竈門禰󠄀豆子


週刊少年ジャンプに掲載されていた漫画『鬼滅の刃』のヒロイン。「かまどねずこ」と読む。
アニメの担当声優は鬼頭明里氏。滅多に話さないが

六人兄妹の長女(第2子)にあたり、長男である兄・炭治郎と共に貧しいながらも幸せな生活を送っていたが、
「鬼舞辻無惨」(本作のラスボス)の襲撃により留守にしていた炭治郎を除く家族を全員目の前で殺され、
自身も無惨の血を与えられ人食いの怪物「鬼」へと変貌してしまう
これにより、鬼の共通本能である食人衝動を抱える事になる。
鬼化直後の飢餓状態により、戻って来た炭治郎を食べそうになるが、
炭治郎の必死の呼びかけによってある程度自我を取り戻し衝動を抑制する。
直後、駆け付けた武装集団「鬼殺隊」の一員である冨岡義勇に処分されかけるが、
飢餓状態にありながら炭治郎を義勇から庇おうとするなど鬼にあるまじき行動を取ったため見逃され、
以降は人を食さない鬼という証として竹の猿ぐつわを噛まされている。
余談だが、単行本のオマケコーナー「鬼滅学園」では竹の代わりにフランスパンを咥えており、
ローソンとのタイアップでは竹を模した菓子パン(抹茶味)も発売されていた。

義勇の紹介により「鬼殺隊」に入隊した炭治郎が2年間修業する傍ら、
2年間眠りながら無意識的に自己改造を繰り返し、人を喰いエネルギーを得る鬼の習性を、
睡眠によりエネルギーを補える体質に変化させている。
ただし、この代償なのか一般的な鬼よりも再生能力が低い。
また、食人衝動を失っているわけではなく、血の匂いを嗅ぐと食欲に襲われる。
加えて日光を浴びると消滅する鬼の体質は残っており、日中は肉体を小さく変化させて炭治郎の所持する箱の中に入っていた。


鬼の討伐を生業とする鬼殺隊にとって鬼の禰󠄀豆子はもちろん、それを庇う炭治郎も本来は粛清対象であり、
幹部「柱」の1人である不死川実弥(しなずがわさねみ)がわざと目の前で血を流して食人衝動を誘発し(しかも実弥の血液は稀血*1
危険性を証明しようとした事もあったが、禰󠄀豆子が理性を保ったまま拒絶して公に「人を襲わない」事を証明し、
滅多に表に出ない鬼舞辻無惨が炭治郎に刺客を差し向けるなどの直接的行動を取ったため、
この兄妹が無惨に繋がる鍵となると考えた当主・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)が、
「人を襲わない限りは」という条件付きで、炭治郎と禰󠄀豆子を鬼殺隊の一員として認める決定をしたため事なきを得る。

鬼化の影響で身体能力が向上しており、鬼化して間もない時期(原作第二話の時点)でも炭治郎に襲い掛かった鬼の首を蹴りで切断している。
作中では惜しげもなく足を上げて蹴りを放ち、その度に太ももが露わになって大変けしからんのだが、
物語の舞台となる大正時代の日本は当時、女性が下着を身に着ける習慣がまだ普及していない頃なので、禰󠄀豆子もはいてない可能性がある。

敵の幹部格である上弦の陸との戦闘時には、対抗するためか鬼化を進行させて額に角が生えた成人女性の形態になり、
上弦クラスとも肉弾戦ができるほどにパワーアップした。
最初に変身した際は、敵に重傷を負わせた後に危うく暴走しかけたが、
間一髪で炭治郎に抑えられ、以降は理性を保ったままこの形態を制御する事が可能となった。

+ネタバレ注意
刀鍛冶の里を強襲した上弦の肆・半天狗を仕留めそこない、炭治郎がとどめを刺そうとした所で夜が明けてしまい、体が蒸発し始める。
里のひょっとこ人達を守るべく、判断に迷ってる兄を投げ飛ばして光と煙の中に消えた。

妹を犠牲に上弦の肆を倒し、里の人達を守った炭治郎が振り返ると、ソコには消滅したはずの禰󠄀豆子が朝日に照らされながら立っていた。
そして…

「お お おはよう」

無惨でさえ果たせなかった太陽の克服を成し遂げ、更には喋れるようになった事は読者(と善逸)に衝撃を与え、以降は竹も外された。
また、この状態の禰󠄀豆子の血を基に「鬼を人に戻す薬」が作られた。

血鬼術『爆血』

禰󠄀豆子の鬼としての能力。自らの血液を任意に爆炎化させる。
「燃やしたい物だけを燃やす」という性質があり、
付近の人体を傷付ける事なく、鬼や血鬼術のみ燃焼させる事も出来る。
この応用で、毒の血鬼術に侵された人間に使用し、体内の毒だけ燃焼させて救った事もある。

血鬼術は、ある程度人を喰って成長した「鬼」が得る事が出来る異能だが、
上記の体質により人を喰わないまま禰󠄀豆子はこの能力を獲得している。

+外部出演
アニメ化を記念してコラボした『白猫プロジェクト』にもゲスト参戦している
クラスは「武闘家」で属性は「炎」
スキル1は敵めがけてパンチやキックの連撃(敵が射程距離外だと空振りしてキャンセルされてしまう)、
スキル2は前方を広範囲に爆撃する「血鬼術・爆血」となっている。
原作でも使用した踵落としも再現されているが、残念ながら太股から腰回りにかけてのCGは作られていないため、中は暗闇となっている

『白猫』の世界で悪事を働く鬼と、それに呼応するように復活した下弦の伍・累を止めるべく呼び寄せられた一人
(『白猫』に登場する鬼は亜人の一種で、人を襲う魔物同然の悪鬼も居るが、一方で人間達に友好的な穏健派の鬼も居る)。
日光に弱い彼女のために、『白猫』では日用品から兵器にまで応用されているルーン魔術で作られた、
所持者の一定範囲が夜になる「夜帷のルーン」を日除けとして渡される。
コラボイベント時はまだ竹を咥えていたため喋る事ができなかったが、子猫のキャトラとは意思疎通が可能で、
いつも入っている木の箱よりも更に小さな壺や戸棚の中に入って遊んでいる。

また、ガチャの仕様がコラボ専用になっており、爆血を使う禰󠄀豆子が登場するとコラボキャラが出るという、
普段のガチャにはなかった確定演出も実装されていた。


MUGENにおける竈門禰󠄀豆子

SaulPRO氏による『JUS』風ドットを用いたMUGEN1.0以降専用のちびキャラが公開中。現在のバージョンはV2。
原作同様に足技の近接攻撃が多いのが特徴で、我妻善逸(あがつまぜんいつ)をストライカーとして呼ぶ事も出来る。
超必殺技の爆血はエフェクトが派手で、かつ100ヒット近い判定がある豪快な技となっている。
AIもデフォルトで搭載されている。
DLは下記の動画から

また、Entah99氏によって兄の炭治郎も『JUS』風ドットでMUGEN入りしている。


「おかえり いのすけ

出場大会



*1
稀血(まれち)の人間は鬼にとって通常の人間の50~100倍の栄養価を持つ上質な餌であり、
当然鬼がその血の匂いを嗅げばより激しい食人衝動を抱く。
特に実弥の血は並の鬼が匂いを嗅いだだけで酩酊するような希少種である
(上弦の鬼でさえ足元が覚束なくなる程度に効果があった一方で、禰󠄀豆子は酔っている描写が無かった事から実弥の稀血は後付けと思われる)。


最終更新:2020年11月01日 13:55
添付ファイル