ブラッキー

      
  • 図鑑No.197
  • 分類:げっこうポケモン
  • タイプ:あく
  • 高さ:1.0m
  • 重さ:27.0kg
  • 特性:シンクロ(毒・麻痺・やけど状態になると、相手も同じ状態にする)
  • 隠れ特性:せいしんりょく(怯まない)

ちかよるものを おそれさせるため
からだの わっかもようは くらくなると しぜんにひかりだす。

+ 担当声優
こおろぎさとみ
『ダイヤモンド&パール』(シゲルの手持ち)
荒井聡太
『ベストウイッシュ シーズン2』(バージルの手持ち)
佐藤智恵
『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』
愛河里花子
『サン&ムーン』(グラジオの手持ち)

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。初出は第2世代(『金・銀』)。
数多くあるイーブイ進化系の一つで、クロヒョウのような体型と、ラグビーボールを細長くしたような形状の耳と尻尾を持つ。
月の影響を受けており、黒い身体のあちこちに黄色い輪の模様があり、この部分が月光を浴びると光る。
全身の毛穴から毒素の混じった汗を噴き出して身を守る。闇に潜み、獲物を奇襲で狙うのが特徴。

2020年2月に行われた「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」人気投票では、なんと5位という快挙を成し遂げた。ちなみに1位はゲッコウガ

なお、同じ任天堂のゲーム『レッキングクルー』に、マリオの宿命のライバルを自称する、
ブラッキー(別名「イヂワルオジサン」)という同名の敵キャラが登場するが、もちろん関係は無いので混同しないように
(ちなみに2023年に海外での名称だった「スパイク」に変更され、統一される形となった)。
あとベガ星連合軍の隊長格でもない。

アニメではシゲルのイーブイの進化態として登場した。
他にもヒカリの母・アヤコや『サン&ムーン』のグラジオなどがブラッキーを使用している他、
リコロイ編ではエクスプローラーズのスピネルが所持している。
余談だが、サトシ編含めたアニポケにてブイズの中で悪の組織の構成員の手持ちとして出るのはブラッキーが初である。


原作での性能

HP:95
攻撃:65
防御:110
特攻:60
特防:130
素早さ:65

イーブイの進化形の中で最も特防が高く、次いで防御が高い。
HPも高いので防御系統の能力が優秀だが、攻撃系の能力は総じて低め。尖った性能が多いイーブイの進化形の中でも異質の能力バランスを持つ。

純粋なあくタイプのポケモンなので弱点も突かれにくく、イーブイの進化系統の中では随一の耐久力を誇る。
加えて「あやしいひかり」や「くろいまなざし」といった補助技や、
「つきのひかり」などの回復技を覚えるので、対戦でもこれらを生かした持久戦が主流。
特に効果を引き継がせる「バトンタッチ」を覚えるポケモンの中では耐久が随一で、
何も引き継ぐものがなくても、普段は「必ず先行交換」となる所が
「素早さに準じた交換」になることで相手の出方を窺えたり、効果でこちらが有利になってから後を継がせたり、
全ポケモン中4匹にしか出来ない「くろいまなざし」>「バトンタッチ」で相手の交換を封じたままこちらだけ交換も行える
(ただ、相手に「バトンタッチ」「とんぼがえり」があると逃げられるが…)。
また対戦外では逃走するポケモンの捕獲の際にも役立つ。
あくタイプとしては珍しく「サイコキネシス」を覚えられる。
素早さが低いため、わざと「のろい」で防御を固めつつさらに素早さを下げ、
後攻で使用すると威力が増す「しっぺがえし」を使うコンボに特に向いている。
なお、図鑑上では毒素を放出する能力があるとされているが、わざマシンを使わない限りどくタイプの技は覚えない。

また、「どくどく」+「かげぶんしん」の、相手を毒状態にしてから自分の回避率をとにかく上げる第2世代に確立されたコンボが有名。
第4世代の仕様変更でやや耐久性能に安定性がなくなっているが、それでもかなりの嫌らしさを持ち合わせる。

