売品
PS4 / Xbox One / PC $1,790,000(通常仕様)
$1,995,000(ジェットサム)
プラットフォーム ヘリパッド保管
オフライン オンライン
PS3 / Xbox 360 不可
PS4 / Xbox One / PC

解説

潜水艦ミッションでお世話になるタンデムローター 式の大型輸送ヘリ。GTA:SAにも登場していた。
モデルはアメリカのシコルスキー社製大型ヘリコプターMH-53とCH-46。

旧世代機時代からオンラインでも販売してほしいとの要望も多かったが、「金と権力と野望」アップデートでついに販売が開始された。
通常仕様は$1,790,000なのに対し、Jetsam仕様は$1,995,000と何故か若干値上がりしているが、オフライン時より、若干安価であることに違いは無い。
jetsam仕様は民間用に改造されておりローターの音が軽減されている。しかしそのためか通常仕様に比べ最高速度が僅かに遅い。

特殊な機能として右/Eキーでグラップリング(フック)を展開可能。
カーゴボブのフックが勝手に外れたり、フックが異常に長くなったり、取れ続けるバグがあったが銃器密輸アップデートにて修正された模様。
だが、車両売却にカーゴボブを使用すると終了後に機体が透明化し、やがて操作不可能になるバグは現在でも発生する為注意が必要。

オンラインミッション「切望の入り江」ではコンテナ輸送の主役になる他、車両にも引っ掛けられるため空輸も可能(ただし航空機、自転車、トラクターは引っ掛けられない)。まさに空飛ぶレッカー車。
しかし「強盗アップデート」付近で車の重量が修正され、トラックやバス等の中~大型車輌の空輸が不可能になってしまった(インサージェントが良い例)。
しかし、「Max Load Limit : 15000kg」の記述があるものの、60tの重量があるライノ戦車は相変わらず吊り上げることができる。
一方で、9000kgしかないBarracksはなかなか持ち上がらない。
なおアップデートによって一旦はあらゆる乗り物が空輸不可能(持ち上げてもすぐに落下する)となっていたが、いつの間にか修正されており問題なく空輸できるようになった。ただし車両が重い場合は以前と同じく、すぐに切断・落下してしまう。
また、フリーモードイベントで出現する車両や個人車両も以前と同じく切断されてしまう模様。
ある程度軽い車両や自分の個人車両であれば、あまり激しく揺らさないように気をつければ落としてしまうことなく運べる。

ちなみにコンテナや車両以外にも移動式投光器や仮設トイレ、バリケード、木箱、ゴミ箱、ドラム缶など巨大ヘリを持ち出して空輸するほどの物なのかという疑問はともかく空輸できるオブジェクトは意外に多い(牧草ロールや土管など運べそうで運べない物もある)。
また空輸できるコンテナには切望の入り江で運ぶものよりも小振りな赤いコンテナがラ プエルタやサンディ海岸などを中心に存在している。ただ中身が詰まっているのか、その大きさに反して戦車並みに重い。

以前はこれに乗って遊ぶプレイヤーが多く見受けられたが、ホーミングランチャーの追加以後は激減し、さらにハイドラの購入可能以後はほぼ皆無となった。旧世代機(PS3/XBOX360版)でこれを飛ばしても即座に撃墜されるのがオチ。
現行機でも以前はパッシブモード状態でホーミングランチャーやハイドラの脅威を気にすること無く遊ぶことができたが、いつの間にかパッシブモードの状態ではフックの展開や接続は出来なくなっている(ある方法を使えば空輸だけならできるが…)。

また後部ハッチがあり、機体を地面にぶつければ開く場合がある。小型車なら中に入れることは出来るが、時折中で車が暴れ爆発するため大人しくフックに引っ掛けたほうが手っ取り早い。しかしオンラインではアップデートにより修正されてしまい、基本的にハッチは開くものの透明の壁がありプレイヤーの進入を阻むようになっている。
だが、「強盗:ドゥームズ・デイ」アップデートにより、透明な壁が撤去されると同時に、アクションメニューから従来の個人車両と同様に貨物ランプのハッチを開閉する事が可能になった。
ただし、それでも乗り物で機内に入る事は出来ない(バイクでも不可)。

オフラインでは側面の開いているドアにジャンプしながら○/Bボタンで転ぶと、中に入ることが可能。
本来の乗員人数は10人だが、増槽の上に人を乗せたりして遊ぶことが出来る。実際、ホーミングランチャーや戦闘機の追加以前はこうして遊ぶプレイヤーが時折見られた。
ネット販売の画像にはデザートカラーの本機が表示されているのだが、購入をするとメタリックブラックの民間仕様が届く。が、Ver2.20以降、なぜか購入した本機がデザートカラーで出現する事がある(PS3オフラインのみ?)。

大型ヘリのため足が遅く、警察ヘリに追われると直進しても振り切るのが難しい。そこそこの高度があれば急降下の勢いで逃げ切ることも一応は可能。しかし他のヘリコプターに乗り換えたほうが無難だろう。
また、その巨体から左右後部座席に座る人の射角が大きく制限されてしまうため後方への射撃が不可。

