シャントット


「あら!わたくし、ブ チ 切 れ ま す わ よ。」

オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』に登場するキャラクター。ゲーム中の表記は「Shantotto」。
種族はタルタル。フェイスタイプは4A。
ウィンダス連邦の五院の一つ「口の院」(魔法練習場で、ウィンダス連邦軍の精鋭「戦闘魔導団」を擁する)の元院長。
即ちバリバリの元軍人、それも元士官学校教官長であり、ウィンダスを代表する三博士の一人にして、
20年前に勃発したクリスタル戦争(ヴァナ・ディール全土を巻き込んだ大戦争)での英雄の一人。
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)で、中で操作している人がいるわけではない。一部のイベント戦で共闘してくれたり、
特定条件のもとガチンコバトルを挑めるという例外を除けば、非戦闘エリアで話し掛けられる物語中の一人の登場人物に過ぎない。

+詳細な設定、及びユーザーからの扱い
現ウィンダス連邦政府元老院議員首席にして実質的なウィンダスのNo.2。
現在は引退中で、ウィンダス石の区の博士公邸にて結婚し忘れた事を心残りとしながらも、悠々自適の暮らしを送っている様子。
元老院首席でもあるので、ジュノ大公国にて行われる各国軍首脳会談の席に赴く事もあるようだ。

オホホホホ~」という高飛車な笑い方や、上品そうな口調だが、その性格にタルタル族の幼い容姿も相まって、
どう見ても「おばさまごっこをする小学生」のようにしか見えない。*1
とはいえ、その本性はこのページ冒頭や以下のような名科白に事欠かない、とんでもない毒舌家。
四大強国が集っての重要な会議においても、さらりと相手や国の情勢を罵倒する始末。

「……ぶっ壊す!」

「……ぶっ殺す!」

「口の院の傭兵になれば、死ぬまで最強の装備を身につけられますわよ?
 まぁ、死なないと脱げない装備なんですけれど。」

その人格も最凶というか、常人の尺度を当てはめる事は到底適わない傲岸不遜傍若無人な性格の持ち主であり、
仇なす(?)輩(正体は彼女の番記者。ただ取材をしていただけ)には強力な呪いを掛けたり、「北の大地で置き去り」の刑等々の粛清が待っている。
自分の殺人未遂の罪を冒険者に擦り付けようとした事も。
触らぬ神に祟りなし、下手に関わると「ヘッポコくん」の烙印を押される(称号コレクターのプレイヤーとしては望む所だが)。
それでも、最後までやりぬき通せば「シャントット博士のお気に入り」として認めてもらえる。
海外プレイヤーの方々にも絶大な人気がある模様。

ウィンダスのある新聞記者(上記の番記者)曰く「気位はユタンガ火山より高く、気性はグスタベルグ山脈よりも荒削り」。
即ちとても偉そうで、とてもとてもキレやすい。そして、彼女がブチ切れた後はマンドラゴラ1本すら生えないと言われている。
その性格と言動のせいか、元老院主席の癖に自国の要注意人物リスト(特別警戒レベル)に名を連ねている。

両親とも優秀な黒魔道士を輩出した由緒正しい家系の生まれで、強大な魔力とコネでいきなり院長に抜擢されている。
しかし前院長暗殺未遂、迷宮の書物事件等々数多くの事件を引き起こし、一度は国外追放もされた経歴を持つ。
だが、追放先がクリスタル戦争の戦場になり、苦境に立たされた連邦に呼び戻され、
自ら義勇兵(実際は戦闘魔導団の一個師団を強引に私物化)を率いて獅子奮迅の活躍をし、ウィンダスの英雄の一人に数えられている。
真実は以下の動画を参照。振り回された方々の心中が察せられる。どう見ても血が騒いだだけのやりたい放題の壊したい放題ですよね・・・?

北の凍土に追放されていた頃のレディ・シャントット様の活躍。
本当に恐ろしいお方です

もっとも、敵味方の分別や愛国心はそれなりにあるようで、それを見越して彼女を放っておいた元帥の思惑通り、敵の行動を報告したりもした。
ただし、通信装置を戦闘団の団長から強引に奪って。かけててよかったリレイズ。
こんな風に稀に周囲を気遣う素振りを見せる事もあるが、何せ本当にちょっとだけ何の気無くなので敏感な人で無いと気付かないし、
その前後の言動でそれが台無しになっている事が多い。
ちなみに、この戦争で命と引き換えに国を救った連邦の英雄カラハバルハと何かあった様だが詳細不明。
プレイヤーの間では、国家元首である「星の神子」と両思いであった彼に片思いしていたが、思いを伝えるに伝えられなかった、という説が有力。

