ヴェベール







「グチョ、グチョ、グチョ、

        グリョグリュ、グググググ!」

京都の有限会社富貴商会から発売された格闘ゲーム『アシュラバスター』の登場キャラクター。
ぷるぷるなスライムみたいなナメクジみたいな生物。アーケードモードの3人目か4人目の相手として登場する中ボス。
CPU専用キャラだが、相手と同じ姿に変身するナナミを使用した時のみ、ヴェベール戦とボーナスゲーム限定で使用可能。

「アングリーキャニオン」という場所に生息しているがその詳細は不明。
その異形さはローズマリーも動揺するほどで、強力な憑依魔法が用いられているらしい。
アリスによれば魔法生物らしい。見た目に反して……いや見た目通りと言うべきか。
口から何本も触手は出るわ心臓も飛び出るわよく見れば歯もあるわ、膨らんだり硬くなったり潰れたり。
そして終いには口から極太のビーム砲台も出してくる。『BB』のアラクネの元ネタってもしかして


原作での性能

必殺技たった2つしかなく、そのどちらも名前が5桁の数字になっている。
これはコマンド入力のテンキーがそのまんま採用されているようだ。

必殺技の一つ目は「4-1-2-3-6」。口からビームを出す技。リーチは端から端まで。
アシュラシリーズのビーム脳といえば、無敵ありダウン属性ありビームのカーフュー
だが、こちらにはその要素は無い。なんだ良心的……と思いきや削りだけで欲望の永パが出来てしまう。
CPU専用キャラになってしまうのも致し方なし。こんなキャラが対戦で使えたらゲーセンが核の炎に包まれる所だった。
ちなみにこのビーム、空中でも出せる。技名は「FL4-1-2-3-6」となる。FLは恐らく「FLYING(フライング)」から。

もう一つが「6-3-2-1-4」。体を刃状に変えて回転させながら体当たりをする多段技。
判定が大きくヒット数・ケズリも多いためこっちも結構強い。
こちらも空中で使う事ができ、その場合は名前が「FL6-3-2-1-4」となる。
なお、ヴェベールにはゲージ技が無い。というかそもそも原作ではマジックゲージが搭載されていない(常に0)。

流石にマズイと思ったのか、CPU版のヴェベールは有情気味である。
ビームは連発しないし、キャラによってはガン逃げしながら飛び道具をひたすら撃っているだけでいい。
間合いを離す。飛ばせて落とす。空対空はガーキャンで切り返す等々。冷静に対処しよう。

ナナミ使用時に一時的に使用こそ出来るが、通常キャラクターとしては使用不可能。
当然ながらチートで無理やり使用した場合はまともに設定されていないためメッセージ関係がバグってしまう。
……のだが、元々こんなキャラであるためあまり違和感は無かったりする。
+無理やりヴェベール使用

ラストの乱入キャラは何故かシッタラ、エンディングはアリスのものになる。

アドベンチャーゲーム『ZERO ONE SP』ではゲーム終盤に意外な場面で突然出現する。


「ジュルルルルルル、グリョグリュ、グッグッグ、ジュルジュル!」


MUGENにおけるヴェベール

MUGENではcafe氏のものが存在し、氏のOneDriveにて公開されている。
原作にあった相殺システムを再現していないためか、若干ガード面で有情。
なお、原作通りゲージ消費技が無いため、他のアシュラバスターキャラにあるEX技やマジック関連のシステムは無い。

AIもデフォルトで搭載済み。ビームが強すぎるので、使用確率は調整されている。
2013年5月には、「MUGENについて語るスレ用小物ロダ」にてデフォルトAIを改変したAIが公開された。
6-3-2-1-4によるループやFL4-1-2-3-6を使用してくるようになり、デフォルトAIよりさらに手強くなっている。

出場大会

出演ストーリー

プレイヤー操作



最終更新:2020年11月30日 17:28