今作唯一のタンデムローター式だが、内部処理的には前がメインローター、後ろがテイルローターという扱いらしく、後ろのローターが破壊されるとぐるぐる回転しながら墜落するが前のローターが破壊されるとそのまま落下する。

格納庫のワークショップで塗装可能(他の改造は無い)。ただし迷彩柄を消す事は不可(一応黒に近い色にすれば見えなくすることは可能)。
白が基準色になっているため、他の色で塗ると独特な色合いになる。
ちなみに、デフォルトカラーをより正確に言うと、マットのアイスホワイトである(格納庫に入れてショップで確認済み)。

オフィスにEキーで着陸するとフックが消えることがある(オンライン)。
また、オンラインではラグ等の関係で、荷物を高速でぶつけてしまった際に、稀に吊っている荷物の当たり判定が正しい場所からずれて、カーゴボブの上(または内部)に固定されることがある*1
こうなると、高度を落とすときにダメージを受けるようになるため、地面が近い場合は投棄した方がいいだろう(ただし、GTA5の車両はどれも*2落下ダメージに非常に弱く、戦車でさえもある程度の高度からだと簡単に爆発してしまう)。

GTAⅣ以降のGTAシリーズの車両の仕様として、「車両のエンジンの耐久値が0.0(スポーン時は1000.0)を下回るとエンジンから火を噴き、エンジンが継続ダメージを受けはじめ、状態によっては燃料タンクにも継続ダメージを受けはじめてやがて爆発する」というものがあるが、GTAVにおける航空機は本機を含め煙を吹いた状態でエンジンと燃料タンクに継続ダメージを受けるようになっている。煙を吹くエンジンの耐久値の上限よりさらにエンジンの耐久値が低くなると、飛行中に突然火花を散らしてエンストするようになる。
一度起きると、約20秒ごとに起きるようになるので、この時地表付近を飛行していると、地面や建物への衝突だけでなく、本機の場合、吊り上げている車両の破損や、引っ掛けてバランスを崩して墜落などが起こりかねない。そのため、ある程度の高度を保った方が良い。
そうしないと、カーミーティングの場所に吊った戦車ごと墜落して大惨事などといったことが起きる…*3


夢にまで見た空飛ぶバスの登場です!
カーゴボブはあらゆる戦争映画の哀愁漂う空撮シーンでお馴染みの、
双発タンデムローター式の戦術輸送ヘリコプターです。
積載区画に積むヤクの量や捕虜の人数にもよりますが、
最高速度は時速200マイル、巡航速度は時速150マイルを発揮します。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より)

耐性

機動性の悪さは否めないものの、カーゴボブ最大の特徴はその巨体に見合った防御力の高さが売り。

コックピットのガラスはインサージェント並みの強度で、一定の間は銃弾を凌げる。さらにホーミングランチャーを本体部に食らっても一発で墜落しない という点。しかも複数発を耐えてくれる防御性能を持つ。おそらくこれに対しての耐性があるようだ。
ただしプロペラ部分は脆く、高確率で撃墜されるため過信は禁物。耐えられるといってもせいぜい2~3発なので、被弾したらすぐにその場を離れよう。(1発命中で煙を吹き出し、立て続けに3発目を喰らうと火を吹く)
また、着陸時はホーミングランチャーでも1発で吹っ飛ばされてしまう。

なお、「切望の入り江」で使うことになるカーゴボブはロケットランチャーへの耐性も持っており、2発まで耐えることができる。
とはいえ、この耐性はミッション限定であり、通常のカーゴボブでロケットランチャーを喰らうと普通に墜落する。

Trevor Philips Enterprises仕様

ミッション「カーゴボブ」後、サンディ海岸の格納庫東脇にTrevor Philips Enterprises仕様のカーゴボブが置かれる。
  • 正面と、側面パイロンの増槽のMARINESと書かれている所に「TP ENTERPRISES」のロゴを上書きしている。
  • 後部ローターのMARINESと書かれている所に「T.P. IND」(Trevor Philips Industries)のロゴを上書きしている。
    • ちなみにTrevor Philips Industriesは、Trevor Philips Enterprisesの工業部門である。
  • 側面の「Max Load Limit : 15000kg」と書かれている所に「No Fatties!」(デブお断り)と上書きしている。
  • 正面と、側面のナンバーは赤い塗料で消されている。
  • また、よく見てみると増槽の燃料タンクの位置が通常の物よりも後方に移動している

ブラック仕様

旧世代版オフラインのみ購入可能。メタリックブラックに塗りつぶした(よく見るとMARINESの文字が浮かび上がっている)仕様となっている。

Jetsam仕様

ミッションモンキービジネスでも登場するが、
先述の通り、オンラインのみ「金と権力と野望」から購入可能となった。
こちらは通常のタイプとは違い、ジェットサムの商用となっている。
また、前方の各種レーダー装置が撤去されている。
マットのホワイトをメインに、サブカラーには薄い赤(ピンク)が塗られている。
燃料タンクには「Jetsam」の文字が入る。
因みに、ルイナー2000の特殊車両ジョブで、ルイナー2000をフォートザンクード軍事基地の上空に運んでいるカーゴボブは通常の赤色に加えて、青色、黄色、緑色のものがプレイヤーの数に応じて登場する。カーゴボブ好きなら一見の価値あり。