年齢は不詳だが、それは自ら記録を抹消したからだとかそうでないとか…。
他にも周囲を震え上がらせる話がチラホラと…

設定上、現時点のヴァナ・ディール最強の黒魔道士(「連邦の黒い悪魔」と呼ぶプレイヤーも居るとか居ないとか)。
ただし素の防御力は大した事はないのと、彼女より強いNPCも数名いるのであくまで黒魔道士の中で最強という事
(ちなみに、過去には「連邦の白い悪魔」と呼ばれる白魔道士もいた)。
その魔力は強大かつ無限。あるクエストでは「バイオ」「ホーリー」「トルネド」を10秒程度で連続詠唱(PCの魔法詠唱性能と比べるととんでもない性能)。
その威力で杖やロッドが壊れるほどである(何よりもこれほどの強力な魔法を屋外では無く屋内で使用している。本人は加減したとは言っているが怪しい)。
正に「あれはフレアではない。ファイアだ」。…どこの大魔王だ。
(「フレア」は古代魔法と言われる強力な魔法、「ファイア」は火属性魔法の基礎。つまり、初歩の魔法で古代魔法並みのダメージ量を出せる)。
当然、古代魔法II系(つまり、フレアよりも上位の魔法)も使用している。
さらに、現時点で最強のボスしか使えない氷結魔法の最上位である「ブリザガV」を使えるという設定
(プレイヤーは「III」までしか使用出来ず、それ以上は「ブリザジャ」になる)。
これを暑気払いのために街の上で炸裂させようと(真冬に)計画した。幸い未遂に終わったが。

勿論、伊達に博士号に叙されているわけではなく、呪いや新魔法開発なども行っており、ただ魔法を使うのが巧いというだけではないのは流石。
多くの冒険者も一部その恩恵に与る事が出来るが「お使い」と称して課せられるその役務の道のりは遠く、冷たく、そしてとてもとてもツライ…。
そして殆どの場合、その研究結果はロクでもなく、かつおっかない結果になる。プレイヤーが生きているのが不思議なくらいに。

年齢同様、レベルについても不明。タルタル達の会話内容から推測するに200を優に超えているとか…?
(プレイヤーが上げられるレベルは現時点で頑張っても99まで。それ以上はメリットポイントというもので少々強化出来るだけ)

2003年12月16日のパッチで、両手棍イベントウェポンスキルの伝授者でもある事が発覚。
ウィンダスの魔道士を鍛え上げる為に「魔道士の、魔道士による、魔道士の為の、魔法を禁止した格闘大会」を計画立案して、
魔道士達を恐怖のずんどこに叩き落した。
魔法の腕のみならず、武技も嗜み、正に最強の名を欲しいままにしている。
更に2008年6月19日のパッチで実装された、上級者向けチョコボレース・パシュハウ沼激闘編(無差別レース)の第4戦目にも出陣。
個人戦であるレースに、「ジャックオブトロフィーズ」「クイーンオブトロフィーズ」「キングオブトロフィーズ」「エースオブトロフィーズ」の、
4体のカーディアンで出走。コンビネーションプレーで冒険者のチョコボに立ちはだかる。
コンビネーションだけでも隙が無いのに、シャントット自身が無詠唱でトルネドを唱え、チョコボ限定で全体妨害する様を披露してくれる。

タルタル族の名誉のために言っておくが、タルタル族は生まれつき心に「怯懦」の闇を抱えていると言われる臆病な種族であり、
彼女のようなタカ派・過激派は突然変異レベルと言えるほど少数だ、と言う事を付け加えておく。
それを端的に証明出来るのが、「タルタル族が治めるウィンダス連邦は獣人種族ヤグードと(完全に友好的ではないながらも)平和条約を結んでいる」
という事実である。ヤグード含む獣人達とタルタル含む人間達は、前述した「クリスタル戦争」の敵味方であり、
事実ウィンダス連邦以外は獣人と今でも国を挙げて敵対している。これをタルタル族特有の平和主義とポジティブに取るか、
あるいは単なる臆病と取るかは評者によって分かれる所である。
とはいえ、ウィンダス関連のミッションに出てくるタルタルの多くは心の闇を持っているとは思えないぶっ飛んだ方々が多いので、
タルタル族の臆病さがプレイヤーに認知されているのかというと微妙な所であったり。

イベント『ヒロインズコンバット』では彼女とアヤメ、プリッシュ(オレッ娘ガキ大将(ただし実年齢は四十路))、
クリルラ(隻眼美女。この面子の中ではやや地味)の4名と戦う。
倒されたヒロイン達が潔く降参する中、シャントットだけ倒した後に魔法人形に変わり、本人はその傍らで高笑いするという演出がある。
何故かというと、「本人が相手をしてしまうとどうやっても冒険者に勝ち目はないので、代わりに魔法人形に相手をさせた」
らしい(実際、そこまで鬼畜な強さではない)。
…もうありえん(笑)としか言えない。
ちなみに、この演出は後述の『DISSIDIA FINAL FANTASY』にも受け継がれている。

