ニンフィア

タイプ:フェアリー
分類:むすびつきポケモン
高さ:1.0m
重さ:23.5kg
特性:メロメロボディ
  (逆の性別の相手から直接攻撃を喰らった時、
   相手を30%(第三世代は1/3)の確立でメロメロ状態にする。
   手持ちの先頭にすると、逆の性別を持つポケモンに会いやすくなる
   (ひんしでも発動))
隠特性:フェアリースキン
   (ノーマルタイプの技を使うとフェアリータイプになり、
    威力が1.2倍(第六世代のみ1.3倍)になる)

おそろしい ドラゴンポケモンを うつくしい ニンフィアがたいじする
どうわが ガラルちほうに のこる。

+ 担当声優
中川翔子
『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』
かないみか
『XY』(セレナの手持ち)
西村ちなみ
『XY』(プルミエの手持ち)

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。初出は第6世代(『X・Y』)。
イーブイから進化する通称「イーブイズ」「ブイズ」の一体。
なかよしレベル2以上で、フェアリータイプの技を覚えさせたイーブイがレベルアップする事で進化する。
第8世代ではなかよしレベルが「なつき度」と統合され、技の条件を満たさないとエーフィまたはブラッキーに進化する。
白を基調とした体色で、リボンの様な触角が特徴的。

フェアリータイプはニンフィア同様『X・Y』初出であり、ポケモン図鑑ではフェアリータイプの特性を反映した解説が載っている。
ニンフィアはフェアリータイプに先んじてその存在を公表され、第六世代当時はフェアリータイプの頭目のような立ち位置のポケモンとして扱われていた。

非常に人気が高く、2020年2月に開催された「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」では6位にランクイン。
ブイズの中ではブラッキー、カロス地方のポケモンの中ではゲッコウガに次いで2位である。


原作中の性能

HP・特攻・特防に秀でた種族値をしている。
単独のメインウェポンは「ムーンフォース」「マジカルシャイン」「ドレインキッス」が挙げられるが、
隠れ特性の個体はノーマル技を使用した場合「特性補正×タイプ一致補正」の乗算で技の火力が高まるため、
上記のフェアリー技使用するよりも高いダメージが見込め、
「ハイパーボイス」、もしくは最後っ屁として放つ「はかいこうせん」が採用される。
また、本来物理技である「でんこうせっか」も採用圏内に入る。
サブウェポンは、「サイコショック」「シャドーボール」程度で範囲が微妙だったが、
第8世代で習得した炎技「マジカルフレイム」が、対はがね対策&相手の特攻低下の追加効果がニンフィアと相性が良く、
使い勝手が大幅に上昇したなので唯一王はますます立つ瀬が無くなった
第9世代では唯一王への配慮からか「マジカルフレイム」没収という憂き目にあうが、
テラスタイプに応じてタイプが変動する「テラバースト」を獲得できたため、
個体次第だがめざパに頼らずほのお技以外にもじめん・かくとう技を撃つことが可能になり、はがね対策の幅は広がったと言える。

アニメでは『XY&Z』のセレナのイーブイの進化態としてレギュラー入りしていた。

『ポケモンGO』ではなつきシステムが無いため、「相棒ポケモンに設定し、ハートを合計70個集める」という手間のかかる進化条件となっている。


MUGENにおけるニンフィア

589氏が製作した手描きキャラが海外サイト「MUGEN Database」で代理公開されている。
現在のバージョン:var2.01で、完成度:65.82%との事。
ディスプレイネームは海外名の「Sylveon」なので、検索の際は注意。
特殊やられ謎ジャムにも対応している。
AIはデフォルトで搭載されており、1Pでも狂下位

出場大会

  • 「[大会] [ニンフィア]」をタグに含むページは1つもありません。

最終更新:2022年12月05日 21:31