トーマス

1984年に公開された香港の映画作品並びに、それを原作としたゲーム作品『スパルタンX』の主人公。断じて白い丸顔の機関車ではない。
攫われた恋人シルビアを救出するため、単身でMr.X率いる謎の集団に立ち向かった。
映画で彼の役を演じたのはジャッキー・チェン氏。

ゲームは主人公トーマスを操作し各階のボスを倒してシルビアを取り戻す事が目的。
ステージは全5階で構成され、各階にはそれぞれ最後にボスが待ち受けている。
5階をクリアーするとシルビアを助ける事ができ、一応のエンディングを迎える。
この内容は映画のストーリーとは全く異なり、どちらかと言うとブルース・リー主演の映画『死亡遊戯』に近いものとなっている。

本作はタイトル及び主人公と攫われた女性の名前以外、ゲームと映画の内容に全く接点が無い。
これは版権を取得しゲーム開発を行ったアイレムが、映画の内容を知らずに先行してゲームを作った事が原因である
(香港映画はアドリブ要素が高く、撮影中に初期設定とかけ離れるのは良くある事。
 まぁそれを抜きにしても、前述の通り「『スパルタンX』じゃなく『死亡遊戯』じゃねーか」と突っ込まれていたが)。
なおMSX版では、先にポニーキャニオンが同名のゲーム(こちらも正式版権。面白さは別として内容も原作に近い)を既に出していたため、
『聖拳アチョー』と言うまぬけな名前で発売されている。

(以上、Wikipediaより抜粋・改変)

一般的に、このゲームの知名度を上げたのはファミコン版である。
そのため「開発元は任天堂」という認識が広まっているが、実際には任天堂はアーケード版の移植を行ったまでで
実際の原作ゲーム開発はスペランカーでお馴染みであるアイレム(現アイレム・ソフトウェアエンジニアリング)である。
後にアイレムはゲームボーイでリメイク版『スパルタンX』、ファミコンで一応の続編的な位置付けでの『スパルタンX2』、
基本システムを踏襲したオリジナルタイトル『ビジランテ』を発売している。

また、このゲームを語る上で欠かせないのが、当時「月刊コロコロコミック」(小学館)にて連載されていた、
漫画『ファミコンロッキー』(著:あさいもとゆき)において登場した、
「アルファベットの「X」の順番である24周目の5階のボスを倒すと、恋人であるはずのシルビアが敵として襲い掛かってくる
というものである。
当時24周以上もの攻略が可能な者は少なく、助けるはずのヒロインが敵になるゲームも他にある事から、
実は本当ではないかと推測する者が後を絶たなかったという。
検証動画

この他にも、この『ファミコンロッキー』では様々なゲームの「秘密」や「裏技」が紹介されている。
まぁその殆どが、「改造ROM」の様なものだったり、そもそもファミコンの性能では不可能な内容だったりと、
漫画的面白さ重視の捏造ばかりだったのだが。
気になった人は絶版マンガ図書館で公開中の同作を読んでみると面白いだろう。

ニコニコ動画においては、上記のネタを筆頭に、様々なゲーム作品のネタを詰め込んだ事で人気を博した。
以下の動画での活躍も有名である。

海外でもこの動画の受けは良かったらしく、フラッシュで実際にゲーム化をしてしまったりしている。
気になる人は「KUNG FU - REMIX GAME」でググってみよう。


MUGENにおけるトーマス

海外の製作者によるものが複数存在する。

+ Basara-kun氏製作 KEIJI THOMAS
  • Basara-kun氏製作 KEIJI THOMAS
スプライトや効果音はファミコン版のものを使用しており、
カンフーマンより少し小さい程度にサイズが拡大されている。
原作の仕様に加え、オリジナルの必殺技や超必殺技が加えられている。
どれもリーチが短い上に飛び道具が一切存在しないが、火力はそこそこのため、立ち回り次第では十分に戦える。
また、同作者のMr.Xに対して特殊イントロが存在する。

+ leonardo氏製作 Thomas
  • leonardo氏製作 Thomas
こちらはスプライトや効果音にアーケード版のものを使用している。
サイズは原作のままであり、カンフーマンの半分程度。
原作の仕様にオリジナルの必殺技や超必殺技を追加したという点では上記のKEIJI THOMASと同じだが、
こちらは飛び道具やゲージ溜めを持っているのが特徴。

出場大会

出演ストーリー



最終更新:2022年05月05日 16:38