更に、彼女を中心とした有料追加ディスク『シャントット帝国の陰謀』も登場。
ミッションでは分裂したシャントットに振り回された挙句、同時に2体のシャントットを相手にする事に…。
+シャントット帝国の陰謀概要
ある日、シャントット博士が行方不明になり、その暫く後に「ドルチェ・シャントット大呪術帝国」と名乗る軍団が登場する。
このドルチェは世界を支配するためプレイヤーと接触、プロトクリスタルの力を引き出す特製の札を張りに行かせるなど帝国の駒として使い走りをさせる。
しかし、ある出来事からプレイヤーはウィンダス三博士の1人・ヨランオラン博士らと共に対ドルチェ側に回り、
幽閉されたオリジナル・シャントット(本物と思われていたきれいなシャントット)を救出。ウィンダスの「満月の泉」においてドルチェと対峙する。
しかし、オリジナル・シャントットにも「神聖シャントット帝国」という構想があり、結局2人のシャントットが手を組むという最悪の展開になってしまう。

最終的にトンベリの聖地「ウガレピ寺院」において、"呪いの古代文字"の力を借りてダブルシャントットを何とか倒すも、
予めプロトクリスタルの力で増幅していたドルチェの呪いが発動、万事窮すとなる。
だが、正真正銘、本物のシャントットが登場、ドルチェの呪いを一蹴する。そして、全ての顛末が明らかになる。

+シャントット帝国の陰謀ネタバレ
ある日、魔法研究をしていたシャントット。次元移動魔法のプロトタイプを完成させた所、その魔法が暴走。
「この次元の」シャントットは別次元に飛ばされてしまい、それと入れ替わりに「別の次元の」シャントットが到来。
次元移動の衝撃で闇の「ドルチェ・シャントット」と光の「シャントット(プレイヤー達が言う所のオリジナル・シャントット)」に分裂した。
この2人が今回の騒動を巻き起こしていたのだった。
結局この2人は元の次元に戻り、ヨランオラン博士に次元移動魔法は禁断の魔法として封印するよう説得され、(恩着せがましく)承諾。だが……。

(以上、「FF11用語辞典」より一部加筆、改訂)

また、FF版『スマブラ』とも言うべき3Dバトルアクション『DISSIDIA FINAL FANTASY』(DFF)にも隠しキャラとして参戦。
コスモスサイド(主人公側。正義チームみたいなもの)として参戦しているが、『FF11』を遊んだ事がある人もない人も、
「何で彼女がコスモスサイドなんだ?」「どう考えてもカオスサイド(ライバル側。悪チームみたいなもの)だろう」と思ったとか。
続編の『DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY』(DDFF)にも正式に参戦。歴代FF主人公&ラスボス達に、黒き悪魔が襲い掛かる…。
ちなみに声優は『スレイヤーズ』のリナ=インバースなどを演じた 林原めぐみ 女史。

+ディシディアシリーズでのシャントット
他のキャラ達が生まれる以前の時代に、コスモスの戦士としてコスモスを直々に守っていた。
その実力は、決着を付けに聖域(コスモスの本拠地)まで辿り着いたカオスサイドのガブラス(『FF12』のキャラ)をも軽く一蹴してしまうほど強い。
同時に「究極魔法」の研究も行っていたようで、その研究に戦いが邪魔に感じた為にどこかへと身を隠したとされている。

ちなみに下記の動画で行っている「技連携・核熱」とは、その名の通り本来パーティ(複数人)で連携して行うものである。
それを一人で軽々とやってのけ、おまけに一つの詠唱に20秒近くかかる魔法6種を3秒足らずで全て詠唱してしまうなど、
もはや生物として間違った強さになってしまっているような…
そして、このシャントットは本人ではなく人形。「シャントットは負けない」という『FF11』スタッフの意見を尊重した結果こうなった模様。
その上「世界が壊れそうな力」とか「闇より深い何かを感じる」と相手から言われている始末。*2
ストーリーモードでは、自分が研究用に捕まえたはいいが逃げ出してしまった敵キャラ達を、
そうとは知らないコスモスサイドに始末させるなどやりたい放題。やはりカオスサイドの方が似合っているのでは……。
+ちなみに…
EXバーストのモーションやエフェクトを見る限り、
どうやら「フルスイング」と「空鳴拳」と言う二つのウェポンスキルで核熱連携を発生させているようである。
ウェポンスキルとは『FF11』における必殺技のようなもので、武器種毎に設定されているスキルレベルさえ満たしてさえいれば一応誰でも技が放てる。
上記の技の内、フルスイング」は両手棍のWS。こちらは後衛ジョブ御用達の技なのだが、もう一方の空鳴拳はなんと格闘のWSである。
格闘スキルを持つのはモンクからくり士くらいで、生粋の黒魔道士である彼女が放つ事は本来ならば到底不可能なはずなのである。
まぁ常日頃から魔道士達に武器格闘を推奨している血気盛んなお方なので、格闘スキルくらい素で所持してそうだが…。