第5世代では「くろいまなざしがバトンタッチで引き継げなくなる」「しっぺ返しの威力が相手交換時には上がらなくなる」
「強力な格闘タイプ・虫タイプの台頭」と逆風が吹き気味。
しかし『BW2』では特攻を下げる効果のある攻撃「バークアウト」、相手の攻撃力でダメージ計算を行う「イカサマ」といった、
高耐久のブラッキーとは好相性な技が習得可能になり、一転して追い風が吹きつつある。

入手にはイーブイが一定以上に懐いた状態で、
特定の時間帯(大半は夜だが、『ルビー・サファイア・エメラルド』のみ何故か午前中)にレベルアップさせると進化する。
『ファイアレッド・リーフグリーン』等の時計機能の無いバージョンの場合は進化させることは不可能になってしまうが、
作品によっては「つきのかけら」や「げっこうのリボン」といったアイテムでフォローされている場合もある。

金・銀・クリスタル』及び『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、
四天王のカリンが手持ちポケモンの1番手として使用する。
『エメラルド』ではフロンティアブレーンのコゴミも使用する。
アニメ版では、サトシのライバルであるシゲルがイーブイから進化させて手持ちにしている。

『ポケモンコロシアム』では対になる存在であるエーフィと共に主人公のパートナーとして登場する。
ちなみにこのブラッキー、何故かゲーム開始直後に経験値がいくつか溜まった状態になっている。
逆に留守を任されていたエーフィには経験値が入ってないため、
主人公が爆破テロを起こす前に何戦かブラッキーだけでバトルをしていたものと見られる。
初期状態で既に経験値が入っているポケモンはシリーズを通しても珍しいケースである。

『Pokemon Go』では第2世代実装に伴って同期のブイズであるエーフィと共に参戦。
先に実装されていた進化系と異なり、入手法には以下の手順を踏む必要がある。
  1. イーブイをパートナーに設定する
  2. 10キロメートル以上歩く
  3. 夜に進化させる(夜以外の時間帯で進化させるとエーフィになる)
また、一度限りだが「たまお」と名付けて進化させるとブラッキーにすることが可能。由来は『金・銀』で登場したまいこはん。
手持ちのポケモンがブイズで統一された五人姉妹で、その一人「さくら」をイーブイに入力して進化させることでエーフィになる。

(以上、Wikipedia及びポケモンWikiより転載・改変)


MUGENにおけるブラッキー

松梅魂氏による手描きのものが公開されている。
ただし、ディスプレイネームは海外名である「Umbreon」である。
LIFE1100、DEF110と原作のように耐久面は高く設定されているが、ATKは65と低い。
なお、ATKとDEFは地味に種族値通りの数字だったりする。

多彩な技を持つ反面、火力が低くコンボも繋がりにくいのが難点。
トリッキーな設置を駆使して戦う、テクニカルタイプと言える。
3ボタン制で斜め方向の入力が必要なコマンドが無いので、初心者やキーボードでも安心して使える。
3ゲージ技「つきのひかり」は脅威の5割回復を誇り、1ゲージ技「のろい」を使うと物理攻撃力と防御力が上昇する代わりに、
ジャンプ他全体的なスピードが低下してしまうなど原作再現を重視した造りになっており、作者の愛が窺える。
この他にも「みきり」(所謂ジャストディフェンス)や1ゲージ消費の当身技「いあいぎり」などを所持している。
また、何故か「きりふだ」が一撃必殺技になっているが、発動条件の厳しさを考えるとトドメ専用のロマン技と考えた方がいいだろう。
さり気なくブリス技にも対応しており、何故かブリス画像だけD4で描かれている。
AIは当初未搭載であったが、2010年4月13日の更新でデフォルトAIが搭載され、良くも悪くも「らしい」戦いを見せてくれる。

この他にPeke氏による改変+AIパッチがニコロダで公開されていたが、
最新版には対応しておらず、Peke氏自身からも今後の更新は無いと明言されている。
そして、現在はニコロダ閉鎖により入手不可。

+ 大会ネタバレ
統劇!MUGEN オールスタータッグトーナメント2010にはうp主操作で参戦。
初戦では「きりふだ」の発動を見ることが出来る。


また、同じく松梅魂氏によって製作された擬人化ブラッキー「クレセント」も存在する。
詳しくは当該項目にて。

出場大会

+ 一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み

出演ストーリー



最終更新:2023年08月11日 16:02