有害物質の海洋運送業で数十年の実績を持つジェットサム社は、
千載一遇と言われる又とない環境災害に百発九十中の確率で出逢えるような特別な状況を熟知しています。
そんなチャンスに恵まれてしまった際には、やはり空のサポートが必要不可欠でしょう。
かつて産業機として大量の化学分散剤や海洋生物の死骸を積み、
太平洋沿岸を何度も縦断した経歴を誇るこのカーゴボブなら、
どんな難題をも確実にこなすこと間違いありません。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より)

Cargobob 893仕様

「金と権力と野望」アップデートで追加されたセキュリサーブ版カーゴボブ。
Jetsamカーゴボブと同型の民間仕様で、色が変えられている。
マットのダークレッドをメインに、ブラックがサブカラーとして塗られている他、
前方やサイドラインには「893」の文字が書かれている。
ボス及びCEOのジョブ「空の輸送」で乗ることになるが、証拠隠滅の為セキュリサーブに処分されるのでお持ち帰りはできない。

水陸両用作戦仕様

「カーディーラー」アップデートで追加されたボスジョブ「水陸両用作戦」でのみ出現するカーゴボブ。
Jetsam仕様と同型ではあるが、塗り分けされておらず濃いマットブラック一色になっている。
機体前方やローターブレード、エンジン付近には赤色で「DANGER」と書いてあるが、機体が黒一色の為非常に目立つ。
後部ハッチが開いた状態で設置されており、衝撃を与えても閉まらない。
オフィスの屋上に着陸させる事で後部のハッチも閉まる。
また、こちらは普通に乗る事が出来るのでお持ち帰りも可能。


入手場所、出現場所

オフライン

  • 軍基地の上空に頻繁に出現するが、稀にヘリポートにも出現する。
    • 近づくと離陸してしまうので、遠くからスナイパーライフルで操縦者を倒すと良い。解説動画
  • オンラインショップ「Warstock Cache & Carry」で購入。
    • $2,200,000。旧世代版だと先述のブラック仕様であり、次世代版だと迷彩柄であるが妙な光沢処理がされている。
    • Warstockで購入したカーゴボブを使用してミッション「グラスルーツ:回収」を開始し、失敗した後にリトライするとブラックカラーからデザートカラーに変わり、フックも残っている。(確認:初期バージョン)
  • モンキービジネスの際にJetsam仕様が登場する。
    • ヘリをヘリポートに着陸させ、すぐ傍にあるトラックを破壊すれば保存可能。

オンライン

  • ランク30以降からベスプッチ以外の飛行場、ヘリポートに出現。
  • オンラインショップ「Warstock Cache & Carry」で購入。
    • 通常仕様$1,790,000。
    • Jetsam仕様$1,995,000。
  • 「切望の入り江」「ドッグ・ストック」などのミッションに出現。
    • 「切望の入り江」のものは前述した通り特別仕様。
  • 車両調達にて「沖合のタグボートから車を奪え」というパターンの場合、これを奪うように指示される。
    • この時奪うカーゴボブは耐久力が通常より高くなっている。追っ手(バザード)の追撃が非常に激しいのでそれを考慮してのことか。
  • ボスジョブ「水陸両用作戦」で、物資の近くに停められている事がある。
  • 特殊車両ジョブ「ロードサービス」でグランド・セノーラ滑走路にシルバー一色の機体が配置されている。
  • 地下基地の原材料調達にて「軍から戦車を回収する」というパターンで、目的地の近くに2機配置されている。
    • こちらも上記と同じで耐久力が高くなっており、さらにはフックが長くなっている。これにより乗り物にフックを引っ掛けやすくなっている。ミッション終了後も乗り回せるのでオフィスにお持ち帰りすることも可能だがフックは通常のに戻ってしまうので注意。
  • 空輸貨物の売却ミッションにて「コンテナを吊り上げ、トレーラーに運ぶ」というパターンで上記と同じ性能を誇る青色のカーゴボブが所有の格納庫の近くに配置される。持ち帰り不可。
  • 強盗:ドゥームズ・デイの第三幕の準備ミッション「バラージ」でブラック一色の機体がバラージを運んで登場する。
  • 強盗:ドゥームズ・デイの第三幕の準備ミッション「ハンジャール」で引渡所の奥にホワイト一色の機体が配置されている。
  • ナイトクラブの物品売却で出現するパターンがある。
    • 原料調達で使用する物と同じでフックが伸びているだけでなく、パワーも上昇しているようでなんとあのインサージェントをも少しずつだが持ちあげる事ができる。

画像

デザートカラー ブラックカラー TP Enterprises仕様
Jetsam仕様 Cargobob893仕様 水陸両用作戦仕様
増槽、機体横の文字 機体前方の注意書き*4 ローターブレード前方

モデル

シコルスキーCH-53 "シースタリオン"

ボーイング・バートル CH-46 "シーナイト"


関連項目

Cargobob2
Cargobob3
Cargobob4