ミズゴロウ

分類:ぬまうおポケモン
タイプ:みず
高さ:0.4m
重さ:7.6kg
特性:げきりゅう(HPが1/3以下のとき水タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:しめりけ(自爆技の発動を封じる)



任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモン。
第3世代(ルビー・サファイア)からの登場。名前の由来は「水」と「ムツゴロウ」から。
ゲーム開始時に入手可能な『御三家』の1体である。
進化すると、ヌマクローを経て、ラグラージとなる。


原作中のミズゴロウ

ホウエン御三家のなかでも特に攻撃力に秀でている。
しかし、ミズゴロウの時期は自力でロクな物理技を取得できないため、序盤はそのポテンシャルを発揮する機会がほとんど無い。
とはいえ、最終進化のラグラージが全世代の御三家のなかでも特に際立った強さを持っているため、それなりに人気がある。

また、ミズゴロウは進化体が取得不可能な「ハイドロポンプ」を覚える事が出来る。
そのため、正規の方法で覚えさせる場合、レベル40台までミズゴロウのままで育てる必要がある。
加えて、ミズゴロウ系は「カウンター」、「ミラーコート」、「あくび」、「のろい」、「ゆきなだれ」など
数々の優秀なタマゴ技が存在するため、それらを取得させる場合はお目にかかる事になるだろう。

アニメではタケシの所持ポケモンとして登場。
元々は、新人トレーナーに渡すミズゴロウを育成する沼に紛れこんだ野生の個体で、途中でヌマクローに進化することになる。
ハルカも最初はミズゴロウを博士から借りて戦うが、ハルカを攻撃するなど全くいうことを聞かず、キモリは眼が怖いという理由から最終的にアチャモがパートナーで落ち着いた。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではルビーの手持ちとして登場。
本作では、アニメや他のメディアミックス以上に「頭のヒレは周囲の空気の動きを感じ取るレーダー」という図鑑の設定が強調されており、
敵の探知や人命救助など、劇中の随所に渡って大いに活用していた。
個体の特徴として、ほとんどの場面で常に鼻水を垂らしているのがチャームポイント。
元々シナリオ上の指定があったわけではなく、作画担当の妻が勝手に書き足したのが原作者や編集に大受けして以降定着したようである。

MUGENにおけるミズゴロウ

YochiIsC00lest333氏のキャラが公開中。
元々は、氏が開発中のコンプゲー「SvP」(ソニックvsポケモン)用に製作されたキャラである。
性能としては、氏の他のポケモンキャラよりも若干火力が高めなパワータイプ。
代わりに移動スピードはあまり早くなく、通常攻撃のリーチも短いが、
飛び道具である「みずでっぽう」やゲージを消費して発動するダッシュ技で補うことが可能。
ゲージ技は、画面端まで届く遠距離攻撃「ハイドロポンプ」。
AIも搭載されている。


出場大会

  • 「[大会] [ミズゴロウ]」をタグに含むページは1つもありません。




添付ファイル