「破壊の衝動ですわ~」
他のキャラクターとの掛け合いおよび、命知らずへのお仕置きの様子


MUGENにおけるシャントット女史(博士や様でも可)

ブロントさん汚い忍者同様、某スレからMUGENに降り立った。製作は偉大なるヘッポコくん氏。
汚い忍者の作者であるマンドラフ氏が製作したAIも搭載されている。
ボイスはヴァニラ・アッシュ北条沙都子など、ロリボイスに定評のあるかないみか女史のもの。
でもブチ切れた後の必殺技では中田譲治ボイスが響き渡る…。*3
ちなみに原作のイベントを反映して、戦っているのはシャントット本人ではなくあくまでも「シャントット人形」という設定。
ちゃんとディスプレイネームも「Shantotto's Doll」になっている。
それ故元ネタよりか鬼畜性能は大分抑えられ、ユーザーに嬉しい良心的なマイルド仕様。…ブチ切れなければの話だが。
現在はアップローダー閉鎖のため、他の多くの『FF11』キャラと共に入手不可。

サムライスピリッツ』の怒りゲージと同等のものが搭載されており、攻撃を受けるとゲージが上昇し、MAXになるとブチ切れモードになる。
ブチ切れた後は通常打撃攻撃力が1.2倍になる他、「教育」と称して弟子を召喚したり、「メテオ」を詠唱無しでガンガン撃ってくるなど、
とんでもない攻撃を仕掛けてくる。
一応時間が経てば怒りは収まるものの、それまで耐え切るのは厳しい。
どちらかと言えば後衛向きの性能なため、1対1だと圧倒されて負けてしまう事が多い。
実は弟子召喚時は弟子の背後が安全地帯だったりする

2009年6月5日の更新により、スタートボタンを押しながら選択すると『DFF』の林原めぐみ女史の声でプレイする事が出来るようになった。
シャントット自身の台詞として録られたのでマッチするのは当然として、元ゲーの性質上台詞の数がデフォルトボイスより多かったりする。

+大会ネタバレ
銀河帝国軍vs自由惑星同盟軍において、両軍司令官の補正により、ATK200・DEF20というステータスで先鋒出撃。
一撃貰う→即ブチ切れ→「破壊の衝動ですわー」で4タテを達成する。
チーム司令官が連呼する「狙いをつける必要も無い! とにかく撃てば敵に当たるぞ!!」のボイスと共に、
相手ライフがみるみる溶けていく様は笑うしかない。

また、同じく偉大なるヘッポコくん氏によって『DFF』仕様のシャントットも公開された。こちらは現在も入手可能。
こちらは林原ボイスで固定になっている他、ブレイブやブレイブ残量によって変化するHP攻撃、
ロックオンにEXモードなど、『DFF』のあらゆる仕様が搭載されている。
……が、その代償としてSFFの容量も中々凄い事になっている(具体的には 約235MB )ため、導入の際は注意。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

プレイヤー操作



*1
これは全タルタル族共通。同じように子供といっても通用する外見ながら、「まだ生きていたのですか……」とまで言われるご長寿NPCもいる。
ちなみに、我々には区別が付かないが、ゲーム内では年を取っているタルタルかどうかは見れば分かるらしい。

*2
このエンカウントボイスは、特にFF11未プレイ層を中心に大きく反発を買う事になってしまった。
実際、「世界で三指に入る黒魔術師」が、神や破壊の化身、それを倒した英雄達に大きく勝るかと言うと疑問。
これは「PCがごくありふれた一般人である」『FF11』と、「PCが世界を救う英雄である」他シリーズとのギャップによるものであり、
一般人の目から見たイメージをそのまま英雄が集まる『DFF』に持ってきてしまったが故の違和感であろう。
『DDFF』では人形演出こそ変わらないものの、エンカウントボイスはかなり丸めに抑えられている。

この辺りの議論は こちら も参照されたし。

*3
これらのボイスにも、れっきとした元ネタがある。
共に割とシャントットのイメージに合っており、一見の価値あり。


添付ファイル