時透無一郎


「邪魔になるからさっさと逃げてくれない?」

漫画『鬼滅の刃』の登場人物。名前の読みは「ときとう むいちろう」。
アニメの担当声優は 河西健吾 氏。

黒髪を腰に届くまで伸ばした小柄で中性的な少年。
14歳と主人公の竈門炭治郎よりも年下ながら、鬼殺隊最高位隊士の一人「霞柱」を担う幹部格で、
刀を握ってわずか2ヶ月で柱にまで上り詰めた天才剣士。
非常にマイペースな性格で、初出の柱合裁判の場においてさえ「すぐに忘れるから」という理由で炭治郎達の処遇については無関心で、
「あの雲の形、何て言うんだっけ」などと関係ないことばかり考えていた。
これは、過去のとある出来事によって心身ともに深い傷を負ったことで記憶障害を負い、
頭に霞がかかったように些細な物事はすぐに忘れてしまうようになったことが原因である。
この影響か、一人称も「僕」と「俺」で安定しない。
しかし、この状態でも鬼殺隊の最高責任者の産屋敷耀哉への敬意とへの敵意は失うことは無い。

「おい、いい加減にしろよクソ野郎が」

上記の事情故に他者への配慮や気遣いに欠けるが自己中心的・利己的な性格という訳ではなく、
匂いで心理状態を読み取れる炭治郎も言動に悪意等を一切感じる事はなかった。
また、鬼の攻撃から非戦闘員を庇う際には躊躇いなく自身を盾にするなど、
記憶が不安定でもなお鬼殺隊としての使命感・正義感は身に沁みついている。

本格的な活躍は刀鍛冶の里編からとなる。
愛用していた刀が折れたため里を訪れており、同じ状況だった炭治郎と遭遇し、
前任の担当鍛治が死去していたため刀の完成が遅れ、後任がようやく新しい刀を完成させたまさにその日に、
刀鍛冶の隠れ里の場所を嗅ぎつけた鬼の幹部格である上弦の肆・半天狗と上弦の伍・玉壺が来襲。
新しい刀を受け取る間もなく、妓夫太郎と同格の幹部格を相手に、代用品の日輪刀を手に炭治郎や居合わせた他の剣士と共に応戦するが……。

戦闘能力

「全集中 霞の呼吸」の使い手。
高速移動で敵を翻弄し、正確無比な足捌きと斬撃で的確に相手を攻撃する。
また、無一郎が編み出したオリジナルの型に、動きに大幅な緩急をつけ敵を攪乱する歩行術を組み込んだ「漆ノ型 朧(おぼろ)」という技がある。
サイズが合っていない少々ダボついている制服を着ているが、これは手の長さや向き、膝の位置などをわかりづらくすることで、
これらの戦闘スタイルと合わせて、間合いや次の動作も分かりづらくさせる意図がある。

柱内では腕相撲ランキングでは7位、俊足ランキングでは8位と身体能力は下位だが、
まだ発展途上かつ柱の中ではキャリアが浅いためと思われる。
むしろまだ伸びしろがあるということであり、劇中でも鍛錬は怠っていなかった。

また、刀鍛冶の里編では戦いの最中に炭治郎ににた「痣」を身体に発現させて、
身体能力を一時的に大幅に上昇させたが…?




MUGENにおける時透無一郎

Renan氏&Sebastião氏の製作した『JUS』風ドットを用いたMUGEN1.0以降専用のちびキャラが公開中。
Hacker93氏から提供されたスプライトを用いて作られている。
Sebastião氏製作の黒死牟に似た溜めキャラで、突進系の溜め技を複数持つ他、
高い機動力と当身技も備え、ヒット&ウェイを行いやすい性能をしている。
超必殺技「漆ノ型 朧」では一定時間無敵で攻撃を受けるとオートで安全圏に離脱する。
AIもデフォルトで搭載されている。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [時透無一郎]」をタグに含むページは1つもありません。


「もういいからさ、
 早く地獄に行ってくれないかな」


最終更新:2022年07月05日 11:45